自分の想いを確実に伝えるためにも遺言書を書く時だけは手は抜かないでほしいな。

こんにちは。
沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

遺言書は完ぺきに書き上げたほうがいい

遺言書のチェックをすることもありますが、一般の方が書かれた遺言書は、率直に言って詰めが甘いところがあります。

例えば、
不動産の表示がちゃんとされていない、
相続させる相手の特定がされていない、
預貯金口座が明確に記載されていない、
遺言執行者が指定されていない、
などです。

そうなると結局、相続手続きにおいて、遺産分割協議書を作らなくては行けなかったりして面倒です。

また、そもそも遺言書の法的要件を備えていないケースもあります。
ワープロで作成されている。※秘密証書遺言や公正証書遺言では有効になることもあります。
作成年月日がない。
署名がない。
印鑑がない。

これでは、遺言書自体が無効になります。

また、訂正の方法が法定通りにされておらず、修正テープや白消しで訂正されていることもあり、その部分は無効となります。

遺言書を書く理由は、自分の財産の分与方法を定め、家族が争わないように、円満かつ円滑な相続を希望しているからですよね。

肝心の遺言書の内容が、無効になるような、もしくは遺産分割しなおさないといけないような内容だと書いた意味もなくなりますからね。

遺言書は完ぺきに仕上げましょう。

特に一般の方が自力で書いた遺言書なら、専門家に相談してくださいね。

遺言書は何度でも書き直せます

遺言書は、作成日付の新しいものが有効となります。
ですから、何度でも書き直せます。
毎年、お正月に遺言書を書きなおす方もいると聞いたことがあります。

一度書いたら、それでおしまいではなく、何度でも自分の気持ちを書き示すことができるのです。

ですから、まずは遺言書の法的要件をしっかり押さえて、書いてみたらいいと思います。
そして、専門家のチェックを受けてみたらいい。

そうすれば、遺言書の書き方のコツもわかるのではないかと思いますね。

遺言書封筒

秘密証書遺言の勧め

僕は最近「秘密証書遺言」の作成依頼が増えています。
秘密証書遺言は、第三者が筆者として代筆ができて、ワープロで作成できることも特徴です。
遺言書を何枚も書くのは、結構大変な作業で、集中力と根気がいるんですよね。
ですから、僕がワープロで代筆する筆者となることは、遺言者にとってみるると助かるようなんです。

その上、専門家が代筆するわけですから法的要件もちゃんとアドバイスできます。

さらに自筆証書遺言と違い、封入作業の際に公証人がかかわりますから、一段上の信用性は得られますね。
ただし、秘密証書遺言は、公証人は内容の確認まではしません。

遺言書作成の際には、秘密証書遺言も選択肢の一つに入れてもいいと思います。

今日のJAZZ

今日は珍しいアルバムを紹介します。
どちらもベーシストのNiels Pedersen(ニールス・ペデルセン)とSam Jones(サム・ジョーンズ)『Double Bass』。
なかなかベースが二人のパーソネルは見ませんね。
率直に言って、どっちがどっちだかわかりませんが、ベースの競演というのも面白いですね。
一度だけ、ライブで聴いたことがありますが、ベース独特の音色が相まってとても良かったのを覚えています。

【セミナー・説明会情報】 告知チラシはこちらをクリック

「一番わかりやすい相続の基本と遺言書の書き方 ~幸せな相続の準備~ 説明会」(仮題)

相続って難しい・・・と思っていませんか?確かに法令は難解な言葉が並んでいて、理解するのは大変です。ただ誰もが、経験することなので、基本的なことは知っておいたほうがいいのですね。
また、遺言書を書きたいけど、どういうふうに書けばいいのだろうか?と考えている方に遺言書の外せない法的要件とポイントを具体例を上げて解説します。
遺言書は法的要件を一つでも欠くと無効になりますから。
遺言書の記載例もいくつか差し上げます。

=こんな方にお勧めの説明会です!=
☑家族に相続争いをさせたくない
☑円満かつ円滑な相続をしたい
☑相続争いの予防策を知りたい
☑遺言書の書き方を知りたい

《日時》 平成29年6月30日(金) 午前9:30~11:30
《会場》 沖縄県教職員会館「八汐荘」 3階 小会議室 (那覇市松尾1-6-1) 駐車場有《定員》 12名
《参加費》2,000円(税込)
※お二人目からは1,000円(税込)。ご夫婦で参加でしたら3,000円です。
《申込方法》
・携帯電話 080-1087-7965
・電  話 098-861-3953
・FAX   098-862-8641
・メール  お問合せフォーム ※題名に6/30のセミナー申込とお書きください

【ジャジーのJAZZツアー開催中】
僕の通うJAZZクラブParker’s Mood Jazz Clubに行ってみたい人はお気軽にお電話ください。最高にカッコいい、至福の時間をご案内します♪
ジャジーのJAZZツアーの詳細はこちら

「Parker’s Mood Jazz Club」
那覇市久茂地3-9-11アーバンビル5F

【ラジオ番組パーソナリティ】
「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」
FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日 21:00から21:50
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市まで、
インターネット経由のサイマルラジオなら全国で視聴可能!
僕がラジオパーソナリティをしている理由はこちら
大好きなJAZZや遺言・相続のことを中心におしゃべりしてます^^
聴きたいJAZZがあったらリクエストください!
遺言・相続に関する疑問がありましたらお気軽にご質問ください!

【コンタクト】
〒900-0014 沖縄県那覇市松尾1丁目15番7号 2階
携帯電話 080-1087-7965
電  話 098-861-3953
FAX   098-862-8641
メール  お問合せフォーム


The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生の46歳。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。
トップへ戻る