相続が争いとなるのは世の中の二大トラブル「お金」と「人間関係」が絡んでくるから。

Pocket

昨日は大阪からゲストお二人をお迎えして、ラジオ番組「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)の収録でした。
大阪府堺市でダイエット・健康・美容相談のできるハッピー薬店を営む有限会社ええねんプランニング代表取締役の橋本亨さんとスタッフで奥様の順子さんご夫妻をお招きして、お話を聞いております。
橋本亨さんは僕が学ぶ藤村正宏先生の提唱するエクスペリエンス・マーケティング(エクスマ)の大先輩で、エクスマ塾の1期生。
僕が67期ですが、薬店を営みながら心理カウンセラーもされていて、起業家支援もされています。
橋本亨さんのニックネームは「ハッピー」で、僕もそう呼ばせてもらっています。
趣味も多彩で人生を楽しまれていて、見えない世界の力も信じ、宇宙の法則も感じている方です。
スピリッチュアルな側面も持ちながら、ビジネスにおける販促はアナログもブログやSNSもとことん取り組んでおられて実績を上げていらっしゃいます。
何事をするにも楽しむことを忘れず、ビジネスもプライベートもやり方よりも在り方をまずは大事にされている方で、僕も学ぶことが多い。
僕もビジネスやプライベートでは、最終的に「心の在り方」が大事になると思っていますから。
ハッピーのブログはこちらをクリック
また、奥様の順子さんは薬店の中心的スタッフとして社長不在が多い中を切り盛りされていますが、猫が好きで現在31匹飼っておられて、ほとんどが保護された猫だそうです。
順子さんのInstagramは猫に埋め尽くされていて、とても人気がありますよ。
放送は来週11月20日(水)午後9からの放送ですが、スマホのアプリ(FMレキオのサイト)なら全国で聴けますので、お楽しみに!
沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

手前左が橋本亨さん、右が橋本順子さん。奥が僕です。

相続がなぜ揉めるのか?

相続は問題が起きたり、争いに発展することも多々あります。
それは相続が世の中の二大トラブルの「お金」と「人間関係」が絡んでくるからだと思っています。

世の中、お金と人間関係のトラブルが起きていますが、相続はその二つの出来事が一緒に目の前に出てきてしまうのです。
実際に、僕の所にご相談に来られる方の心情は悲喜こもごもで、大きな悩み、悲しみ、怒りを感じている方も多い。

お金の問題は人の欲から出るものですから、僕は自然の感情ですから致し方ないと思います。
相続における人間関係は家族が相手になってきますが、家族だからこそ生まれてくる感情があるのではないでしょうか。

子供のころから一緒に暮らしてきた家族でもそれぞれの価値観があります。
ましてや成長するにつれて考え方も変わるし価値観も変わってくるでしょう。
結婚して自分の家庭を持つようになれば、家族を守るためであったりパートナーや子供との関係で、肉親との関係性も変わってくるはずです。

そんな中で、家族の誰かが亡くなり相続が発生して、遺産の分割の仕方などを話し合うのであれば、財産は多ければ多いと考えるでしょうし、家族へ抱えていた感情が爆発してしまうときかもしれません。

「あなたは子供の時から強欲だった」
「あなかた親のことなど気にかけていなかったのに相続が始まったとたんにお金のことばかり言うのか」
「あなたは相続すべきでない」
など家族だからこそ、生まれてくるもしくは潜在的にあった感情が爆発してしまうのです。

僕の所にご相談に来られる方も涙ながらにその気持ちを訴える方はいますが、ご相談者以外のご家族も同じような気持ちをもっているのかもしれません。

自分の遺した財産でご家族が争うことを望む人はいないと思います。
ただ、準備不足で家族を争いに導いてしまっている人もいるのです。
そんな状況は財産を遺す人も、相続する人も望んでいないでしょう。
だとすれば、しっかりと相続の準備をすべきです。

その準備とは遺言書を書くことです。
遺言書は遺言者が自分の財産をどのように遺したいか、なぜそのようにしたのか、家族にどうあって欲しいのかを法的拘束力のある書面として遺せます。

遺言書を作成し、ご家族を相続問題や争いから守ってください。
日々、ご相談を受けている遺言相続専門行政書士としてご相談を受けている僕からのお願いです。

今日のJAZZ

ヴォーカルの入るジャズが好きだという方も多いので、今日は女性ヴォーカリスト、ヘレン・メリルがトランぺッター、クリフォード・ブラウンと共演したジャズのスタンダードナンバー《You’d Be So Nice To Come Home To》(帰っていきたい素敵なあなた)を紹介します。
ヘレン・メリルのハスキーな声とクリフォード・ブラウンのさわやかな音色がいいですね。
You’d Be So Nice To Come Home To》の邦題をジャズが好きだったタレントの大橋巨泉さんが「帰ってくれたらうれしいわ」と邦題訳したそうですが、後に巨泉さん自身が誤訳だった、と言っていたそうです。
「帰っていきたい素敵なあなた」がマッチする感じですね。
英語は不得意ですが・・・

相続セミナー・説明会情報

自主開催セミナー

より良い人生を送るための終活と相続~幸せな相続の準備~説明会
※セミナータイトルが決定しました(11/5)

【開催概要】
◇開催年月日:令和元年11月28日(木)
◇時間:10:00~11:45
◇定員:先着12名
◇参加費:2,000円(税込)/名
※当日、会場にてお支払いください

【申込方法】
◇電 話098-861-3953
◇メールお問合せフォーム
題名に「11/28セミナー参加申込」と入力お願いします。
本文にはご参加者人数、お名前と連絡先(電話番号)のご記載をお願いします。

【会 場】
沖縄県教職員共済会館「八汐荘」3階小会議室
那覇市松尾1-6-1
駐車場有(説明会参加者無料)

詳細はこちら

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市、カーラジオなら北は読谷村、沖縄市、南は豊見城市、与那原町まで聴けます。
スマホのアプリならFMレキオのサイトでアプリをダウンロードすると日本全国、世界中で聴けますよ。
JAZZのリクエストや遺言・相続に関する相談はこちらへどうぞ!

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です