ご先祖様を3代遡ると何人いるのか知ってますか?そのうちの一人が欠けても僕はいない。

こんにちは。
沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

仏壇と母親

我が家には仏壇あがあります。
正確には実家の母親の住む一階にね。
僕らのご先祖様が祀られてます。

母親はその仏壇に毎日手を合わせ、お経を読み上げてます。
体調が悪くても、忙しくてもね。

そして、自分の故郷である鹿児島方面にも手を合わせて自分の実の両親にも手を合わせてます。

なんでも続ける事って大変ですから、すごいと思う。
僕も見習って、朝と晩は線香を手向けて、感謝の気持ちを伝えてます。

ご先祖様あっての僕だからね。

自分のDNAは沢山のご先祖様の血が流れています

自分のご先祖様を3代たどると何人いるかわかりますか?
1代 → 両親2名
2代 → 祖父母4名
3代 → 曾祖父母8名
合計 → 14名もいます。
僕は、どうにか顔と名前を思い出せるかな、といったところです。

これを7代先までさかのぼると・・・
254名となります。
さすがに、顔と名前は出てこないし、一致しないかな。

しかし、このご先祖様がその時代を懸命に生き延びたおかげで、今の自分があることは確かです。
当たり前ですが、ご先祖様が出会うべくして出会った人同士と一緒になっていなければ、一人でも欠けていたら今の自分はないわけです。

僕の体には、分かっているだけで、沖縄、鹿児島、長野の血が流れています。
母方のご先祖様は平家の流れだと聞いています。

本当に様々な生き方をした、性格の異なるご先祖様の血が流れています。
でも、もしかしたら、今の僕の仕草や話し方などに似ていた7代くらい前のご先祖様がいたかもしれないですね。

自分の長男は僕に性格がそっくり。
次男坊は手や爪の形、顔もそっくり。

脈々と僕のDNAが引き継がれているようです。

約10年前に家族でお正月に撮影した写真。

ご先祖様の財産や遺志も同じく引き継がれている

僕は相続の仕事をしていますので、お客様の戸籍謄本をみたりすることがりますが、その度に思います。

「この方にも多くのご先祖様がいらっしゃるんだろうな。どんな生き方をしてきたのかな?」

人様の人生やご先祖様を詮索するわけではなりませんが、そんなことを思ったりします。

相続では、法令上は不動産や金品などの財産が亡くなった方からご遺族に移転されることを定めています。
一方で、僕は、法令上の拘束力はないけれども「故人の遺志」も引き継ぐものだと思っています。

  • この家と土地をこの先も守ってほしい
  • 家業をこれから先も盛り上げてほしい
  • 家族皆で仲良くしてほしい
  • 遺された妻または夫を大事にしてほしい
  • これまでの家風にとらわれず自由に生きてほしい

などなどいろいろな思いを子供たちや家族に伝え、引き継いでいくのではないかと思います。

僕も考えれば、亡くなった父親からは、いろいろなことを教わりました。
その教えも父親が祖父母から引き継ぎ、祖父母は曾祖父母から引き継ぎ、曾祖父母はそのまた上のご先祖様から引き継いできた、脈々と受け継がれた想いかもしれません。

家庭によっては「家訓」というものがあり、とても大事にしているところもありますよね。
また、遺言書には「付言事項」として、家族に伝えたい想いを遺すこともできます。

皆さんにもたくさんのご先祖様がいらっしゃると思います。
ご先祖様から引き継がれた想いはありますか?

本土では、もうすぐお盆ですね。
沖縄のお盆は、9月3日(日)から5日(火)です。

今日のJAZZ

ピアニストSonny Clark(ソニー・クラーク)のアルバム『Cool Struttin’』。
アルバムのジャケットがとても印象的で、有名なアルバムです。
ロングスカートを着てハイヒールであるく女性の足元の写真。
ジャケットの作成で打ち合わせをしているときにスタッフの女性の足元をなんとなく写したのがジャケットになったとか。
面白いですね。
そんなエピソードもジャズっぽい。

【セミナー・説明会情報】 詳しくはこちらをクリック

「高校生でもわかる争わなくてすむ相続 ~幸せな相続の準備~ 説明会」

相続争いは誰にでも起こる可能性があります。
「自分には財産がないから大丈夫。」
「自分の家族は仲がいいから大丈夫。」
「考えるのが面倒。なんくるないさ~。」
と思っている人ほど相続争いを生む種を植え付けています。
そして、貴方が亡くなった後に見事に大輪の花を咲かせてしまうのです。

一方で相続争いは誰にでも起きえる可能性があるから、自分もしっかり準備して、家族の幸せを作り出そう、と思っている方もいらっしゃいます。

両者の考え方の違いは、ご家族の分岐点になるかもしれません。

相続争いの原因を知り、準備さえすれば、ご自身もご家族も安心し、人生の最後の瞬間まで幸せでいられると思います。
何も心配しなくていいのですよ。まずは、相続の事を知ってください。

【こんな方にお勧めです】
一つでも当てはまるようでしたら、是非、説明会へお越しください。
☑そもそも相続のことが、まったくわからなくて心配
☑どんなときに相続が争になるか知りたい
☑相続争いを避ける方法について知りたい
☑遺言書の書き方を知りたい

《日時》 平成29年8月29日(火) 午前10:00~11:45
《会場》 沖縄県教職員共済会館「八汐荘」 3階小会議室(那覇市松尾1-6-1)駐車場有
《定員》 12名
《参加費》2,000円(税込)
《申込方法》
・電  話 098-861-3953
・FAX   098-862-8641
・メール  お問合せフォーム  ※題名に「8/29セミナー参加申込」と入力お願いします

【ジャジーのJAZZツアー開催中】
僕の通うJAZZクラブParker’s Mood Jazz Club」 に行ってみたい人はお気軽にお電話ください。最高にカッコいい、至福の時間をご案内します♪
ジャジーのJAZZツアーの詳細はこちら

「Parker’s Mood Jazz Club」
那覇市久茂地3-9-11アーバンビル5F

【ラジオ番組パーソナリティ】
「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」
FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日 21:00から21:50
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市まで、
インターネット経由のサイマルラジオなら全国で視聴可能!
僕がラジオパーソナリティをしている理由はこちら
大好きなJAZZや遺言・相続のことを中心におしゃべりしてます。
聴きたいJAZZがあったらリクエストください!
遺言・相続に関する疑問がありましたらお気軽にご質問ください!

【コンタクト】
〒900-0014 沖縄県那覇市松尾1丁目15番7号 2階
携帯電話 080-1087-7965
電  話 098-861-3953
FAX   098-862-8641
メール  お問合せフォーム


The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生の46歳。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。
トップへ戻る