うるう年が4年に一度夏季オリンピックの年に必ずあるというのは間違いのようです。

Pocket

こんにちは!JAZZ好きの行政書士城間恒浩です。
沖縄県の県庁所在地である那覇市松尾で遺言相続専門の行政書士として、遺言書や遺産分割協議書の作成のお手伝い、相続や終活のご相談を承っております。
これまで関係した遺言書・遺産分割協議書・贈与契約書等の作成は100件以上、相続相談は300件以上となっており、相続や遺言のことでお困りの方がいることを肌で感じ、「相続は準備させすれば、ご本人もご家族も幸せになれる」ことを実務を通じて実感しています。

この世の中で絶対といえることは人は亡くなるということ

懐中時計

懐中時計

今朝、中学1年生の次男坊が「うるう年の雑学」について教えてくれました。
うるう年とは少しずつ誤差の出る時間を4年に1度調整する日を一日設けることです。

しかし、うるう年は、4年に1度必ずあるわけではないのを知ってましたか?
僕は知りませんでした。
4年に1度必ずあって、夏季オリンピックのある年はうるう年であると覚えていました。

次男坊によると、うるう年は次の条件で設定されるそうです。

(うるう年の条件)
1.西暦が4で割れる年はうるう年(原則)→例えば2020年
2.西暦が100で割れる年はうるう年ではない(例外)→例えば2100年
3.西暦が400で割れる年はうるう年(例外の例外)→例えば2000年

今年はうるう年ですが、20年前の2000年は例外の例外でうるう年であったんですね。
ですから、4年に1度必ずうるう年になるわけではありません。

僕は1971年生まれですが、もし男性の平均年齢80歳まで生きるとすれば2051年までこの世にいると思います。
そうすると、うるう年は1972年を一回目として・・・19回経験できる予定です。

東京オリンピック2020

東京オリンピック2020

 

なんにせよ、うるう年は4年に一度、必ずやってくるわけではないのです。
「うるう年は夏季オリンピックの年にあって、4年に一度必ずやってくる。」という人がいたら2つの意味で間違っています。

4年に一度必ずやってくるわけではないし、この先夏季オリンピックが必ず4年に一度あるとも限らない、ということです。

うるう年に限らず、必ずとか絶対という言葉を使うのは慎重にならないといけないですね。

この世の中で、絶対と言えるのは「人は生まれてきたら亡くなる」ということです。
これ以外には世の中はとらえ方や時の流れによって絶対とはならず、変わってくるでしょう。

代表的なのが結婚した時に「必ずあなたを幸せにします」という人は多いけど3組に1組は離婚しています。
幸せになれないこともあるのです。

僕の仕事は人の死にまつわる相続です。
必ず、絶対にやってくる自分の死に備えて、家族が自分の遺した財産で困ったり、争ったりしないように、しっかり準備をしてもらいたいと思います。

円満かつ円滑な相続を実現するには「遺言書」が有効な手段です。
ただ、遺言書があったら「絶対に争わない」とか「必ずいい相続になる」とは言いませんし、言えませんが、遺言書があるのとないのとでは、大きく違ってくることは、僕は多くのご相談事例から実感しています。

遺言書を書いて、円満かつ円滑な相続を実現するための幸せな相続の準備をしましょう。

円満かつ円滑な幸せな相続の準備 遺言書

円満かつ円滑な幸せな相続の準備 遺言書

 

今日のJAZZ

穏やかなジャズを聴きたいと思い選曲したのが、ピアニスト、ビル・エヴァンスの《Waltz for Debby》です。
美しい演奏といったらこの曲だと思います。
僕が勧めるまでもなく、多くの方が知っている演奏だとは思いますが、まずは、聴いて欲しい。

相続セミナー・説明会情報

自主開催セミナー

より良い人生を送るための終活と相続 ~幸せな相続の準備~ 説明会

【開催概要】
◇開催年月日:令和2年3月26日(木)
◇時間:10:00~11:45
◇定員:先着12名
◇参加費:2,000円(税込)/名
※当日、会場にてお支払いください
※新型コロナウイルスの感染対策に応じ中止とする場合があります

【申込方法】
◇電 話098-861-3953
◇メールお問合せフォーム
題名に「3/27セミナー参加申込」と入力お願いします。
本文にはご参加者人数、お名前と連絡先(電話番号)のご記載をお願いします。

【会 場】
沖縄県教職員共済会館「八汐荘」3階小会議室
那覇市松尾1-6-1
駐車場有(説明会参加者無料)

詳細はここをクリックしてください。

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市、カーラジオなら北は読谷村、沖縄市、南は豊見城市、与那原町まで聴けます。
スマホのアプリならFMレキオのサイトでアプリをダウンロードすると日本全国、世界中で聴けますよ。
JAZZのリクエストや遺言・相続に関する相談はこちらへどうぞ!

 

 

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、平成27年10月より現職。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください