【好きなジャズ6選】好きだと伝えると情報が集まってきますね。僕の好きなのは、言わずもがな「ジャズ」です。

Pocket

JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。
僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は200件以上、相続相談は400件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを日々感じ、「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて確信しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外の好きなジャズのこと、日常や僕の想い・考えを書いています。
本ブログが少しでもお役に立ちましたら幸いです。

行政書士ジャジー総合法務事務所 バナー広告 20210804

午前中はラジオ番組「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオ80.6Mhz)の収録でした。
今回はご近所の昔からよく知っているおじちゃんで、ラジオ番組のリスナーさんの好きそうなジャズを選曲しています。
ビッグ・バンドの演奏です。
有名な曲ばかりなので、楽しんでいただけるのではないでしょうか。
もちろん専門の相続関係の話もしています。
放送は11月17日(水)午後9時からです。
お楽しみに!

ラジオ番組「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオ80.6Mhz) 収録 20211115

おもろまちアップルタウン2階のFMレキオのスタジオでの一枚。

好きなことを伝える

午前中のラジオ番組の収録では、ご近所のリスナーさん向けに選曲しました。
たしかビッグ・バンドのいわゆるスウィング・ジャズが好きだったと話されていたのを記憶しています。

昨日、そのリスナーさんとばったりお会いして「いつもラジオを聴いてるよ。」と声をかけてもらったので、そのリスナーさん好みの選曲をしたのです。
放送は明後日(11/17水)ですが、喜んでいただけるといいなぁと思います。

リスナーさんからのリクエストもたまにありますが、こうやって聴いてくださっている方向けに、その方の好みを覚えていて選曲するのもいいなぁ、と思っています。

どうせなら聴いていただいている方にも喜んでもらいたいですからね。

僕も自分がはジャズが好きで、1940年代から60年代のジャズが特に好きですね、と話していたりします。
そうするとそんな情報が僕のところにもたらされます。

好きだと伝えている情報は入ってくるんですよね。
「ジャジー、このアルバム知ってる?良かったら差し上げますよ。」
「こんなジャズ・コンサートがあるけど、知ってる?」
「沖縄にこういったジャズの店があるけど、行ったことある?」
「こんなジャズのグッズが売ってますが、知ってますか?」
「マイルス・デイヴィスのドキュメンタリー番組が放送されるらしいよ。」
などなど、様々な情報が集まってきます。

好きだと伝えているからですね。

皆さんも自分の好きなことを伝えていますか?
好きだと伝えているだけで、様々な情報がもたらされると思いますよ。

ジャズのCD&書籍

ジャズ・コーナー。読んでない書籍が多々・・・

ということで月曜日恒例の過去6日間にブログで紹介したジャズのまとめ記事です。
振り返ってみてもいいジャズを紹介していました。
ちなみにミュージシャンの名前の後の《》内は曲名、『』内はアルバム名です。

エロル・ガーナー《My Silent Love》

ピアニスト、エロル・ガーナーの《My Silent Love》をB.G.M.にブログを書いています。
ガーナーは楽譜が読めないにもかかわらず作曲もしたそうですし、演奏する指先の動きもとても独特です。
個性的なピアニストの一人ですね。
しかし、演奏は素敵です。
My Silent Love》も楽し気で、聴いていて心が弾みます。

マイルス・デイヴィス《It Never Entered My Mind》

トランぺッター、マイルス・デイヴィスの《It Never Entered My Mind》をB.G.M.にブログを書いてます。
マイルスのかすれた音色もいいですが、レッド・ガーランドのピアノも美しいですね。
マイルスがプレステッジ(レコード会社)で製作したアルバム4枚のうちの『Workin’』に収録されています。
いわゆるマラソン・セッションと言われる2日間(1956年5月11日と10月26日)で、20曲を超える殆どの曲をワン・テイク(一発撮り)で収録し、4枚のレコードにして発売したそうです。
マイルスがプレステッジからコロンビアに移籍する過程で、契約上の理由でこの4枚は作成しないといけなくて、早く移籍したいマイルスの苦肉の策として、クラブでのセッションのようにライブ感覚で収録したそうです。
マラソン・セッションで製作されたプレステッジのアルバム4枚『Workin’』『Steamin’』『Relaxin’』『Cookin’』は名盤と言われていますね。

マイルス・デイヴィス《Ahmad’s Blues》

トランぺッター、マイルス・デイヴィスの《Ahmad’s Blues》をB.G.M.にブログを書いています。
この曲はピアニスト、アーマッド・ジャマルの作曲ですが、マイルスはジャマルのピアノがとても好きで、自分のバンドにも迎えたかったそうですが、ジャマルは地元シカゴを離れたくなくて、かなわなかったそうです。
マイルスはジャマルの音楽性にも影響を受けていたのでしょうね。
ブルージーで落ち着く演奏です。

エロル・ガーナー《Full Moon and Empty Arms》

ピアニスト、エロル・ガーナーの《Full Moon and Empty Arms》をB.G.M.にブログを書いています。
ガーナーの演奏はワルツを思わせるような踊りたくなるような演奏ですね。
僕は踊れませんが(笑)

ジョー・ヘンダーソン《Straight, No Chaser》

サックス奏者ジョー・ヘンダーソンの《Straight, No Chaser》をB.G.M.にブログを書いています。
ヘンダーソンのサックスの音色が鳴りやまないスピード感あふれる演奏です。
お酒をチェイサーなしでストレートであおり続けそうです。
待っているのは酷い二日酔いでしょうか・・・

リー・モーガン《The Sidewinder》

トランぺッター、リー・モーガンの《The Sidewinder》を紹介します。
気分を上げたい時はこの演奏に限りますね。
ジャズ・ファンならずとも聴いたことのある曲ではないでしょうか。

相続セミナー・説明会情報

自主開催セミナー

わかりやすい終活、相続と遺言書のはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会

開催日時:令和3年11月25日(木) 午前10時から11時20分
開催場所:沖縄県教職員共済会館「八汐荘」(那覇市松尾1-6-1)
定員:8名
参加費:2,000円(税込)
お申込み・お問合せ:
行政書士ジャジー総合法務事務所
☎098-861-3953
✉お申込みフォーム
※件名に「11/25相続セミナー参加希望」とご記載ください。

・新型コロナウイルス感染拡大予防のため完全予約制となっております。
・会場は定員24名のところ8名(講師1名別)を開催定員としています。
・会場は換気し、ご参加者にはマスクの着用と手指消毒をお願いいたします。
・講師はマスク着用の上、講演いたしますことをご了承ください。
・感染拡大、医療現場の状況や緊急事態宣言など発令により中止とすることもあります。

セミナーの詳細はこちらをクリックしてください。

ラジオ番組

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。

Pocket

The following two tabs change content below.

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 1971年9月生。国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、2015年10月より現職。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。エクスマ学院1期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 2016年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください