知ってますか?法律上年を取るのは誕生日の前日です。

こんにちは。
沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

誕生日の前日に一つ年を取る

今週末は、小学校時代の同窓会が企画されていて、僕も出席予定です。
小学校を卒業したのは、かれこれ33年前。
みんな立派なオジサン、オバサンになっていることでしょう。
卒業以来会っていない同級生もいるので、楽しみです。

母校の開南小学校校歌

僕は9月には46歳になります。
既に人生の折り返し地点は通過してるはずなので、さらに楽しく元気に過ごしたいと思いますよ。

年齢の話が出ましたので、年齢計算について少し説明します。

実は、年齢計算に関しては法律があって、誕生日の前日に一つ年を取ることになっているのをご存知ですか?

年齢の計算に関する法律の名称は、「年齢計算に関する法律」(明治35年12月2日施行法律第50号)といいますが全3項の極めて短い法律です。

(年齢計算に関する法律)
1.年齢は出生の日より之を起算す
2.民法第143条の規定は年齢の計算に之を準用す
3.明治6年第36号布告は之を廃止す

細かな説明は省きますが、年齢のカウントには誕生日を初日とすることとなっており、一年後の誕生日の前日に一つ年をとることになっています。

年齢計算は、極めて重要なことです。
学校への入学がいつになるのか、選挙権はいつから得られるのか、成人はいつの日か、飲酒はいつからできるのか、結婚はいつから可能なのか、年金の支払いはいつか、年金はいつから受給できるのかなどなど、いろいろなことにかかわってきますからね。

同級生の誕生日の範囲

皆さんの同級生で、誕生日が4月1日の方はいませんでしたか?

4月1日が誕生日の人は、3月31日の午後12時に一つ年を取ることになるのです。

ですから、小学校や中学校の同級生は、4月2日生まれから一年遅れの4月1日生まれの人たちが同級生になるのです。

沖縄などでは、同窓会をする際には街中に横断幕を張って知らせることがあります。
見かけますよね。
沖縄あるあるかな(笑)

その横断幕に、「昭和46年4月から昭和47年3月生まれ」と書かれていると厳密には間違いなんですね~

正しくは、「昭和46年4月2日から昭和47年4月1日生まれ」となるのです。

些細なことですが、この辺をしっかり書いているとカッコイイと思われるかもしれません(笑)

今日のJAZZ

ピアニストでバンドリーダーとして活躍したDuke Ellington(デューク・エリントン)の「Take the A Train」(A列車で行こう)。
列車の車内で演奏する楽団はとても生き生きしていて楽しそうです。
A列車はニューヨークの地下鉄Aラインのことです。
初期のジャズ界をけん引したデューク・エリントン。
ニューヨークで活躍したジャズマンでした。
多くのジャズメンがニューヨークでの成功を夢見て「ビックアップル(ニューヨーク)」を目指したのです。

【セミナー・説明会情報】 詳しくはこちらをクリック

「高校生でもわかる争わなくてすむ相続 ~幸せな相続の準備~ 説明会」

相続争いは誰にでも起こる可能性があります。
「自分には財産がないから大丈夫。」
「自分の家族は仲がいいから大丈夫。」
「考えるのが面倒。なんくるないさ~。」
と思っている人ほど相続争いを生む種を植え付けています。
そして、貴方が亡くなった後に見事に大輪の花を咲かせてしまうのです。

一方で相続争いは誰にでも起きえる可能性があるから、自分もしっかり準備して、家族の幸せを作り出そう、と思っている方もいらっしゃいます。

両者の考え方の違いは、ご家族の分岐点になるかもしれません。

相続争いの原因を知り、準備さえすれば、ご自身もご家族も安心し、人生の最後の瞬間まで幸せでいられると思います。
何も心配しなくていいのですよ。まずは、相続の事を知ってください。

【こんな方にお勧めです】
一つでも当てはまるようでしたら、是非、説明会へお越しください。
☑そもそも相続のことが、まったくわからなくて心配
☑どんなときに相続が争になるか知りたい
☑相続争いを避ける方法について知りたい
☑遺言書の書き方を知りたい

《日時》 平成29年8月29日(火) 午前10:00~11:45
《会場》 沖縄県教職員共済会館「八汐荘」 3階小会議室(那覇市松尾1-6-1)駐車場有
《定員》 12名
《参加費》2,000円(税込)
《申込方法》
・電  話 098-861-3953
・FAX   098-862-8641
・メール  お問合せフォーム  ※題名に「8/29セミナー参加申込」と入力お願いします

【ジャジーのJAZZツアー開催中】
僕の通うJAZZクラブParker’s Mood Jazz Club」 に行ってみたい人はお気軽にお電話ください。最高にカッコいい、至福の時間をご案内します♪
ジャジーのJAZZツアーの詳細はこちら

「Parker’s Mood Jazz Club」
那覇市久茂地3-9-11アーバンビル5F

【ラジオ番組パーソナリティ】
「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」
FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日 21:00から21:50
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市まで、
インターネット経由のサイマルラジオなら全国で視聴可能!
僕がラジオパーソナリティをしている理由はこちら
大好きなJAZZや遺言・相続のことを中心におしゃべりしてます。
聴きたいJAZZがあったらリクエストください!
遺言・相続に関する疑問がありましたらお気軽にご質問ください!

【コンタクト】
〒900-0014 沖縄県那覇市松尾1丁目15番7号 2階
携帯電話 080-1087-7965
電  話 098-861-3953
FAX   098-862-8641
メール  お問合せフォーム


The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
遺言・相続関係専門の行政書士。沖縄在住1971年9月12日生の45歳。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。
トップへ戻る