【新たな出会いが楽しいジャズ6選】新たなことに出会うとワクワクしますが、ジャズもそうです。

Pocket

JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。
僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は200件以上、相続相談は400件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを日々感じ、「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて確信しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外の好きなジャズのこと、日常や僕の想い・考えを書いています。
本ブログが少しでもお役に立ちましたら幸いです。

行政書士ジャジー総合法務事務所 バナー広告 20210804

午前中はラジオ番組「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオ80.6Mhz)の収録でした。
今回もご機嫌なジャズを選曲しています。
初めて紹介するジャズマンもお二人いますよ。
オープニングのマイルス・デイヴィスは毎度おなじみですが、ピアニスト大江千里、トロンボーン奏者J.J.ジョンソンとサックス奏者フィル・ウッズの演奏を選曲しています。
もちろん、専門の相続遺言の話もしています。
放送は明後日15日(水)21時からです。お楽しみに!
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。

ラジオ番組「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオ80.6Mhz) 収録 20210913

那覇市おもろまちアップルタウン2階のFMレキオのスタジオでの収録の合間に。

初めてのことにワクワクする

僕はジャズを聴き始めて約20年ほどになります。
本格的に勉強しながら聴くようになったのは、ここ6年くらいでしょうか。

最初のころは、心身ともに疲れていた頃に癒しの音楽としてジャズを選んでいました。
ですから、誰が演奏しているのか、曲名は何なのかは問題ではなく、バラード系を選んでいたように思います。

しばらくジャズに聴いていると、ジャズでも様々なジャンルがあり、フュージョンやフリージャズなど「これもジャズなの?」と思うような演奏を聴くことも出てきました。

また、YouTubeやAmazonミュージックなどで手軽にいつでもどこでも音楽を楽しめるようになると、様々なジャズを聴くようになり、新たなミュージシャンや演奏に出会う度に「面白いな」と思って聴いていました。
ジャズの奥深さを感じます。

ジャズを聴き続けていると、ジャズのことをもっと知りたくなり、歴史、ミュージシャン、ジャズ喫茶やジャズ・クラブなどにも俄然興味がわき勉強しています。
勉強とはいっても、新たな出会いにワクワクするので何も苦痛じゃない。

特にジャズマンの自叙伝、エッセイや映画は面白いですね。
惹き込まれます。
マイルス・デイヴィス、ジョン・コルトレーン、ビル・エヴァンスやチャーリー・パーカーなどにフューチャーした書籍や映画も多く面白いですね。

今はニューヨークで活躍する大江千里さんのジャズに挑戦するまでと音楽学校に通っている間の自叙伝的な書籍にハマっています。

読み進めているのは「9番目の音を探して 47歳からのニューヨークジャズ留学」(KADOKAWA)ですが、日本の歌謡界であれだけ活躍した人が、47歳で全てをなげうって手荷物二つと愛犬と一緒にニューヨークに渡り紆余曲折を経てジャズ・ピアニストとなる姿は勇気をもらえるし、感動する、

そして、何よりも自分ももっとチャレンジしなければと思いますね。

これもジャズを深く知りたいと思う中で、生まれてくるワクワク感かもしれません。

なんにせよジャズは多くのことを教えてくれて、新たな出会いの喜びを与えてくれます。

大江千里 書籍&CD

ニューヨークで活躍されるジャズ・ピアニスト大江千里さんの書籍&CD「LETTER TO N.Y.」

ということで、月曜日恒例の過去6日間にブログで紹介したジャズのまとめ記事です。
振り返ってみてもいいジャズを紹介してました。
また、新たな出会いのジャズもありました。

ちなみにミュージシャンの名前の後の《》内は曲名、『』内はアルバム名です。

バリー・ハリス《A Time For Love》

ピアニスト、バリー・ハリスの《A Time For Love》をB.G.M.にブログを書いています。
ライブでのソロ演奏です。
「美しく演奏する」の信条を持つジャズマンで、《A Time For Love》も美しいですね。
ハリスは1929年生まれの91歳で高齢です。
近況は分かりませんが、何年か前までは、ワークショップを開くなどして、後進の指導にも力を入れているようでした。

リー・モーガン《Whisper Not (take 5)》

トランぺッター、リー・モーガンの《Whisper Not (take 5)》をB.G.M.にブログを書いています。
全体的に抑え気味ですが、熱気の感じられる演奏です。
「Specialty」というレーベルから出されたアルバムの収録曲のようですが、ジャズを出すのは珍しいレーベルだそうです。

