ジャズの大好きだったドイツ移民の作ったジャズ・レーベルの秘密。

Pocket

こんにちは。
沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

サンレーうるま紫雲閣

今日は沖縄本島中部に位置するうるま市に新規オープンした「サンレーうるま紫雲閣」のオープニングイベントで、行政書士による相談コーナーで遺言・相続の相談員をしています。

サンレー紫雲閣は、今回で8か所目のオープンで、他の紫雲閣でも年間を通じてイベントが開催されています。
葬儀に関する生前相談も増加しているようで、そのお客様を呼び込むのに、様々な趣向をこらして、館内見学会など開いているんですね。

サンレーうるま紫雲閣でのオープニングイベントは、館内見学会、豪華景品の当たる抽選会、フェイスペイント、伝統神うるまーヒーローショー、冠婚葬祭子ども教室、占いコーナー、ぶくぶく茶、青空野菜市、花木販売、屋台コーナーなど家族で楽しめる催しも沢山ありますよ。
一番人気は占いコーナーですかね。
沖縄の人は占いが好きなのか、老若男女沢山の人が行列を作っています。

これから、葬儀業界は多忙を極めることになるでしょう。
団塊の世代が鬼籍に入る年齢となっていますから。
こういった施設のオープンは続くことでしょう。

最大のジャズ・レーベル「ブルーノート」の創始者は大のジャズ・ファン

遺言・相続相談コーナーはそんなに忙しいわけではないので、合間に読書をしてます。
おもしろ ジャズ辞典」(小川隆夫著)。

ジャズの歴史、各時代のジャズ、ジャズ・プレイヤーの裏話やジャズ・レーベルの話など、とても細かな出来事が面白く読める本です。

へぇ~の連続で、ジャズ好きの僕としては、時間を忘れて読んでしまいますね。

おもしろジャズ辞典。サンレーうるま紫雲閣の祭壇をバックに。

その本の中にジャズ・レーベル最大の「ブルーノート」の創設者アルフレッド・ライオンの記述があります。

ブルーノートはプレステッジやリヴァーサイドと並ぶジャズ三大レーベルです。

その創始者のなかでもアルフレッド・ライオンは特異な個性的な存在だったようです。

ライオンは、ドイツ移民で、昼は美術商、夜は配送のアルバイトをしていたライオンがブルーノートを創設するまでの流れは、まったくの奇遇が重なり、彼の行動力、そしてジャズが好きなことで実現したことが解ります。

ライオンは晩年に述懐していたそうです。

「わたしの会社はいつも倒産の危機に直面していた。もっとうまく立ち回ればある程度は安定した経営ができたんだが、それではミュージシャンを不幸にしかねない。会社を創業したのは、大好きなジャズのレコードを作りたいからで、金儲けをしようと考えたからじゃない。だから潰れてもいい覚悟でわたしは自分が理想をするレコードを作り続けていたんだよ。」
おもしろ ジャズ辞典 P51

この話からも分かる通り、ブルーノートの創業者ライオンは、ジャズの大ファンでした。
そして、そのジャズを奏でるプレイヤーのことを大事にしていました。
当時、リハーサルには報酬を払わないのが、レコード会社の習慣だったそうですが、ライオンはミュージシャンに完璧な納得のいくレコード作りをもとめ、リハーサルにも報酬を払っていたそうです。
それは、当時の業界では考えられないことで、多くのプレイヤー、特に不当な人種差別にあっていた黒人プレイヤーから絶大な信頼を得ていたそうで。
だからこそ、プロデューサーとして大木の名盤を創りだしてきたのでしょう。

また、ライオンは、大好きなジャズを聴く為にジャズクラブを頻繁に訪れていたそうです。
そして、そこでこれだと思われるプレイヤーに声をかけてレコードを作りあげていたそうですね。

ジャズが好きで、プレイヤーを大事にしていたアルフレッド・ライオンの作った「ブルーノート」がジャズの名盤を生み出し続ける理由が分かったように思います。

僕もジャズは好きですが、今はライオンほどの好きではないのは確かかもしれません。
くれぐれも「今は」です。
この先、好きなジャズのためにどんなアクションが起こせるのか、わくわくしている自分のいます。
自分の行動が楽しみです。

相続相談の合間に思ったのは概ねそんなところです。

【相続セミナー・説明会情報】 詳細はここをクリック

「やさしい相続と遺言書のはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会」

相続争いは誰にでも起こる可能性があります。
「自分には財産がないから大丈夫。」
「自分の家族は仲がいいから大丈夫。」
「考えるのが面倒。なんくるないさ~。」
と思っている人ほど相続争いを生む種を植え付けています。
そして、貴方が亡くなった後に見事に大輪の花を咲かせてしまうのです。

一方で相続争いは誰にでも起きえる可能性があるから、自分もしっかり準備して、家族の幸せを作り出そう、と思っている方もいらっしゃいます。

両者の考え方の違いは、ご家族が相続争いに巻き込まれる分岐点になるかもしれません。

相続争いの原因を知り、準備さえすれば、ご自身もご家族も安心し、人生の最後の瞬間まで幸せでいられると思います。
何も心配しなくていいのですよ。まずは、相続の事を知ってください。

【こんな方にお勧めです】
一つでも当てはまるようでしたら、是非、説明会へお越しください。
☑そもそも相続のことが、まったくわからなくて心配
☑どんなときに相続が争になるか知りたい
☑相続争いを避ける方法について知りたい
☑遺言書の書き方を知りたい

《日時》 平成29年11月28日(火) 午前10:00~11:45
《会場》 沖縄県教職員共済会館「八汐荘」 3階小会議室(那覇市松尾1-6-1)駐車場有
《定員》 12名
《参加費》2,000円(税込)
《申込方法》
・電  話 098-861-3953
・FAX   098-862-8641
・メール  お問合せフォーム  ※題名に「11/28セミナー参加申込」と入力お願いします

【ジャジーのJAZZツアー開催中】

僕の通うJAZZクラブParker’s Mood Jazz Club」 に行ってみたい人はお気軽にお電話ください。最高にカッコいい、至福の時間をご案内します♪
ジャジーのJAZZツアーの詳細はこちら

「Parker’s Mood Jazz Club」
那覇市久茂地3-9-11アーバンビル5F

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00から21:50
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市まであたりまで聴けるかな。
カーラジオなら北は読谷村、沖縄市まで、南は豊見城市、与那原町まで聴けるはず。
全国的にはスマホのアプリでも聴けますよ。
AndroidのアプリはGoogle Playで「FMレキオ」をダウンロード。
iPhoneのアプリはApp Storeで「Tunein Radio」をダウンロード。
僕がラジオパーソナリティをしている理由はこちら
大好きなJAZZや遺言・相続のことを中心におしゃべりしてます。
聴きたいJAZZがあったらリクエストください!
遺言・相続に関する疑問がありましたらお気軽にご質問ください!

ラジオ番組「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオ80.6Mhz)収録風景。

【連絡先】

〒900-0014 沖縄県那覇市松尾1丁目15番7号 2階
携帯電話 080-1087-7965
電  話 098-861-3953
FAX   098-862-8641
メール  お問合せフォーム

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生の46歳。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です