知ってますか?「私は財産がないから相続は問題ない」と言っている方の危うさ。

Pocket

JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。
僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は200件以上、相続相談は400件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを日々感じ、「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて確信しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外の好きなジャズのこと、日常や僕の想い・考えを書いています。
本ブログが少しでもお役に立ちましたら幸いです。

行政書士ジャジー総合法務事務所 バナー広告 20210804

財産が多い少ないは相続が争いになる大きな理由ではない

僕が相続専門の仕事を始めてからよく言われることがあります。

私には財産はないから関係ないね。大丈夫さ~

しかし、相続争いは財産が多いとか少ないとかで争っているわけではないことをご存知ですか?
もちろん、まったく財産が「0」という方は争いも起きようがないかもしれませんが、家があり、少しでも預貯金があるとその財産を巡り、家族に問題が生じ、ひいては争ったりしたりしてるのです。

相続が争いとなって家庭裁判所で「遺産分割事件」として争われている約78%が遺産総額5,000万円未満となっています。
5,000万円は決して大金持ちと言われるものではなく、普通の家庭でも家、土地や預貯金があればそのくらいの評価にはなります。

また、100万円程のことで、争っているケースもあると聞きます。
ただ、裁判所での相続にからむ争いは氷山の一角です。

相続問題がこじれて凍結されてしまっている預貯金口座や遊休地となってしまった土地などあちこちにありますからね。
相続は裁判所で争いになっていないにはしろ、大なり小なり争っている現実があるのです。

令和2年 遺産分割事件 遺産の価額割合

令和2年遺産分割事件 遺産の価額割合。最高裁判所の司法統計データを参照し作成。

相続争いは感情のぶつかり合い

では、なぜ相続は争いになってしまうのでしょうか?

相続は人の感情のぶつかり合いとなってしまうことがあるからのようです。

たとえば、親御さんが亡くなって、兄弟のうち長女だけが介護や病院の付き添いなどをし、晩年の親の面倒をしていたのに、相続が始まると遺言書がなければ、兄弟はみな平等に相続する権利を得ます。

そうなると、長女としてみれば財産目当てで親の面倒を見ていたわけではないのですが、自分が一手に親の面倒を長年みてきたのに、なぜほかの兄弟が相続するのか?と思ったりして、面白くないと思うのは自然の事だと思いますし、実際にそんな話は枚挙にいとまがありません。

このように、家族、特に子供たちは日ごろたまっていたお互いへの不満が爆発したりすることがあるようです。

肉親ほど、争いになると手に負えないですからね。
その感情がもつれてしまうと泥沼化して、裁判にまで発展してしまうことがあるのです。

厄介なことに、相続は世の中の2大争いの原因である、お金と人間関係の問題が一度にやってくるのです。

相続は争いにならないように予防が大切

では、感情のぶつかり合いとなる相続が争いとならないようにするには、どうしたらいいのでしょうか?

一番の予防策は「遺言書」を書くことです。

遺言書は、財産を遺す方の最終意思です。
その最終意思があるのであれば、遺された家族も尊重するかと思います。

「親父がそんな風に思って遺言書を遺したのなら、そうしよう。」
「母親は家族のことを思って遺言書を遺してくれたんだから、その通りにしようか。」

少々の不満があったとしても、尊重してくれるのであれば、争いも避けられるのではないかと思うのです。

自分の遺した財産で、家族が争ってほしいと考えている人はいないと思います。

しかし、家族と言えどもお金の話をするのは、なかなか大変なことです。

だからこそ「遺言書」を書いてほしいのです。
生前のご家族のご自身への関わり合いや、ご自分の気持ちをしっかり伝えられるような、財産分与方法を考えて、遺言書にしたためてほしいのです。

僕は「遺言書」で大事なご家族が争わずに済み、ご本人も安心しできる「幸せな相続の準備」ができるのではないかと思っています。

これからも「遺言書」の重要性を伝え、那覇市松尾から相続争いがなくなるような発信をしていきたいと思います。

円満かつ円滑な幸せな相続の準備 遺言書

円満かつ円滑な幸せな相続の準備 遺言書

今日のJAZZ

サックス奏者ジョン・コルトレーンの《Everytime We Say Goodbye》をB.G.M.にブログを書いています。
コルトレーンの名盤『My Favorite Things』に収録されている《Everytime We Say Goodbye》です。
ソプラノ・サックスの音色が優しく漂います。
マッコイ・タイナーのピアノもいいですね。

相続セミナー・説明会情報

自主開催セミナー

わかりやすい終活、相続と遺言書のはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会

開催日時:令和4年1月26日(水) 午前10時から11時20分
開催場所:沖縄県教職員共済会館「八汐荘」(那覇市松尾1-6-1)
定員:8名
参加費:2,000円(税込)
お申込み・お問合せ:
行政書士ジャジー総合法務事務所
☎098-861-3953
✉お申込みフォーム
※件名に「1/26相続セミナー参加希望」とご記載ください。

・新型コロナウイルス感染拡大予防のため完全予約制となっております。
・会場は定員24名のところ8名(講師1名別)を開催定員としています。
・会場は換気し、ご参加者にはマスクの着用と手指消毒をお願いいたします。
・講師はマスク着用の上、講演いたしますことをご了承ください。
・感染拡大、医療現場の状況や緊急事態宣言など発令により中止とすることもあります。

詳細はこちらをクリック

ジャズ・ライブ情報

僕がナビゲーター(MC)を務めるジャズ・ライブが来年2月にあります。
初心者でも楽しめるライブになると思いますので、足を運ばれてくださいね。

メンバー:銘苅盛通Quintetー銘苅盛通(tp)こはもとヨーダ正(as) 瀬川真悟(pf)高尾英樹(wb) 田場龍之介(dr)
ナビゲーター:ジャジー城間
日時:2022年2月20日(日) open17:30 start18:00
場所:ミュージック・バーSOUND M’s(国際通り・那覇市久茂地3丁目29−68ー3F)
予約:090-1067-8055
チャージ:大人2000円 学生1000円 小学生以下無料
オンライン配信:https://meka.base.shop/items/56464175

銘苅盛通 1St.アルバム『Umikaji』リリース・ライブ・ツアー Top Note 20191126

トランぺッター銘苅盛通 1St.アルバム『Umikaji』リリース・ライブ・ツアー Top Note 2019年11月26日

ラジオ番組

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。

Pocket

The following two tabs change content below.

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 1971年9月生。国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、2015年10月より現職。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。エクスマ学院1期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 2016年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください