【ジャジーのお勧め6選】ジャズを勧められるままに聴いてみたらどうかな?人生が変わるかもよ。

Pocket

JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。
僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は100件以上、相続相談は300件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを肌で感じ「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて実感しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外のことを書いています。

行政書士ジャジー総合法務事務所

 

勧められるままに聴いてみる

僕はYouTubeやAmazonEchoでジャズをランダムに聴くこともあります。
新しいジャズとの出会いがありますからね。

ネットで聴いていると僕の好みを学習して、お勧めのジャズを表示してくれます。
助かりますね(笑)

そんなことで、勧められたジャズを聴いてみるわけです。

これはネットやサイトの最適な情報を届けてくれる機能ですが、その人の趣味嗜好を学んでるから大きな外れはないですよね。

昔は情報を得るには、自分から積極的に取りに行くしかなかったけど、今は受け身でもある程度の情報は入ってきます。
もちろん、能動的に情報は取る必要がありますけどね。

音楽は肩ひじ張らずにゆるーく、リラックスして聴いた方がいいですし、ジャズを聴き始めの初心者は何を聴いたらいいかわからないわけですから、勧められるままに聴いてみるのもいいんじゃないかな。

好き嫌いは聴いてから判断すればいいのですからね。

そんな風に聴いているといい出会いがあるかもしれません。
大げさに言えば「人生が変わる」出会いがあるかもしれないですね。

僕もジャズに出会って、人生が変わった一人かもしれません。
ジャジーというニックネームで、ジャズっぽく生きてます。

「ジャズは聴いたらわかる。」
ジャズに詳しいタモリさんもそんなこと言ってますからね(笑)

人生が変わる55のジャズ名盤入門

人生が変わる55のジャズ名盤入門

ということで、月曜日恒例の過去6日間にブログで紹介したジャズのまとめ記事です。
振り返ってみてもいいジャズを選曲していました。
ちなみにミュージシャンの名前の後の《》内は曲名、『』内はアルバム名です。

ジョン・コルトレーン《My Ideal》

サックス奏者ジョン・コルトレーンの《My Ideal》をB.G.M.にブログを書いています。
曲名は「私の理想」との意味かと思いますが、コルトレーンの理想の演奏となっていたのでしょうか。
落ち着きのあるバラードで僕は好きです。

マイルス・デイヴィス《But Not for Me》

トランぺッター、マイルス・デイヴィスの《But Not for Me》をB.G.M.にブログを書いています。
1960年、オランダのアムステルダムでのライブのようで、冒頭は少し長めのMCが入っています。
僕の好きなサックス奏者ソニー・スティットも加わっています。
スティットの演奏はマイルスの尊敬するサックス奏者チャーリー・パーカーに似ていると評されていたようですが、マイルスはどのように感じていたのでしょうか。
この演奏ではスティットはゆったりと演奏していてリラックスしているのが伝わってきます。

クリフォード・ブラウン《Stardust》

トランぺッター、クリフォード・ブラウンの《Stardust》を紹介します。
ストリングスのオーケストラをバックに悠々と演奏するブラウンの音色はうっとりしますよ。
この心地よさは極上です。

ノラ・ジョーンズ《Summertime》

ピアニスト&ヴォーカリストのノラ・ジョーンズの《Summertime》をB.G.M.にブログを書いています。
ノラは世界的に大人気のミュージシャンで、ジャズのジャンルを超えるような活躍をしていますよね。
僕はそのPOPな感じだけど、表現力豊かなノラの演奏、歌声が好きです。

マイルス・デイヴィス&ソニー・ロリンズ《But Not For Me》

トランぺッター、マイルス・デイヴィスとサックス奏者ソニー・ロリンズの共演《But Not For Me》をB.G.M.にブログを書いています。
マイルスのトランペットが溌溂としている感じです。
明るくていいですね。

オスカー・ピーターソン《Waltz for Debbie》

ピアニスト、オスカー・ピーターソンの《Waltz for Debbie》をB.G.M.にブログを書いています。
ビル・エヴァンスの名曲ですが、演奏スタイルの違うピーターソンがアグレッシブに聴かせてくれます。
ピーターソンの高速プレイとグルーブ感がしっかり楽しめますね。
ジャズはプレイヤーによって全く違う曲に聴こえます。
いいですね。

相続セミナー・説明会情報

自主開催セミナー

(中止)わかりやすい終活、相続と遺言書のはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会

開催日時:令和3年6月24日(木) 午前10時から11時20分
開催場所:沖縄県教職員共済会館「八汐荘」(那覇市松尾1-6-1)
定員:6名  参加費:2,000円(税込)

新型コロナウイルス感染拡大予防のため完全予約制となっております。

沖縄県への緊急事態宣言が延長となりましたので、中止とします。
次回開催は7月27日(火)の予定です。
ご参加をご希望されていた皆様には、大変申し訳思っていますが、次回のセミナーへは優先的にご案内させていただきます。
(令和3年6月19日追記)

ラジオ番組パーソナリティ

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。

Pocket

The following two tabs change content below.

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 1971年9月生。国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、2015年10月より現職。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。エクスマ学院1期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 2016年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください