重要な契約は必ず契約書にしましょう。贈与契約もそうです。

Pocket

今日は健康に関する講演会を聞いてきましたが、自然治癒能力を高めるためにも抗酸化力のある食べ物を口にしないといけないようですね。
人の体は食べ物でできてるわけですから、いいものを食べたほうがいい。
冷凍食品、揚げ物、スナック菓子やファストフードなんていうのは身体への負担が大きいことが改めてわかりました。
完全に辞めることはできないでしょうが、年も年なので体には気を付けていきたいと思います。
こんばんは!沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

契約は口約束でも成立しますが書面にしたほうがいいですね

皆さんは日々契約をされていると思います。
スーパー、コンビニ、商店や衣料品店などでの買い物。
レストラン、食堂やカフェでの食事。
などなど、日常には多くの契約があります。

しかし、日常的なことでは契約書を作成することはないでしょうが、商品・サービスが高額であったり、重要な契約であるならば契約書を交わすのが一般的でしょう。

自動車、家、保険契約などは契約書を作ったりするでしょうね。

今も交通事故の示談書の作成依頼が来ていますが、これも後々の補償問題などに影響がないようにするためにも大事な契約書です。

これまで、債務承認弁済契約書、消費貸借契約書、不動産の賃貸借契約書、経営委任契約、不動産の贈与契約、業務の請負契約や委任契約書などを作成してきましたが、どれも書面に落とすべき契約でした。

僕の仕事は遺言相続専門ですので、関連する業務として不動産の贈与契約を書面にすることもご依頼があります。
不動産は高価なものですし、所有権の移転登記にも必要な書類です。

贈与の対象が金銭や株式だったとしても後々、相続が発生した時に他の相続人に対し、被相続人が生前に贈与の意思があったことを証拠となる書類ですので、契約書を作るべきだと思います。

また、贈与契約は口約束でも成立しますが、履行の済んでいない部分については、撤回も可能です。
例えば、AさんがBさんに「100万円あげます。」と伝えBさんが「もらいます。」と約束すると贈与契約が成立しますが、お金を渡す前にAさんの気が変わり「やっぱりやめた」と言えば、贈与契約は取り消されます。

しかし、約束をした時点で、契約書を作成しているとAさんが後からやめたと言ってもBさんが履行を請求すればAさんは100万円をBさんにあげなくてはいけません。

贈与契約の際は、契約書を直ぐに作るといいかもしれませんね。
相手の気持ちが変わった時に対処できます。

今日は契約のお話でした。

参考書籍。契約書の作成書式集。

今日のJAZZ

どんな曲を紹介しようかと考えると、真っ先に名前が浮かぶのがトランペッターのマイルス・デイヴィス。
ジャズを聴き始めるようになり、マイルスの曲は色々聞いてます。
だから迷ったときにはマイルス!
今日はマイルスの《I Fall in Love Too Easily》を紹介します。
恋多き男だったマイルスの心情を歌った曲でしょうか。

【相続セミナー・説明会情報】

いまさら聞けない終活と相続と遺言のはなし~幸せな相続の準備~説明会」

【開催概要】
◇開催年月日:平成30年12月21日(金)
◇時間:10:00~11:45
◇定員:先着12名
◇参加費:2,000円(税込)/名
※当日、会場にてお支払いください

【申込方法】
◇電 話098-861-3953
◇メールお問合せフォーム
題名に「12/21セミナー参加申込」と入力お願いします

【会 場】
沖縄県教職員共済会館「八汐荘」3階小会議室
那覇市松尾1-6-1
駐車場有(説明会参加者無料)

詳細はこちらをクリックしてください。

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市、カーラジオなら北は読谷村、沖縄市、南は豊見城市、与那原町まで聴けます。
スマホのアプリならFMレキオのサイトでアプリをダウンロードすると聴けますよ。
JAZZのリクエストや遺言・相続に関する相談はこちらへどうぞ!

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です