レイ・ブライアント《All Blues》

ピアニスト、レイ・ブライアントの《All Blues》をB.G.M.にブログを書いています。
あちこちで名前は見かけるけど、ちゃんと聴いたことはなかった。
とても力強い演奏をしていますね。
この曲だからだとは思いますが、強く鍵盤をたたいています。
溌溂としたブルースです。

ソニー・ロリンズ《Four》

サックス奏者ソニー・ロリンズの《Four》をB.G.M.にブログを書いています。
ロリンズの初めてのライブ収録での一曲で、ニューヨークのヴィレッジ・ヴァンガードで行われたそうです。
オリジナルのレコード『A Night at the Village Vanguard』には収録されておらず、後に発掘された音源をリマスターしてアルバム『Complete Night At The Village Vanguard』を制作した際に収録されたようです。
初のライブ収録で、それもレーベルはブルーノートですから、気合も入ってたでしょうね。
ホットな演奏です。

ウィントン・ケリー《Dark Eyes》

ピアニスト、ウィントン・ケリーの《Dark Eyes》をB.G.M.にブログを書いています。
ケリーらしい軽快な演奏ですね。
気持ちの軽くなる演奏です。

ビル・エヴァンス《My Foolish Heart》

ピアニスト、ビル・エヴァンスの《My Foolish Heart》をB.G.M.にブログを書いています。
数あるジャズメン、演奏の中でもエヴァンスのこの曲が好きです。
ジャズを聴き始めたころに出会い、虜になりました。
また、これもジャズなんだ、とジャズの奥深さを知った演奏でもありました。
僕の50歳の節目に、エヴァンスで祝っています。

相続セミナー・説明会情報

Ⅰ.外部のセミナー

1.「那覇青色申告会 研修会」

(延期)タイトル:「わかりやすい終活、相続と遺言書セミナー~幸せな相続の準備~」
開催日時:9月22(水)14:00~16:00
開催場所:沖縄県産業支援センター 1階ホール(那覇市小禄1831-1)
定員:30名(事前予約制)
参加費:青色申告会会員1,000円 非会員3,000円
主催・詳細・お申込み・お問合せ:一般社団法人那覇青色申告会

沖縄県の新型コロナウイルスの感染状況、医療現場の状況や緊急事態宣言が延長(9/30まで)となったことを踏まえ、本セミナーは延期となりました。
開催日は11月11日(木)の予定です。
詳細は一般社団法人那覇青色申告会のサイトをご覧ください。
(2021年9月11日追記)

2.「2021年秋のスマホ祭り★9/20~10/2オンライン開催!」

タイトル:「わかりやすい終活、相続と遺言書のはなし~幸せな相続の準備~」
開催日時:➀9月23日(木)13:00~ ②10月2日(土)10:00~
※どちらも同じ内容で、40分程のオンライン(リモート)によるセミナー
※事前予約制
参加費:無料
主催・詳細・お申込み・お問合せ:パソコムプラザ

Ⅱ.自主開催セミナー

(中止)わかりやすい終活、相続と遺言書のはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会

沖縄県の新型コロナウイルスの感染状況、医療現場の状況や緊急事態宣言が延長(9/30まで)となったことを踏まえ、本セミナーを中止といたしました。
参加表明をいただいておりました皆様、大変申し訳ありません。
個別に連絡をさせて頂きますが、あらかじめ告知させていただきます。

なお、次回以降の開催は、10月27日(水)及び11月25日(木)を予定しております。
セミナー内容、会場、時間、定員、参加費及びお申し込み方法は同様です。
あらためて、当ぐログで告知させていただきます。
(2021年9月10日追記)

開催日時:令和3年9月29日(水) 午前10時から11時20分
開催場所:沖縄県教職員共済会館「八汐荘」(那覇市松尾1-6-1)
定員:6名
参加費:2,000円(税込)
お申込み・お問合せ:
行政書士ジャジー総合法務事務所
☎098-861-3953
✉お申込みフォーム
※件名に「9/29相続セミナー参加希望」とご記載ください。

・新型コロナウイルス感染拡大予防のため完全予約制となっております。
・会場は定員24名のところ6名(講師1名別)を開催定員としています。
・会場は換気し、ご参加者にはマスクの着用と手指消毒をお願いいたします。
・講師はマスク着用の上、講演いたしますことをご了承ください。
・感染拡大や緊急事態宣言の延長などにより中止とすることもあります。

ラジオ番組パーソナリティ

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。

Pocket

The following two tabs change content below.

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 1971年9月生。国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、2015年10月より現職。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。エクスマ学院1期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 2016年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください