今日、亡くなったお父さんが昨日再婚してた。相続はどうなるの?

こんにちは。沖縄県那覇市のJAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!
寒い日が続きますね。
今朝は思わず湯船にお湯をためて入浴剤を入れて体を温めました。
朝風呂も気持ちがしゃきっとしていいもんですね。

親の恋愛・再婚

今朝、TVを見ていたらNHKのあさイチという番組で「親が心配 ~親の恋愛・再婚~」というテーマで、シニア世代の恋愛と再婚の話をしていました。

これは、相続が絡んでくるな~と思ってみていたのですが、やはりお金の話、相続の話もたくさんありました。

シニア世代の婚活が盛況のようで、そういったビジネスも盛り上がっているようですね。
でも、いろいろな問題があるようです。

長年連れ添ったパートナーとの死別または離婚などで、恋愛そして再婚するのは、人の感情が絡んでいることですから自然の事でしょう。
年齢は関係なく恋愛感情や再婚したいという気持ちがあるのは、当然ですよね。

特に男性は、寂しさを感じるようですね。
女性は、前の結婚で、コリゴリだという方もいて、死別や離婚後に再婚することは男性に比べれば少ないようですが、30年ほど前に比べるとかなり増えているようです。

人は、寂しい気持ちを抱えて生きていますから、誰かと一緒にいたいということはとても良くわかります。

親の恋愛や再婚についての子供たちの気持ち

しかし、当人たちの気持ちをよそに、その子供たちは複雑な気持ちを抱えていることもわかりました。

例えば、奥さんが病気で死別した旦那さんは、そのことで憔悴しきっていて、妻がいない人生を嘆いていたのに、そんなに時間がたたないうちに、恋人ができて、その人と妻と長年暮らした家で同棲を始め、そして結婚した、というようなことをお子さんとしては、複雑な感情でみていることがあるようです。

子供からすると、「お母さんが亡くなったばかりで、新し奥さんを見つけるなんて、どうかしてる」と考えてしまうようですね。

もちろん、親のその後の人生のことを考えたら、新しいパートナーと連れ添うことは祝福されることであり、子供としても安心できる場合もあるかもしれないですから、親の恋愛や再婚は一概に悪いことではないでしょう。

しかし、いろいろなことが起きるようです。
恋愛することで身の丈以上のお金を使うようになり子供にお金の無心をするようになったり、再婚相手の介護で苦労したり、再婚相手は相続による相手のお金が目当てだと攻められたり、といりろなことが起きるのも事実のようです。

親の再婚相手と子供たちがうまくいかないケースも多々あるようです。

親の再婚後の相続

僕は相続が専門なので、相続のことを考えてみましょう。
ご年配の親が再婚すると、相続が発生した時には、再婚相手である配偶者は相続人となります。
もし、前の奥さんとの間に子供が2名いたとすると、相続人は再婚相手の妻と前妻の子2名の合計3名が相続人となります。
法定相続分は配偶者(再婚相手)が2分の1、子供2名で2分の1となります。

婚姻期間は関係ありません。
極端なことを言うと再婚の婚姻届けを出して、その帰りに交通事故で亡くなったとしても、その再婚相手の配偶者は相続人となります。

婚姻期間がたとえ1年、1か月、1日、1時間だとしても配偶者は相続人となるのです。

再婚の事実を子供たちに伝えていないと、子供たちも親が再婚してたなんてこと知らないからびっくりするでしょうし、起きてしまった交通事故のことも怪しむかもしれない。
相続財産目当ての婚姻か!

2014年に亡くなった俳優の宇津井健さんは、亡くなる5時間前に長年内縁関係を続けていた女性と婚姻したことで話題となりました。
しかし、宇津井さんの相続の件で、その女性と宇津井さんの長男が争っていると聞きます。

年を取ってからの再婚は相続においては、いろいろな騒動を呼び起こしてしまうかもしれませんね。

再婚する時に相続を始めとして考えること

恋愛し、結婚することは、誰にも認められるものです。
ただ、年に関係なく、周りの人が心配するのも恋愛や結婚です。

子供の恋愛、若い人の恋愛、若い二人の結婚、中年になってからの恋愛、中年同士の結婚、年の差のある恋愛、年の差のある結婚などさまざまですが、祝福されると同時に、心配されたりしますね。

人間って、心配されるし、心配したいのでしょうね。

ただ、再婚するときにはやはりいろいろ考えたほうがいい。
相続とか、お金の問題とかを考える以前に、年配の親が再婚する場合には、家族とコミュニケーションをとって皆が心配する事項を解消しておくことが、安心につながると思うからです。
子供が老後の親の介護や看病のことを考えているのであれば、少なからず老後の資金は親自身が蓄えておいたほうがいい。
でも、その老後の資金を若い恋人ができたお父さんが散在する姿を見ていたら子供も心配になります。

