相続分の譲渡は複雑な相続を単純にも複雑にもします。

Pocket

涼しい日が続く沖縄県那覇市です。
気持ちいいですね。
本土から来られている友人の行政書士に、仕事上のつながりとなる方を昨日から何人か紹介しているのですが、皆さんビジネス上のお付き合いができそうで、どちらも喜んでくださいました。
友人の行政書士が「城間さんの紹介なら間違いないと思っています。信用できます。」とおっしゃってくださったのには嬉しかったですね。
また、紹介する側も僕の引き合わせる人なので、信用してくれます。
誰と仕事をするかは大事ですからね。
こんにちは!沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

相続分の譲渡とは

ネットのニュースを観ていたら毎日新聞の電子版に『相続分無償譲渡は「贈与」 遺留分請求認める』という見出しの記事がありました。

相続においては、法定相続分というのが決まっていて、その相続分は他の相続人または第三者に有償・無償を問わずに譲渡が可能です。
今回のニュースは最高裁判所で相続分の譲渡を巡って相続人同士が争った事件で、相続分の無償譲渡は贈与に当たり、贈与した者が亡くなり相続があった場合には、相続分の譲渡は特別受益として持ち戻され、特別受益者が得た財産が各相続人の遺留分を侵害されている場合には、遺留分の請求を認めるということのようです。

今回の最高裁の判断のポイントは・・・
1.相続分の無償譲渡は贈与
2.相続分の譲渡をした者が亡くなったらその者の相続で贈与分は特別受益として扱われる
と言ったところでしょうか。

ちなみに、遺留分とは、相続人の相続する最低限の権利を守るための制度で、配偶者、直系卑属(子や孫など)と直系尊属(父母や祖父母など)に認められており、遺言書で指定した財産分与方法も遺留分を侵害している場合には、権利者から請求(遺留分減殺請求)があれば変換しなくてはならないこととされています。

相続分の譲渡は、相続人が多すぎて話し合いがまとまらずに、面倒だから自分の相続分を他の相続人に譲るとか、お金欲しさに全くの他人に譲るといったことも可能です。
有償であれば譲り受けた人に相続税が課税され、無償であれば譲り受けた人が贈与税が課税されることが原則となります。

相続分の譲渡がされると相続人間の相続分のバランスが崩れたり、全くの第三者が加わることで、遺産分割協議が上手くいかなかったりすることもあるかもしれないですね。

あまり使われる方法ではないかもしれませんが、相続分の譲渡といった仕組みがあるのです。

今日のJAZZ

本土から来られたお客さんは、沖縄は暑いと口々におっしゃられますが、僕ら地元民からするととても涼しくなったように思います。
秋らしいジャズを聴いているのもいい感じがしますね。
今日はピアニストのマッコイ・タイナーの《Autumn Leaves》(枯葉)を聴いてます。
ソロの作品ですが、複数の人が弾いているように聴こえるのは僕だけだろうか・・・

【相続セミナー・説明会情報】

「終活と相続と遺言のやさしいはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会」

【開催概要】
◇開催年月日:平成30年10月30日(火)
◇時間:10:00~11:45
◇定員:先着12名
◇参加費:2,000円(税込)/名
※当日、会場にてお支払いください

【申込方法】
◇電 話098-861-3953
◇メールお問合せフォーム
題名に「10/30セミナー参加申込」と入力お願いします

【会 場】
沖縄県教職員共済会館「八汐荘」3階小会議室
那覇市松尾1-6-1
駐車場有(説明会参加者無料)

詳細はここをクリック

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市、カーラジオなら北は読谷村、沖縄市、南は豊見城市、与那原町まで聴けます。
スマホのアプリならFMレキオのサイトでアプリをダウンロードすると聴けますよ。
JAZZのリクエストや遺言・相続に関する相談はこちらへどうぞ!

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です