子を想う親の心は墓場まで続く。

こんにちは。
沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

今朝は沖縄随一の繁華街松山でバーの「深夜における酒類提供飲食店営業開始届」に係る那覇警察署の現場確認があり、立ち会いました。
「深夜における酒類提供飲食店営業開始届」とは深夜0時から明け方までの間、主にお酒の提供をする店は都道府県の公安委員会に届け出をすることとなっているのですが、その書類作成と提出代行も行政書士の仕事です。

僕は遺言相続の専門ではありますが、僕にお願いしたい!という案件であれば専門以外のことも手掛けています。
今回の案件も無事、受理され深夜営業できそうなので、一安心です。
また、松山に楽しい飲み場ができます。

那覇市松山の街。昼間は静かです。

親は心配している

いくつになっても親は子供の事を心配しているんですね。

以前に未婚で同居している娘さんのことを心配する方からご相談がありました。

自分が亡き後、娘が住むところをちゃんと確保してあげたいけど、他の兄弟姉妹が黙っていないのではないか、というご心配をされていたのです。

独身で、親の面倒を見てくれる娘さんの事をとても大切に思っているようでした。
ですから、自分の亡き後も住むところに困らないように、家だけは娘さんに遺してあげたいと考えているようです。

親にとっては、子供はいくつになっても愛情をかけてあげたい存在なんですね。

遺言書を書こう

その方にご提案したのは、住居用の不動産(土地・建物)を娘さんに遺せるように遺言書を書きましょう、ということです。

遺言書があるとないとでは、このケースは相続が開始した時に娘さんにとって大きく状況が違ってくると思います。

ただ、このケースでは、遺言書の内容に不満を持つ他の相続人がいたら厄介なことも考えられます。
他の兄弟姉妹にも最低限の相続する権利を保障する「遺留分」があるので、そこにも配慮することを併せてアドバイスしました。

当事者の気持ちを確認することが必要なこともある

そして、遺言書を書く前に、娘さんの意向もしっかり確認してください、ということもお伝えしております。
娘さんがどう思っているかも大事ですからね。
親としては、娘さんが困らないようにしたいと思っていても、娘さんが望んでいない事であれば取り越し苦労になりますから。

そして、遺言書を書きあげたら他の相続人も納得するように、話をすることも必要だと思います。

遺言書は、故人の最終意思ですから、ご遺族もその内容を最大限尊重するでしょう。
しかし、中には納得しないものもいるかもしれません。
そこが相続の難しいところなのです。

ただ、遺言書があるとないとでは、話し合いのスタート時点が違います。
故人の遺志がどうなのか、というところから始められるのですから。
ですから、遺言書はどんなことが想定されるとしても、書いておいたほうがいいのです。

今日のJAZZ

ピアニストBill Evans(ビル・エヴァンス)のソロアルバムその名も『Alone』。
エヴァンスのピアノソロアルバム。
繊細で美しいバラードから軽快で力強いアップテンポの演奏まで、エヴァンスの魅力を味わえる一枚です。
ソロの演奏で、ここまで楽しめるアルバムもいいもんですね。

【相続セミナー・説明会情報】 

「円満かつ円滑な相続の準備 ~幸せな相続の準備~ 説明会」

相続争いは誰にでも起こる可能性があります。
「自分には財産がないから大丈夫。」
「自分の家族は仲がいいから大丈夫。」
「考えるのが面倒。なんくるないさ~。」
と思っている人ほど相続争いを生む種を植え付けています。
そして、貴方が亡くなった後に見事に大輪の花を咲かせてしまうのです。

一方で相続争いは誰にでも起きえる可能性があるから、自分もしっかり準備して、家族の幸せを作り出そう、と思っている方もいらっしゃいます。

両者の考え方の違いは、ご家族の分岐点になるかもしれません。

相続争いの原因を知り、準備さえすれば、ご自身もご家族も安心し、人生の最後の瞬間まで幸せでいられると思います。
何も心配しなくていいのですよ。まずは、相続の事を知ってください。

