【ジャズメンの背景も気にしたいジャズ6選】ジャズメンも人生を歩み経験を積むことで、演奏スタイルが変わってきているのかもしれない。

Pocket

JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。
僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は100件以上、相続相談は300件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを肌で感じ「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて実感しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外のことを書いています。

行政書士ジャジー総合法務事務所

ジャズメンの人生にも思いをはせたい

同じ人でも違う顔を持っていて、そのギャップに驚くこともありますが、そのギャップも含めて、いいなと思う人と仲良くできるといいですよね。

僕も約50年ほど生きてますが、いろんな人に出会い驚くことも多かったし、人は変わるのだろうし、元々そんな風だったのだろうと思ったりすることもあります。
もちろん自分自身もそうで、家族、友人、仲間、お客様、知人などの他者から見れば、こんな一面もあるのだと驚かれることもあるでしょう。

人は成長するにつれ、様々な経験をし、知識を得て、人と出会い、学ぶことで、考え方が変わり、行動が変わり、生き方が変わるのだと思います。

良い人生となるのか、そうでないのかは最後の瞬間までわからないと思いますが、自分らしく生きていきたいですね。

何の話だか分からなくなってきましたが、こんなことを考えていたのは、ジャズメンの演奏を聴いている中で、同じミュージシャンが同じ曲を演奏していても、まったく違うイメージで聴こえることがあります。

敢えてそうしているのかもしれませんが、そのミュージシャンの人生を歩む中での経験により変わってくるのでしょう。
特にジャズは即興性が醍醐味です。
そのミュージシャンのその時の感覚と言うのはかなり重要な要素だろうと思うのです。

そんな背景にも思いをはせてジャズは聴いていきたいなと思うのです。

「イリジウム・ジャズ・クラブ」ライブの一コマ。2010年ニューヨーク・マンハッタンにて。

「イリジウム・ジャズ・クラブ」ライブの一コマ。2010年ニューヨーク・マンハッタンにて。

月曜日恒例のブログで紹介したジャズのまとめ記事ですが、振り返ってみてもいいジャズを聴いてました。

ちなみにミュージシャンの名前の後の《》内は曲名、『』内はアルバム名です。

リー・モーガン《I’m a Fool To Want You》

SNSのとあるジャズのコミュニティで紹介されていたのが、トランぺッター、リー・モーガンの《I’m a Fool To Want You》でした。
知らない演奏で、早速、聴いてみました。
とても雰囲気のいいバラードです。
モーガンのトランペットもリリカルで、ウィントン・ケリーのピアノのソロがアクセントになっていてすごく気持ちがいい。
ウィントン・ケリーのソロに続くサックスのクリフォード・ジョーダンも聴かせてくれます。
まだまだ知らないいい演奏がありますね。SNSのジャズのコミュニティも凄いな。助かります。

ジョン・コルトレーン《On Green Dolphin Street》

サックス奏者ジョン・コルトレーンとピアニスト、ウィントン・ケリー・トリオの《On Green Dolphin Street》を聴いてます。
全てのメンバーがマイルス・デイヴィスのバンドで活躍した折り紙付きの実力を持つメンバーです。
ジャズのスタンダードをクールに演奏しています。モノクロの映像もいいですね。

バド・パウエル《Body and Soul》

昨晩(3/3)のラジオ番組のエンディングで選曲したのがピアニスト、バド・パウエルの《Body and Soul》でした。
とても綺麗な演奏で、リスナーさんからも好評でした。
情緒豊かな演奏です。

ビル・エヴァンス『You’re Gonna Hear From Me』

ピアニスト、ビル・エヴァンスのアルバム『You’re Gonna Hear From Me』を聴いてみました。
エヴァンスと言えば美しい綺麗な演奏が印象的ですが、本アルバムではアグレッシブに演奏していて、少しイメージが変わりましたが、エヴァンスの一面しか知らなかったのでしょうね。

オスカー・ピーターソン《Waltz for Debby》

ピアニスト、オスカー・ピーターソンの《Waltz for Debby》をB.G.M.にブログを書いています。
力強くグルーブ感があり盛り上がる演奏です。
ビル・エヴァンスの演奏とは対極にある感じ。
同じ曲の聴き比べもいいもんですね。

ビル・エヴァンス《What Is There To Say?》

ピアニスト、ビル・エヴァンスの《What Is There To Say?》をB.G.M.にブログを書いています。
エヴァンスの比較的初期の作品のようですが、後の優雅な演奏を感じさせる一曲です。

相続セミナー・説明会情報

自主開催セミナー

わかりやすい終活、相続と遺言書のはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会

開催日時:令和3年3月24日(水) 午前10時から11時20分
開催場所:沖縄県教職員共済会館「八汐荘」(那覇市松尾1-6-1)

新型コロナウイルス感染拡大予防のため完全予約制となっております。
また、感染拡大防止のため中止することもありますので、ご承知おきください。

ラジオ番組パーソナリティ

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。

Pocket

The following two tabs change content below.

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 1971年9月生。国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、2015年10月より現職。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。エクスマ学院1期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 2016年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください