【梅雨時に聴きたいジャズ6選】梅雨時は室内にこもりがち?そんな時に聴きたいジャズ。

Pocket

沖縄県那覇市は今朝は大雨が降っていて、通勤時間は大混雑だったのではないでしょうか。
梅雨らしくなってきました。
しかし、蒸し暑くて不快です。
こんにちは!沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

室内にこもりがちな梅雨時に聴きたいジャズ

沖縄は本土に比べると梅雨に入るのが早い。
今年は平年より7日遅く5月16日に梅雨入り。
じめじめと蒸し暑い不快な日が続く嫌な時期ですね。
梅雨明けは6月下旬ころ。
長いな・・・

ポートレイト・イン・ジャズ Kind of Blue ジントニック

雨が降ると外に出たくなりますね。
室内で、読書、映画鑑賞、パソコン、SNS、昼寝などすることも増えるのではないでしょうか。
外から雨音が聴こえてくる中で、ジャズを聴きながら読者などするのもいいもんですよ。

僕もクーラーで涼しくなった室内で、ジャズを聴きながらコーヒーまたはジントニックを片手に読書するのが好きです。
いやなシーズンも楽しみ方はありそうですね。

ちなみにミュージシャンの名前の後の《》内は曲名、『』内はアルバム名です。

チェット・ベイカー《Almost blue》

寂しさを感じる音楽も多々あると思いますが、ジャズだとトランペッター、チェット・ベイカーの演奏が頭に浮かびます。
最近はチェット・ベイカーの半生を描いた映画「ブルーに生まれついて」が放映され、チェットの愛と孤独が痛いほど伝わってきました。
チェットの人生は本当にブルーだったんですね。
今日(5/14)はチェットがトランペットを吹き、歌う《Almost blue》を紹介します。
痛いくらい寂しさを感じます。

ソニー・クラーク『Cool Struttin’』

ジャズのLPやCDのジャケットはオシャレですよね。
ジャケ買が多いのもジャズの特徴かもしれません。
そして印象的なジャケットといえば僕が真っ先に思い浮かぶのが、ピアニスト、ソニー・クラークのアルバム『Cool Struttin’』です。
ひざ下のタイトスカートにヒールを履いた女性の脚がジャケットの中央に鎮座しており、まさにクールにすまして歩いている女性が足元だけで連想できます。
この足元だけ写っている女性は、アルバム制作に関わったスタッフの一人で、カメラマンが待ち合わせ中にたまたまとった一枚で、それがジャケットになったとか。
面白いですね。
もちろん、ジャケットだけではなくて収録されている演奏も素晴らしい。
2ホーンのクインテットの織り成す軽快な演奏が心地よく、ジャズ初心者にも聴きやすいんじゃないかな。

クリフォード・ブラウン&マックス・ローチ『Clifford Brown & Max Roach』

ジャズメンは早くに亡くなる人物も多かった。
トランペッターのブラウニーことクリフォード・ブラウンも25歳の時に交通事故で亡くなりました。
若いブラウニーのトランペットは洗練され完成された演奏だったと、多くの人が認めていたようだ。
また、人間性も素晴らしく、誰にも好かれる人物であった。
ブラウニーが亡くなった時には多くのミュージシャンが悲しんだ。
今日(5/16)はブラウニーとドラマー、マックス・ローチが双頭クインテットとして作成したアルバム『Clifford Brown & Max Roach』を紹介します。
ブラウニーのトランペットを心行くまで堪能できると思います。

ベニー・ゴルソン&アート・ファーマー《I Remember Clifford》

昨日(5/16)のJAZZではトランペッター、ブラウニーことクリフォード・ブラウンの曲を紹介しました。
クリフォード・ブラウンは、素晴らしい人柄から多くのミュージシャンに慕われていたようです。
サックス奏者ベニー・ゴルソンはブラウニーの死に深く悲しみ、その死を悼み《I Remember Clifford》を作曲します。
ブラウニーの鎮魂歌として多くのジャズメンが演奏するとともに、ジャズのスタンダードとなっています。
今日(5/17)はベニー・ゴルソンとトランペッター、アート・ファーマーなどのJAZZTETによる《I Remember Clifford》を紹介します。

ケニー・バレル『Midnight Blue』

数年前、誰かにケニー・バレルはいいよね、と言われたことがあった。
でも、僕はギタリストのケニー・バレルを知りませんでした。
早速、Youtubeで動画を探してみるとでてきたのがバレルの代表作の一つ『Midnight Blue』。
ブルージーな演奏を聴くならバレルがいいと知ったときかもしれません。
土曜日の夜、聴くのにとてもいい。

ジョン・コルトレーン《My Favorite Things》

ジャズが好きで意識して聴くようになったのが、15年位前からかな。
心地よくて、カッコイイ。
それが僕のジャズに持つ印象でした。
今はジャズの歴史を少なからず学び、個性的なジャズメンの物語をしると面白さもあるし、奥深さを感じます。
好きなことは知りたくなりますね。
僕の好きなことは、ジャズ鑑賞、読書、コーヒー、ジントニック、ドライブなどなど。
全部、ジャズと絡めてすることができます。
まさに「僕の好きなもの」です
今日(5/19)はサックス奏者ジョン・コルトレーンのソプラノ・サックスの名演《My Favorite Things》を紹介しましょう。

【相続セミナー・説明会情報】

争わなくてすむ相続を遺言書で実現する ~幸せな相続の準備~ 説明会」

【開催概要】
◇開催年月日:令和元年5月29日(水)
◇時間:10:00~11:45
◇定員:先着12名
◇参加費:2,000円(税込)/名
※当日、会場にてお支払いください

【申込方法】
◇電 話098-861-3953
◇メールお問合せフォーム
題名に「5/29セミナー参加申込」と入力お願いします

【会 場】
沖縄県教職員共済会館「八汐荘」3階小会議室
那覇市松尾1-6-1
駐車場有(説明会参加者無料)

詳細はここをクリック

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市、カーラジオなら北は読谷村、沖縄市、南は豊見城市、与那原町まで聴けます。
スマホのアプリならFMレキオのサイトでアプリをダウンロードすると日本全国、世界中で聴けますよ。
JAZZのリクエストや遺言・相続に関する相談はこちらへどうぞ!

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です