【ジャズドラマー6選】ジャズ初心者の僕だからこそドラマーの横顔も含めていい演奏を紹介できたかな。

Pocket

こんにちは!沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!
もう12月10日となりました。
今年も残すところ3週間ほど。
平成最後の12月、クリスマス、大晦日、正月がやってきますよ。
僕は一年のうちで12月が一番好きな月で、大晦日が一番好きな月です。

リズムセクションの中心ジャズドラマーの横顔

月曜日はブログで紹介してきたジャズをまとめて記事にしています。
今週は、ジャズドラマーを紹介してきました。
正直、ちょっと辛かった。
ドラマーのことはあまり知らないから(笑)
でも、素晴らしいドラマーが沢山います。
その中から僕の知ってるドラマーの横顔を含めて紹介出来たんじゃないかなと思う。

しかし、まだまだジャズ初心者の僕の知識は書籍、ネットやYoutubeを通した情報でしかなく、薄っぺらい内容かもしれない。
でも、僕が知ってるくらいのドラマーですから、やっぱり素晴らしいミュージシャンばかりですよ。

今回紹介したジャズを聴く時にはドラマーの演奏に注目して聴いてみてくださいね。
案外、こんな聴き方が初心者には楽しいもんなんです。

ちなみにミュージシャンの後の《》内は曲名、『』内はレコード・アルバム名です。

アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ≪Moanin’

今週(12/4-9)はドラマーの紹介をしようかと思います。
ドラマーと言えばこの人ですね。
アート・ブレイキー。
アート・ブレイキーの名前がかっこよくてすぐに覚えました。
ブレイキーはもともとはピアノを弾いていたのですが、ハウスバンドのメンバーとしてピアノを弾いていた時にお店のオーナーがギャングで、ある日、銃を突き付けられ「お前の席は向こうだ。」とドラムセットを指されたそうです。
腕のいいピアニストが見つかったことからドラマーに転向したのですが、それがきっかけで名ドラマーそしてバンドリーダーとして活躍するようになったそうです。
人生って何がきっかけで変わるかわからないですね。
ちなみにブレイキーの後釜のピアニストはエロール・ガーナーです。
今日(12/4)はブレイキーがジャズ・メッセンジャーズを率いての代表作≪Moanin’≫を紹介します。
ちなみに≪Moanin’≫は朝の「モーニング」ではなく「モーニン」です。
黒人の悲哀からくる「うめき声」です。

マックス・ローチ『DRUMS UNLIMITED

今週(12/4-9)はドラマーの紹介を続けようと思いますが、二人目の紹介です。
ビ・バップ時代から活躍したマックス・ローチ。
チャーリー・パーカーやマイルス・デイヴィスなどと共演し、多くの作品にサイドマンとして参加しています。
歌うようなドラミングと評されるローチの演奏方法ですが、ドラマーのジャズにおける役割は様々です。
リズムセクションの一つですからフロントの邪魔にならないようなリズムを刻む事が多いようにも思いますが、僕はドラマーのソロのパートなどは迫力があって好きだな。
また、素人の僕としては楽器の中でもとても難しい演奏に思います。
両手両足を使って演奏するんですからね。
僕には到底出来そうにありません。
今日(12/5)はローチのアルバム『DRUMS UNLIMITED』を紹介します。
やっぱりフロントのホーンが目立つような感じがするけど、ローチのドラムに集中して聴いてみてください。
ローチの歌声が聴こえてきますよ。

ケニー・クラーク≪Bohemia After Dark

今週(12/4-9)はドラマーを紹介してますが3人目はケニー・クラークです。
ビ・バップが生まれるのに大きな役割を果たした一人ですが、ジャズメンが仕事の後に夜な夜な集まり新しいジャズに取り組んでいたのがニューヨークの「ミントンズ・プレイハウス」ですが、ケニー・クラークはそこのハウスドラマーだったんですね。
ビ・バップはソロの即興性が醍醐味である演奏でしたが、ケニー・クラークは中心的な役割を果たしたのです。
後にはMJQ(モダン・ジャズ・カルテット)の初代ドラマーとしても活躍します。
今日(12/6)はケニー・クラークの≪Bohemia After Dark≫を紹介します。

フィリー・ジョー・ジョーンズ《Cherokee

今週(12/4-9)はドラマーを紹介していますが、4人目です。
フィリー・ジョー・ジョーンズを紹介します。
ドラマーの先輩にジョー・ジョーンズというミュージシャンがいたので、出身地のフィラデルフィアにちなみ「フィリー」をつけてフィリー・ジョー・ジョーンズと名乗っていたそうですが、その腕前は偉大な先輩に劣らぬ腕前だったようです。
トランペッターのマイルス・デイヴィスが組んだ最初のレギュラーバンドのドラムスとして参加していたフィリー・ジョー・ジョーンズはマイルスの多くの名盤に参加しています。
今日(12/7)はフィリー・ジョー・ジョーンズの《Cherokee》を紹介します。
スピーディーで熱のこもった演奏ですが、フィリー・ジョー・ジョーンズのバンド全体を盛り上げる演奏に聞き耳を立ててください。

エルヴィン・ジョーンズ《Impressions

今週(12/4-9)はドラマーの紹介をしていますが、5人目ですね。
サックス奏者ジョン・コルトレーンの黄金のカルテットで活躍したエルヴィン・ジョーンズを紹介します。
史上最高のジャズドラマーとも称されるエルヴィン・ジョーンズですが、ドラム全体を使った複雑な演奏がとても独特です。
今日(12/8)はコルトレーンのカルテットによる《Impressions》を紹介していますが、10分過ぎからのコルトレーンとエルヴィン・ジョーンズの二人の掛け合いが熱を帯びてきて力が入ります。

トニー・ウィリアムス『Miles Smiles

今週(12/4-9)はドラマーの紹介を続けてきましたが、最後6人目です。
僅か17歳にしてマイルス・デイヴィスの黄金のクインテットのメンバーとして参加し、天才と言われたトニー・ウィリアムスを紹介します。
マイルスが最初にトニー・ウィリアムスの演奏を見た時には「大した奴だ」と最大限の賛辞を送っています。
マイルスのバンドで重要な役割を演じ、トニーのドラミングがマイルスのバンドにもたらす影響は大きかったようですね。
今日(12/9)はトニーも参加して制作されたマイルス・デイヴィスのアルバム『Miles Smiles』を紹介します。
もちろんトニーの演奏に注目して聴いてくださいね。

【相続セミナー・説明会情報】

いまさら聞けない終活と相続と遺言のはなし~幸せな相続の準備~説明会」

【開催概要】
◇開催年月日:平成30年12月21日(金)
◇時間:10:00~11:45
◇定員:先着12名
◇参加費:2,000円(税込)/名
※当日、会場にてお支払いください

【申込方法】
◇電 話098-861-3953
◇メールお問合せフォーム
題名に「12/21セミナー参加申込」と入力お願いします

【会 場】
沖縄県教職員共済会館「八汐荘」3階小会議室
那覇市松尾1-6-1
駐車場有(説明会参加者無料)

詳細はこちらをクリックしてください。

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市、カーラジオなら北は読谷村、沖縄市、南は豊見城市、与那原町まで聴けます。
スマホのアプリならFMレキオのサイトでアプリをダウンロードすると聴けますよ。
JAZZのリクエストや遺言・相続に関する相談はこちらへどうぞ!

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です