なぜ、相続人は争うのか?家族関係を狂わす相続。

Pocket

JAZZ好きの行政書士城間恒浩(@jazzyshiroma)です。 僕は沖縄県那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は100件以上、相続相談は300件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを肌で感じ「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて実感しています。
このブログでは、実務を通じて感じる相続や遺言の話を中心に書いています。
また、たまに相続や遺言以外のことを書いています。

【新型コロナウイルス関係】

新型コロナウイルスに関する情報が多く出回っていますが、情報を集める際に参考にしていただきたいサイトをまとめましたので、参考にされてください。
個人向けの定額給付金、事業者向けの持続化給付金、融資や納税の猶予などの情報をまとめています。
参考にされてください。

相続は家族の関係を狂わせる

僕の相続セミナーではこれまでにご相談を受けた事例やお手続きをお手伝いさせていただいた事例を脚色を加えて、個人が特定しないようにお話をさせていただいています。

そのほうがご参加者にも伝わるからです。
実際、事例をあげてお話しするとご参加者も納得されることが多い。

相続争いの原因の事例の一つとして「相続において、家族は仲がいいというのは幻想だと思ってください」ということをお話しています。

これは相続が世の中の2大争いである人間関係とお金の問題が一緒にやってくるからだ思います。

相続争いの原因 沖縄の相続事情

相続では時として大きな遺産が相続人に渡ることがあります。
そんな時に経済的に恵まれない人や強欲な人の心が動き出します。

もらうべきものはもらい、場合によってはそれ以上に相続したい。

そんな気持ちが芽生えてしまうのも相続なのです。

僕のところに遺言書を作成したいと来られた方は、父親の相続の際に遺産分割協議がまとまらず裁判にまで発展してしまったそうです。

当初は兄弟で均等に遺産分割することでまとまりかけていましたが、ある日、お兄さんの態度が豹変したそうです。
「全ての財産は長男である私が相続する。」
そう言い放った長男の裏には奥様の存在があったそうです。
「あなたは長男なのだから全ての遺産を相続してきなさい。」
長男は奥様から、そういわれたようです。

これまで中の良かった兄弟の関係に亀裂が入り、裁判にいたるのでした。
裁判までした家族のその後の関係は元にもどることもありません。

お客様は、今は長男の家にも行けなくなり、亡くなったご両親のお仏前で手を合わせることもできないのです。

相続は時として、家族の関係を壊してしまうことがあります。
こういった話は枚挙に暇がありません。
珍しい話ではないのです。

家庭裁判所で扱われる遺産分割事件は1万3千件(平成30年度)を超えていることからもわかると思います。

遺産分割事件件数推移グラフ(平成21年度から30年度)

遺産分割事件件数推移グラフ(平成21年度から30年度)

「相続においては、家族が仲がいいは幻想だと思ってください。」
寂しいことですが現実に起きていることです。
僕の言葉の真意が伝わると言いのですが・・・

相続人は様々な事情を抱えています。
過去のご相談や受任した案件からわかってきたことをまとめたブログが参考になると思います。

 

自分の遺した財産で家族が争わないように、しっかり準備をしてください。
相続問題や争いの予防策の一つは遺言書を書くことです。

今日のJAZZ

サックス奏者キャノンボール・アダレイの《Autumn Leaves》を聴いています。
キャノンボール・アダレイがブルーノート・レコードから出したアルバム『Somethin’ Else』に収録されています。
ただこのアルバムにはエピソードがあり、トランぺッター、マイルス・デイヴィスがブルーノート・レコードの創業者アルフレッド・ライオンに恩義を感じていて制作したアルバムでしたが、契約の関係でマイルスのリーダー作としては発売できないことからキャノンボール・アダレイをリーダーとして制作したそうです。
しかし、マイルスは「あれ(『Somethin’ Else』)は、キャノンボールの作品だ。」と律儀に語っていたそうです。
マイルスのアルフレッド・ライオンへの恩義とキャノンボールへの感謝の気持ちがわかるエピソードです。
僕もマイルスの想いを尊重し、キャノンボール・アダレイの作品として紹介させていただきます。

相続セミナー・説明会情報

自主開催セミナー

より良い人生を送るための終活と相続 ~幸せな相続の準備~ 説明会」(仮称)

開催年月日:令和2年6月29日(月) 午前中
開催場所:沖縄県教職員共済会館「八汐荘」

※少人数制で時間を短縮して開催したいと思いますが、詳細が決まりましたら告知します。

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
スマホのアプリでも聴けます。ダウンロードはこちらをクリックしてください。
「行政書士がラジオ番組?」と不思議に思ったらこちらをクリックすると理由が分かります。

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、平成27年10月より現職。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください