【癒しのジャズ6選】疲れてるならジャズを聴いてみて。心身ともに癒してくれるはずよ。

Pocket

JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。
僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は200件以上、相続相談は400件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを日々感じ、「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて確信しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外の好きなジャズのこと、日常や僕の想い・考えを書いています。
本ブログが少しでもお役に立ちましたら幸いです。

行政書士ジャジー総合法務事務所 バナー広告 20210804

癒しのジャズ

何度も書いてることですが、僕がジャズを聴くようになったのは、仕事が忙しく心身ともに疲れ果てて夜も眠れなくなった時のことでした。

ジャズは癒してくれると信じて聴き始めました。
信じる者は救われるのでしょう。
ジャズは僕を救ってくれました。

もちろん、ジャズだけではないとは思いますが、当時の僕に力を与えてくれたのは間違いのないことです。

ジャズの何が癒されるのかというと、説明に困りますが、聴いているとホッとします。
演奏されている曲、パーソネル(演者)やセッションの雰囲気にもよりますが、僕はバラード系が圧倒的に好きですね。

今もバタバタしてくると、バラード系の演奏を聴いて落ち着くようにしています。

多くの方が、音楽に求めているのは、その時の心に寄り添うようなものではないかと思います。

自分の喜怒哀楽に合うような音楽を聴いているんでしょうね。
歌詞のある音楽であれば、なおさら自分の感情に入り込んでくるのではないでしょうか。

僕もジャズ以外の音楽も好きな曲もあるし、聴きます。

やっぱり、感情に併せて聴いたりしますね。

ただ、最近は何も考えずにスーッと入ってくるジャズのバラードをゆったり聴くことがリラックス効果を生むようです。
歌詞付きの音楽を聴くと色々考えてしまいますから。

お気に入りのジャズ・クラブで、ジントニックを飲みながらジャズを聴きたいなぁ。

ジャズライブとジントニックと岩塩キャンドル

ジャズライブとジントニックと岩塩キャンドル

ということで、月曜日恒例の過去6日間にブログで紹介したジャズのまとめ記事です。
振り返ってみてもいいジャズを紹介してました。
ちなみにミュージシャンの名前の後の《》内は曲名、『』内はアルバム名です。

デクスター・ゴードン《There Will Never Be Another You》

サックス奏者デクスター・ゴードンの《There Will Never Be Another You》をB.G.M.にブログを書いています。
ゴードンの演奏と言えば野太い音色で男らしさが印象的です。
しかし、その歌心もいいなぁ、と思うんですよね。
時にシャウトするように、そして低くつぶやくように。
変幻自在の表現力です。
さすが、俳優としても活躍しただけのことはありますよね。

ボビー・ティモンズ《This Here》

ピアニスト、ボビー・ティモンズの《This Here》をB.G.M.にブログを書いています。
ソウルフルなホットな演奏です。
内なる情熱がほとばしる感じが伝わってきますね。
好きだな。

オスカー・ピーターソン《Satin Doll》

ピアニスト、オスカー・ピーターソンの《Satin Doll》をB.G.M.にブログを書いています。
2004年、カナダ、モントリオールでのライブ演奏のようですが、ピーターソンは80歳位ですが大きな体で演奏する音色はダイナミックで繊細です。
グルーブ感が凄いですね。

エディ・ヒギンズ《As Time Goes By》

ピアニスト、エディ・ヒギンズの《As Time Goes By》をB.G.M.にブログを書いています。
ヒギンズのエレガントな演奏は落ち着きますね。
バタバタとせわしない金曜日の午前中を過ごす僕の気持ちを落ち着かせてくれます。

バリー・ハリス《A Time For Love》

ピアニスト、バリー・ハリスの《A Time For Love》をB.G.M.にブログを書いています。
ハリスのソロ演奏ですが、ステージのミュージシャンも含め、オーディエンスも静かに演奏に聴き入っています。
誰もが引き込まれる優雅な演奏ですね。

ビル・エヴァンス《Autumn Leaves》

ピアニスト、ビル・エヴァンスの《Autumn Leaves》(枯葉)をB.G.M.にブログを書いています。
ミドル・テンポの明るい演奏です。
秋の哀愁は感じられません。
《Autumn Leaves》(枯葉)は多くのジャズマンがカヴァーしてますが、エヴァンスのような演奏をしている人はあまり聞きませんね。
チェット・ベイカーやマイルス・デイヴィスはしっとりと聴かせてくれます。

相続セミナー・説明会情報

Ⅰ.外部のセミナー

1.「2021年秋のスマホ祭り★9/20~10/2オンライン開催!」

タイトル:「わかりやすい終活、相続と遺言書のはなし~幸せな相続の準備~」
開催日時:➀9月23日(木)13:00~(終了) ②10月2日(土)10:00~
※どちらも同じ内容で、40分程のオンライン(リモート)によるセミナー
※事前予約制
参加費:無料
主催・詳細・お申込み・お問合せ:パソコムプラザ

2.「那覇青色申告会 研修会」

タイトル:「わかりやすい終活、相続と遺言書セミナー~幸せな相続の準備~」
開催日時:11月11日(木)14:00~16:00
開催場所:沖縄県産業支援センター(那覇市小禄1831-1) 3階会議室大(302・303号室)
定員:30名(事前予約制)
参加費:青色申告会会員1,000円 非会員3,000円
主催・詳細・お申込み・お問合せ:一般社団法人那覇青色申告会

※沖縄県の新型コロナウイルスの感染状況、医療現場の状況や緊急事態宣言が延長(9/30まで)となったことを踏まえ、本セミナーは当初9月22日(水)に開催予定でしたが、11月11日(木)に延期となりました。
(9月24日追記)

Ⅱ.自主開催セミナー

(中止)わかりやすい終活、相続と遺言書のはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会

沖縄県の新型コロナウイルスの感染状況、医療現場の状況や緊急事態宣言が延長(9/30まで)となったことを踏まえ、本セミナーを中止といたしました。
参加表明をいただいておりました皆様、大変申し訳ありません。
個別に連絡をさせて頂きますが、あらかじめ告知させていただきます。
なお、次回以降の開催は、10月27日(水)及び11月25日(木)を予定しております。
セミナー内容、会場、時間、定員、参加費及びお申し込み方法は同様です。
あらためて、当ぐログで告知させていただきます。
(2021年9月10日追記)

開催日時:令和3年9月29日(水) 午前10時から11時20分
開催場所:沖縄県教職員共済会館「八汐荘」(那覇市松尾1-6-1)
定員:6名
参加費:2,000円(税込)
お申込み・お問合せ:
行政書士ジャジー総合法務事務所
☎098-861-3953
✉お申込みフォーム
※件名に「9/29相続セミナー参加希望」とご記載ください。

・新型コロナウイルス感染拡大予防のため完全予約制となっております。
・会場は定員24名のところ6名(講師1名別)を開催定員としています。
・会場は換気し、ご参加者にはマスクの着用と手指消毒をお願いいたします。
・講師はマスク着用の上、講演いたしますことをご了承ください。
・感染拡大や緊急事態宣言の延長などにより中止とすることもあります。

ラジオ番組パーソナリティ

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。

Pocket

The following two tabs change content below.

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 1971年9月生。国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、2015年10月より現職。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。エクスマ学院1期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 2016年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください