相続を知る上で理解しておきたい3つのキーワード。

Pocket

自宅兼事務所玄関のハローウィンのかぼちゃ

今日10月31日は収穫祭のハローウィンのようですね。
仕事で那覇市内を車で走ってたら仮装して歩いている人がいました。
この時間になるとあちこちでイベントをしているのでしょうか。
TVのニュースでこの間の日曜日に続いて渋谷のセンター街がハローウィンの人出て大混雑しているとか。
イベントとしてはとても楽しいのでしょうが、迷惑行為や大きな混乱も各所で起きているようですね。
楽しむのはいいのですが、節度を持った楽しみ方をしなくてはいけないですね。
我が家は玄関のかぼちゃの置物だけですが、少しだけハローウィン気分です。
こんばんは!沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

相続って何?

相続については、民法(第882条~第1414条)につらつらと書かれていますので、相続の定義はあります。
しかし、一般の方が、その条文を読んだところで、相続のことを理解することは難しいかもしれませんし、知りたくもないのではないかと思います(笑)

民法では、相続の開始原因、法定相続人、法定相続分や遺言のことなど盛りだくさんです。

相続とは、一言でいうと「被相続人」の「財産に属した一切の権利義務」を「相続人」が承継することです。

言い換えると、「亡くなった方」の「遺した不動産、現金や負債」を「遺族のうち相続する権利のある者」が受け取る、と言うことになります。

相続を理解する3つのキーワード

キーワードを整理してみましょう。

1.被相続人
故人。亡くなった方で、相続財産を遺す人。

2一切の権利義務
現金、不動産、有価証券、売掛金、買掛金、負債、保証債務など。ただし、年金を受け取る権利や個人に属する資格(行政書士、弁護士などは)除く。

3相続人
遺族のうち、相続する権利のある者。配偶者、直系卑属(子、孫など)、直系尊属(父母、祖父母など)、兄弟姉妹。

まずは、この3つのキーワードの定義を押さえておかないと、混乱することになると思います。
この3つのキーワードを押さえた後に、細かな内容を理解していくことが必要になります。

相続の本質を理解しなければ争いになる

相続を知る上でのキーワードは説明したとおりですが、僕が考える相続の本質は、故人の遺した「財産」を受け取るだけではないと思うのです。

「財産」を受け取ると同時に、故人の「想い」を遺族がしっかり受け取って、守り伝えるものは守り、使えるものは使い、事業であれば継続させることにあると思います。

ここの部分を忘れてしまうと、相続が「争続」となってしまうと思うのです。

だからこそ、財産を残す方は、遺言書を残し、日頃から自分の死後、家族にどうしてほしいのかをしっかり話しておいてもらいたいのです。

遺言書は遺言者の最終意思です。
あなたの想いは、遺言書を通してきっとご家族に届くはずです。

今日のJAZZ

ジャズのサックス奏者は多くいますが、黄金時代を築いたチャーリー・パーカーやソニー・ロリンズが目標としていたレスター・ヤングの存在は忘れてはいけないでしょう。
音楽に造詣の深い父親の元でファミリー・バンドを組んでいたレスター・ヤングは独立し、カウントベイシー楽団などで活躍します。
多くのサックス奏者がレスターを目標としていた、スターでした。
今日紹介するのは晩年のレスター・ヤングのアルバム『Pres and Teddy』です。
ピアニストのテディ・ウイルソン、ベーシストのジーン・ラミーとドラムスのジョー・ジョーンズとのカルテットによる作品。
タイトルの「Pres」(プレズ)はレスター・ヤングがサックスの大統領ということでついたニックネームで、恋人のビリー・ホリデイにつけられたそうです。
ビリー・ホリデイの「レディ・デイ」のニックネームはレスター・ヤングがつけたとか。

【相続セミナー・説明会情報】

「いまさら聞けない終活と相続と遺言のはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会」

【開催概要】
◇開催年月日:平成30年11月27日(火)
◇時間:10:00~11:45
◇定員:先着12名
◇参加費:2,000円(税込)/名
※当日、会場にてお支払いください

【申込方法】
◇電 話098-861-3953
◇メールお問合せフォーム
題名に「11/27セミナー参加申込」と入力お願いします

【会 場】
沖縄県教職員共済会館「八汐荘」3階小会議室
那覇市松尾1-6-1
駐車場有(説明会参加者無料)

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市、カーラジオなら北は読谷村、沖縄市、南は豊見城市、与那原町まで聴けます。
スマホのアプリならFMレキオのサイトでアプリをダウンロードすると聴けますよ。
JAZZのリクエストや遺言・相続に関する相談はこちらへどうぞ!

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です