【こんな方にお勧めです】
一つでも当てはまるようでしたら、是非、説明会へお越しください。
☑そもそも相続のことが、まったくわからなくて心配
☑どんなときに相続が争になるか知りたい
☑相続争いを避ける方法について知りたい
☑遺言書の書き方を知りたい

《日時》 平成29年10月25日(水) 午前10:00~11:45
《会場》 沖縄県教職員共済会館「八汐荘」 3階小会議室(那覇市松尾1-6-1)駐車場有
《定員》 12名
《参加費》2,000円(税込)
《申込方法》
・電  話 098-861-3953
・FAX   098-862-8641
・メール  お問合せフォーム  ※題名に「10/25セミナー参加申込」と入力お願いします

【SNS初心者向けセミナー】小さな会社と個人事業主のためのSNSの使い方 詳細はここをクリック

僕は行政書士は「自分自身が商品」だと思っています。

ということは、商品である自分自身のことを知ってもらうことが、まずは必要だと感じ、様々な手段で僕自身の事を発信しています。

☑毎日更新しているブログ
☑ほぼ毎日書いているブラックボード
☑隔月に発行するニュースレター
☑毎月開催している相続セミナー
☑毎月2回のラジオ番組
☑毎日発信しているSNS

あらゆる方法を使って、自分自身の事を発信してます。

その中でもSNSは自分自身の事を知ってもらえるツールとして、最適だと思っています。
その理由は3つ。

1.毎日無料で発信できる
2.自分の日常をタイムリーに発信できる
3.自分の想いをいつでも発信できる

とはいっても僕もSNSを使い始めて5年ほどです。
まだまだフル活用してるとは言えません。

でも、サラリーマン時代から独立した現在までSNSを活用したことで、色々なことを学んできました。

☑各SNSの特徴
☑どんなことを発信すればいいのか
☑ビジネスに繋がるきっかけ
☑SNSを使う上で、気を付けたほうがいいこと

ということで、僕がSNSを使ってきた経験や活用の仕方をお話しするセミナーを開催する運びとなりました。

働く人が集まる場所「コワーキングスペース COMUSUBI(こむすび)」(運営:デザイン相談所デコール)さんとのコラボ企画で、セミナーを開催します。

SNSは使いたいけど、どうやって使ったらいいのかな、と考えているSNS初心者向けのセミナーです。

◇開催年月日: 平成29年9月30日(土)
◇時間: 13:30~15:30
◇定員: 先着20名
◇対象者: SNSを使用している(又はこれから使いたいと思っている)会社役職員・個人事業主
◇参加費: 1名2,000円(税込)
◇申込方法:
・電  話 098-861-3953
・FAX   098-862-8641
・メール  お問合せフォーム 題名に「9/30SNSセミナー参加申込」と入力お願いします
・Facebook 【城間恒浩】へメッセージをください
お名前と参加人数をお伝えください。座席を確保して、当日、お待ちしております。
◇会場: コワーキングスペース COMUSUBI(こむすび)
沖縄県豊見城市名嘉地391 2階

【ジャジーのJAZZツアー開催中】

僕の通うJAZZクラブParker’s Mood Jazz Club」 に行ってみたい人はお気軽にお電話ください。最高にカッコいい、至福の時間をご案内します♪
ジャジーのJAZZツアーの詳細はこちら

「Parker’s Mood Jazz Club」
那覇市久茂地3-9-11アーバンビル5F

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」
FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日 21:00から21:50
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市まで、
インターネット経由のサイマルラジオなら全国で視聴可能!
僕がラジオパーソナリティをしている理由はこちら
大好きなJAZZや遺言・相続のことを中心におしゃべりしてます。
聴きたいJAZZがあったらリクエストください!
遺言・相続に関する疑問がありましたらお気軽にご質問ください!

【連絡先】

〒900-0014 沖縄県那覇市松尾1丁目15番7号 2階
携帯電話 080-1087-7965
電  話 098-861-3953
FAX   098-862-8641
メール  お問合せフォーム


The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生の46歳。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。
トップへ戻る