また、先祖代々続いた土地や屋敷が親の死後にどうなるのか?子供たちや親戚も心配になるかもしれない。
何も対策を打たなければ、付き合いの短い再婚相手に財産がわたることもあり、家族が心配するのも仕方ないかもしれません。

「自分の作った財産だから、どうしようが勝手だ!」というのは正論です。
でも、再婚した後には、相続のことを考えていなければ、再婚相手と家族の間のしこりが生まれるかもしれない。

残りの人生を考えて、助け合えるパートナーが見つかるのは素敵なことです。

その方との人生を謳歌できるように、再婚するときには、自分の気持ちを家族に伝え、自分がもしもの時の財産の分与方法を遺言書で示すことは大事なことかもしれません。

ご家族もそうです。
親御さんの気持ちを理解することをまずは考え、老後のこと、看護、介護や相続のことをどう考えているのかということを話し合えるように、日ごろからコミュニケーションをとっておいてもらいたいですね。

僕の母親も父に先立たれて7年ほどたちますが、「再婚とか考えないの?」と聞いてみると、「結婚はもうこりごり。お父さんだけで十分。」との答えが・・・

僕は親の再婚の心配はしなくてもいいようです(笑)

亡くなった祖母と祖父。祖父は60歳の若さで亡くなりました。祖母は90代半ばで亡くなるまで、一人で暮らしてました。

今日のJAZZ

天才ピアニストBud Powell(バド・パウエル)の代表的なアルバム「jazz giant」から「I’ll Keep Loving You」。
「モダン・ジャズの祖」と言われたビ・バップ時代を代表するピアニスト。アルコールや麻薬にで早死にしてしまいますが、その類稀な感性で奏でる音色は多くのひとを魅了しました。
高速の演奏で、うなり声を上げながら演奏するのもパウエルの特徴です。
素晴らしい演奏をするジャズメンたちはなぜか早死にでした。

【セミナー情報】 当事務所主催 詳しくは(ここ)をクリック。

「わかりやすい争わなくてすむ相続のはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会」 参加無料
相続は準備さえすれば、皆が幸せになります。相続が円満かつ円滑に済むように準備をするためには、「遺言書」を書くことです。相続専門の行政書士が、相続の基本、相続が争いとなるケース、相続争いを回避する方法、遺言書の書き方などを解説します。
《日時》平成29年2月28日(火) 14:00~15:30
《会場》
cafe kairos(沖縄市比屋根7-9-12) 駐車場有
《定員》先着15名
《申込方法》
・携帯電話 080-1087-7965
・電  話 098-861-3953
・FAX   098-862-8641
・メール  お問合せフォーム ※題名に2/28のセミナー申込とお書きください
《参加費》無料 ※会場がカフェのためドリンク(300円)の注文をお願いします。
《参加特典》30分個別無料相談

【外部講演】一般参加可能

1.パナソニックリビング九州株式会社主催 「住まいのなんでも相談会」 参加無料
(1)「60分でわかる相続の基本的なはなし~幸せの相続の準備~」セミナー
①2月18日(土)13:30~14:30 ②19日(日)15:00~16:00
(2)相続個別相談会(要予約)
①2月18日(土)14:30~17:00 ②19日(日)13:00~17:00
会場:パナソニックリビング ショールーム沖縄(浦添市牧港5-4-3)
お問合せ先:098-878-6363
詳しくは(ここ)をクリック。

2.株式会社ゆうちょ銀行主催 2月22日(水) 10:30~11:30 参加無料
「60分でわかるやさしい相続のはなし ~幸せな相続の準備~」セミナー
会場:パレット久茂地 9階 ゆうちょ銀行会議室

3.株式会社なんせ典礼主催 2月25日(土) 10:00~12:00 参加無料
「わかりにくい葬儀と相続のことが2時間でわかる」セミナー
会場:タイムスビル 5階 会議室(1・2)
お問合せ先:0120-103-006
詳しくは(ここ)をクリック。

【ジャジーのJAZZツアー開催中】
僕の通うJAZZクラブParker’s Mood Jazz Clubに行ってみたい人はお気軽にお電話ください。最高にカッコいい、至福の時間をご案内します♪
ジャジーのJAZZツアーの詳細はこちら

「Parker’s Mood Jazz Club」
那覇市久茂地3-9-11アーバンビル5F

【ラジオ番組パーソナリティ】
「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」
FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日 21:00から21:50
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市まで、
インターネット経由のサイマルラジオなら全国で視聴可能!
僕がラジオパーソナリティをしている理由はこちら
大好きなJAZZや遺言・相続のことを中心におしゃべりしてます^^
聴きたいJAZZがあったらリクエストください!
遺言・相続に関する疑問がありましたらお気軽にご質問ください!

【コンタクト】
〒900-0014 沖縄県那覇市松尾1丁目15番7号 2階
携帯電話 080-1087-7965
電  話 098-861-3953
FAX   098-862-8641
メール  お問合せフォーム


The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
遺言・相続関係専門の行政書士。沖縄在住1971年9月12日生の45歳。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。
トップへ戻る