【興味の惹かれるジャズ6選】まずはジャズを聴いてみる。興味を惹かれる演奏に出会えるはずです。

Pocket

JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。
僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は100件以上、相続相談は300件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを肌で感じ「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて実感しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外のことを書いています。

行政書士ジャジー総合法務事務所

ラジオ番組「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオ80.6Mhz)

午前中はラジオ番組「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオ80.6Mhz)の事前収録でした。
ご機嫌なジャズと専門である遺言・相続のお話をたっぷり50分間お送りします。

放送は明後日(3月3日)午後9時からです。
放送日はひな祭りですね。
女の子のいる家庭はお祝いしてるかもしれないですね。
よかったら21時からはラジオも聴いてください。

スマホのアプリがあれば世界中で聴けます。
ダウンロードはこちらをクリックしてください。

お楽しみに!

ラジオ番組「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオ80.6Mhz) 収録 20210301

おもろまちアップルタウン2階のFMレキオのスタジオにて収録の合間にパチリ。収録中もマスクしてますよ!

興味のもつことでいいものに出会える

僕は「ジャズ」や「ニューヨーク」の言葉が見えたり聞こえたりすると興味を惹かれます。
ぼくに限らず多くの方が興味のある言葉に惹かれるのは普通のことかもしれないですね。

SNSやYouTubeも僕に興味のありそうなことが優先的に上がってきます。
ネットをお通じて、個人情報がどこまでも筒抜けであるということに恐怖を感じる人もいるようですねが、それはそれで僕は助かります。

なんにせよ自分で情報を集めるのには限界もありますから、興味のある情報が自然と入ってくるのもいいかなと、思っています。

僕は好きなジャズの楽しさを多くの方に知ってもらえたらと思い、ブログ、SNSやリアルの場でも伝えています。
ジャズは癒しの力があり、カッコいいし、楽しいと思う。
ジャズのすばらしさを多くの人に知ってもらいたいのです。

僕のブログやSNSの発信を見たり、ラジオ番組を聴いて、ジャズを聴くようになったという方もいらっしゃいます。
とても嬉しいことです。

ジャズを聴いてみたいけど、何から聞いていいかわからない、といった方向けに僕はジャズの紹介をしています。
そして、僕自身がジャズに関してはまだまだ初心者ですから、僕の紹介するジャズは同じような方向けに興味を持ってもらえるのではないかと思っています。

僕の発信を見てジャズに興味を持ってもらい、自分の好きなジャズを探してみてくださいね。
ジャズにも幅広いジャンルがありますから、きっとあなたの好きなジャズが見つかると思います。

僕はジャズに興味を持ったことで、様々なジャズに出会い、人に出会い、人生に彩りがあります。

何事もそうですが、興味をもつことでいいものに出会えるのではないでしょうか。

那覇市久茂地のジャズクラブ「Parker's Mood Jazz Club」でのセッションの一コマ。

いつの日かの那覇市久茂地のジャズクラブ「Parker’s Mood Jazz Club」でのセッションの一コマ。そろそろライブにも行きたいですね・・・

ということで月曜日恒例の過去6日間にブログで紹介したジャズのまとめ記事です。
振り返ってみてもいいジャズを紹介しています。
入門編にもいいですね。
ちなみにミュージシャンの名前の後の《》内は曲名、『』内はアルバム名です。

チャーリー・パーカー《Now’s The Time》

昨日(2/23)、車中のラジオから流れてきた森田童子さんの《僕たちの失敗》の歌詞にサックス奏者バードことチャーリー・パーカーの名前が出てきて《Now’s The Time》が聴きたくなりました。
イントロの独特のメロディが好きです。
バードのサックスの音色は改めて聴くとキレがあるけど、優しさも感じますね。

マイルス・デイヴィス《So What》

トランぺッター、マイルス・デイヴィスの《So What》をB.G.M.にブログを書いています。
いわずとしれたマイルスの代表作でもあり、ジャズといったら《So What》を思い浮かべる方々も多いのではないかと思います。
曲名は分からないけど、聴いたことがあるという方もいると思いますよ。
僕も良く聴いています。

チェット・ベイカー《Autumn Leaves》

トランぺッター、チェット・ベイカーの《Autumn Leaves》をB.G.M.にブログを書いています。
サックス奏者ポール・デズモンドやベーシスト、ロン・カーターとの共演ですが、とても爽やかな演奏です。
そして、かっこいい。
チェットのいつもの物悲し気な演奏ではなく、清々しさを感じます。

チェット・ベイカー《Almost blue》

トランぺッター、チェット・ベイカーの《Almost blue》をB.G.M.にブログを書いています。
ゆったりしたジャズが聴きたかったので、選曲しましたが、いいですね。
昨日(2/25)は少し陽気なチェットの一面がみられる《Autumn Leaves》を紹介しましたが、物悲し気な演奏だとチェットの右に出る者はいないですね。

ニューヨーク・トリオ『Blues In The Night』

ピアニスト、ビル・チャーラップ率いるニューヨーク・トリオのアルバム『Blues In The Night』を聴いています。
バラードを中心に気持ちのいいセッションが続きます。
落ち着きがあっていいですね。

プラチナ・ジャズ《The Galaxy Express 999 (from Galaxy Express 999)》

日本を代表するサザエさん一家の相続について、フィクションをお送りしましたので、アニメつながりで、ジャズを紹介したいと思います。
日本のアニメ・ソングをジャズ・アレンジしてカッコよく演奏するプラチナ・ジャズの《The Galaxy Express 999 (from Galaxy Express 999)》を紹介します。
僕の世代では絶大な人気を誇った「銀河鉄道999」の映画版のエンディング曲ですね。
999はジャズになっても最高です!

相続セミナー・説明会情報

自主開催セミナー

わかりやすい終活、相続と遺言書のはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会

開催日時:令和3年3月24日(水) 午前10時から11時20分
開催場所:沖縄県教職員共済会館「八汐荘」(那覇市松尾1-6-1)

新型コロナウイルス感染拡大予防のため完全予約制となっております。
また、感染拡大防止のため中止することもありますので、ご承知おきください。

ラジオ番組パーソナリティ

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。

Pocket

The following two tabs change content below.

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 1971年9月生。国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、2015年10月より現職。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。エクスマ学院1期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 2016年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください