人生の終わりをお店の閉店に例えられる老紳士の気持ちに少しは答えられたようです。

Pocket

先日、那覇市松尾の自宅兼事務所近くで、大きな機材を背負った人が歩いているのを見かけました。
以前にも見かけた方で、すぐに気付いたのですがGoogleマップの機能の一つストリートビューの画像撮影をしている方です。
Googleの車はちょこちょこ見かけますが、人がカメラを背負って歩いているのはあまり見ないかもしれませんね。
暑い中、重そうな機材を背負って歩く方は大変そうですが、Googleマップのストリートビューの機能はとても助かっているので、ありがたい限りですね。
ただ足元をみるとサンダルを履いてました。
サンダルはは歩きにくいし、腰に良くないので、運動靴がいいのではないかと思いました(笑)
沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

Googleマップ画像撮影

とある老紳士の人生の終盤を迎えるにあたって家族への愛を感じた

相続セミナーの一コマ

「老いへの店じまいを如何になすべきか?」

僕がこの仕事を始めて、相続セミナーを毎月開催していますが、最初のころのセミナーにご参加いただいた、80歳代の老紳士がアンケートに書いてくださっていた言葉です。
セミナーの後に、その方の個別相談を受けることになり、1時間ほどお話させていただいたんですね。

お話を聞いていて、少し涙が出てきました。

こちらの老紳士は、ご近所さんで、何年か前までとある小売店を営んでいらっしゃった方です。

僕も子供のころ、そのお店にお遣いに行っていたことを思い出し、その方の若かりしころの姿も何となく思い出して、懐かしくお話を聞いていたんですね。

その方が、30数年営業していた自分のお店を閉めたときは、それなりの苦労があったそうなんです。

自営業をされていた方らしく、自分の人生が終盤に来ていることを自覚しており、冒頭の言葉で現状を表現されたんですね。

その方は、当時87歳。
ご自身で、「私の人生は、あと2~3年かな~だから、相続の準備をしたいんだよ。」と話されていたんです。
(あれから3年以上たちまずが、今もお元気で、たまにお電話いただいています。)

詳しくは掛けませんが、「何も動かなくて困っている。」というのがご相談の趣旨でした。

自分が元気なうちに、家族に迷惑がかからないように、どうにかしたいと言う気持ちが伝わってきまして、思わずぐっとくるものがありましたね。

87歳のご老人が、家族のことを思い、気温30度を超える暑い中、僕のセミナーにご参加してくれたんです。
現状をどうにかしたいと、思いのたけを僕に話してくれたんですからね。

ご家族への強い愛を感じました。
「その愛は海よりも深く」感じられたんです。

身近な頼れる相談相手が僕なんだ!

ご相談を受けて、僕ができることをお話させていただきました。
すぐに解決できる提案ではなかったかもしれないのですが、こちらが恐縮するくらい、とても感謝されてました。

どうしたらいいかわからない中で、近くに僕と言う相談相手がいたことに、安心されたのではないかと勝手に思ってます。

僕は、行政書士としてセミナーを何度か開催してますが、対象は僕の住んでいる地域にしています。
それは、僕が育った地域の皆さんに少しでもお役にたてたらと言う思うからです。

僕の相続セミナーにご参加してくださる方はご近所さんが多いですね。
僕の経験や知識が少しでもお役に立てるなら本望だな、と思うのです。

相続セミナーの一コマ

行政書士で良かった

僕の相続セミナーにご参加くださる皆さんは、何かしら相続に関して不安に思ったり、困っている方です。

特にご相談を受けた老紳士のように、自分の人生の終盤を自覚し、切実なご相談をされる方がいらっしゃるわけです。
僕の責任は大きいな・・・と改めて思った次第です。

覚悟して、この仕事を始めたつもりでしたが、その時は、もっと経験し、知識を積み上げ、地域の困っている皆さんの頼りになる人間になりたいと感じたのです。

最後に、その87歳の老紳士がおっしゃられた言葉に、また込み上げるのものがありました。

「あなたは、よく研究(勉強)してるね。素晴らしいことだよ。また、相談させてください。」

行政書士になってよかったと改めて思ったことを今でも覚えています。

【相続セミナー・説明会情報】

今月も相続セミナーを開催します。
難解な相続用語をできる限りわかりやすく、やさしい言葉で多くの事例をあげて解説します。
僕の相続セミナーはリピーターさんも多く、何度でも話を聞きたいとおっしゃってくださる方もいます。
難しい相続の話だからこそ、楽しく学んでもらいたいと思っています。
少人数での開催ですので、お気軽にご参加ください。

中学生でもわかるやさしい相続と遺言のはなし~幸せな相続の準備~説明会

【開催概要】
◇開催年月日:令和元年7月30日(火)
◇時間:10:00~11:45
◇定員:先着12名
◇参加費:2,000円(税込)/名
※当日、会場にてお支払いください

【申込方法】
◇電 話098-861-3953
◇メールお問合せフォーム
題名に「7/30セミナー参加申込」と入力お願いします

【会 場】
沖縄県教職員共済会館「八汐荘」3階小会議室
那覇市松尾1-6-1
駐車場有(説明会参加者無料)

詳細はここをクリック。

今日のJAZZ

Youtubeでたまたま見つけたジャズを聴いてみる。
タイトルであったり、サムネイルであったり、ミュージシャンの名前でに惹かれてインスピレーションで聴いてみるだけです。
いい曲に巡り合うこともあります。
今日は曲のタイトルに惹かれて聴いてみた。
サックス奏者スコット・ハミルトンの《Good Morning Heartache》。
ハミルトンの名前は知っていたけど、どんな演奏をするか知らなかった。
この曲を聴いて、もっと早くにハミルトンを聴くべきだったと思いましたね。
ゆったりとした、おおらかなサックスの音色は心地よい。
昨晩も午前様で、今朝、目を覚ました僕には《Good Morning Heartache》の心境です。

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市、カーラジオなら北は読谷村、沖縄市、南は豊見城市、与那原町まで聴けます。
スマホのアプリならFMレキオのサイトでアプリをダウンロードすると日本全国、世界中で聴けますよ。
JAZZのリクエストや遺言・相続に関する相談はこちらへどうぞ!

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です