自分の生きた証「自分史」は家族や人生でかかわってくれた皆に感謝するものにもなるのかも。

Pocket

ゲストの榊田えみさん(右)と僕

今日は12月5日(水)午後9時から放送の僕のラジオ番組「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオ80.6Mhz)の収録でした。
ゲストにフリーアナウンサー・自分史制作ビープラスの終活カウンセラー榊田えみ(倉持恵美)さんにお越し頂きました!
アナウンサーを前にパーソナリティーをすると緊張していつも以上にカミカミでした(笑)
榊田さんとは先日開催された「終活フェア218おきなわ」で一緒にお仕事をさせて頂いたご縁です。
終活をテーマに遺言書の付言事項にも通じる「自分史マガジン・ムービー」のお話しを聞いてます。
収録中に僕も自分の父親の相続やお客様の遺言書の作成のことを思い出して、思わず泣いてしまいました・・・終活は人の人生や家族への想いに触れるんですよね。
もちろん、ジャズも流してまして、榊田さんのリクエストUS3(アススリー)の《CANTALOOP》やクリスマス・ジャズを選曲してます!
スマホのアプリ(FMレキオのサイト)でも聴けますので、是非とも聴いてください!
こんにちは!沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

終活とは前向きな活動です

団塊の世代(昭和22年から24年生まれ)の世代が約806万人いるとされています。
この世代の方は少子高齢化が進む日本で、自分の人生は最後まで自分で決めたいと思われる方も多いようで、終活が盛んになっている背景でもあるようです。

終活とは身の回りの生前の整理(断捨離)、介護、終末期医療、葬儀、お墓、相続や遺言のことなどを考え準備することが「終活」の主な活動だとされていますが、なぜそんなことをするのでしょうか?

人生の終盤を迎えるということを考えるのは、シビアで、気が重く、あまり触れたくないことかもしれないのに、終活が盛んになる背景はどんなところにあるのでしょうか?

それは、以前に公益財団法人沖縄県メモリアル整備協会のセミナーで相続の話をさせてもらいましたが、一緒に講師をされた終活カウンセラーの東恩納寛寿さんがおっしゃっていました。

終活とは人生の終焉を考えることを通じて、自分を見つめ、今をよりよく自分らしく生きる活動のこと。

終活とは

自分史マガジン・ムービー

本日のゲストにお越しいただいた榊田えみさんも終活カウンセラーとしてご活躍されていますが、終活の一環として自分史マガジンやムービーの作成事業(終活応援プロジェクトHP参照)もされています。

自分史と言えば、自分の半生を記録に残すということで、ご高齢者を中心に注目されていて、自分の生きた証を遺したいという方もいるようです。
自分史ですから、自分で書きあげることもできるかもしれませんが、榊田さんがインタビューワーとなり、質問を通して自分の人生を振り返ってもらい、自分の人生のイベントを思い起こしてもらい、それをマガジンやムービーにするのです。

多くの人は自分の人生は平凡で普通だった、というようですが、お話を聞いていれば、人に歴史ありで、人ぞれぞれの人生、経験、イベントや想いがあることに気づかれるそうです。

そういった想いでを自分史マガジンやムービーにして遺すことで、自分や家族にとっての思い出となるのです。

マガジンは写真や文章が中心ですが、ムービーはその人が動き、お話しされている様子が伺えますから、もしもその方が亡くなったとしたら家族がその人の声やしぐさを思い出せるのではないかと思います。

僕なりに解釈すれば自分史は、自分のことを家族に思い出してもらうための最適な手段なのかもしれないと思いました。

僕の仕事である遺言書の作成のお手伝いの際には、「付言事項」を書いてもらうことをお勧めしています。
付言事項とは、法的な拘束力はないけれども、遺言書に血を通わせ、説得力のあるものにするものだと思っています。

付言事項には、その方がなぜ遺言書を書いたのか、どんな思いで生きてきたのか、家族への感謝の気持ちなどを綴ることになります。
遺言者の気持ちが家族(相続人)に伝わり、遺言者の意思を最大限に尊重しようということに繋がるのです。

自分史も自分の半生を記録するものかもしれませんが、作成する過程において、妻、夫、子供、親戚、友人や人生でかかわってくれた人に感謝の気持ちが湧いてきて、おのずと感謝の表れになるようですね。

自分の人生の記録と家族などへの感謝の気持ちとして、自分史マガジンやムービーを作成するのも一つの方法だと思いませんか?

自分史マガジンや自分史ムービーのお問い合わせ先を書いておきますね。

【自分史制作ビープラス】
電話番号:098-851-3864
担当者:代表者 榊田えみ(さかきだえみ)

終活応援プロジェクトのHP

今日のJAZZ

今週はピアニスト特集を続けておりまして、4人目ですが、僕の中でこの人は外せないデイブ・ブルーベックの紹介です。
ブルーベックはウエスト・コースト・ジャズを代表するピアニストですが、なぜ、外せないかというと僕のラジオ番組「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオ80.6Mhz)のオープニングに流している《Take Five》のカルテットのリーダだからです。
日本でも栄養ドリンクのCMに使われて大ブレークした曲ですが、作曲はカルテットメンバーのサックス奏者ポール・デズモンド。
4分の5拍子という変わった演奏で、とても耳に残るフレーズがいいんですよね。
この曲を聴いたら僕のラジオ番組を思い出してもらえると嬉しいです。

【相続セミナー・説明会情報】

「いまさら聞けない終活と相続と遺言のはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会」

【開催概要】
◇開催年月日:平成30年12月21日(金)
◇時間:10:00~11:45
◇定員:先着12名
◇参加費:2,000円(税込)/名
※当日、会場にてお支払いください

【申込方法】
◇電 話098-861-3953
◇メールお問合せフォーム
題名に「12/21セミナー参加申込」と入力お願いします

【会 場】
沖縄県教職員共済会館「八汐荘」3階小会議室
那覇市松尾1-6-1
駐車場有(説明会参加者無料)

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市、カーラジオなら北は読谷村、沖縄市、南は豊見城市、与那原町まで聴けます。
スマホのアプリならFMレキオのサイトでアプリをダウンロードすると聴けますよ。
JAZZのリクエストや遺言・相続に関する相談はこちらへどうぞ!

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です