ご存知ですか?不動産の相続は放置せずに早急に解決したほうがいい理由。

Pocket

今日は仕事の資料集めで那覇市役所に行くと同級生2名とバッタリ。
一人は那覇市役所で働き、一人は手続きに必要な書類をとりに来てたとか。
その後、近くのスーパーで買い物に行くとまた一人同級生にバッタリ。
同級生によく会う日です(笑)
これも何かあるのだろうと夕方には、今日バッタリあった同級生の一人と親友に会いに行くことにしました。
こんにちは!沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

不動産の相続は早急に解決すべし!

以前に友人との飲み会で話していたら、そのうちの一人が、相続した財産が数名の共有になっているというような話をしていました。
僕は、共有財産は早めに解消して、単独所有としたほうがいいと思うのです。

その理由は3つ。

1.共有財産について新たな相続が開始されると、さらに共有者が増える可能性がある
2.共有財産を売るにも貸すにも所有者が誰なのかはっきりさせる必要がある
3.共有財産が土地などであると固定資産税などの税金の支払いが面倒になる

この中でも、一番面倒なのは、「1.共有財産について新たな相続が開始されると、さらに共有者が増える可能性がある」ですかね。

というのは、例えば、子供のいないご夫婦で、父親がなくなり、父親名義の土地Aと建物Bをお母さんとお父さんの兄弟2名の合計3名で相続してたとします。
遺言書もなく、遺産分割協議がまとまらない状況にあると、その土地と建物は3名の共有財産となります。
持分は、法定相続分が適用されますので、お母さんが4分の3、お父さんの兄弟は8分の1づつ。

でも、土地や建物は一つですから、各人の判断では全ての土地などを処分できません。
そんなおり、相続したお父さんの兄弟の一人が、亡くなると、その配偶者とその子供達に共有していたお父さんの土地なども相続されます。
そうすると、お父さんから相続された土地などの共有者は1名減ったけれども、3名増えたということになります。
こうなると、その土地の取り扱いはとても複雑になりますね。

その上、もし、その家にお母さんが住んでいたにもかかわらず、お父さんの兄弟と仲がよくなかったため、遺産分割協議が整わなかったとすると最悪、その家を売り払わなくてはならず、お母さんが路頭に迷うということがあるのです。

僕が相談を受けた案件では、遺産分割のことを先送りにした結果、なんと相続人が67名以上いました。

ほとんど親戚づきあいのない人ばかりになっており、その上、県外や外国に住んでいる人もいることから、遺産分割協議もできず、何十年も相続の問題解決が、放置されていたということも聞きました。

最終的には家庭裁判所の審判で、相続問題は解決したようですが、時間もかかり親族間でのしこりも残ったようです。

こんなことから、僕は相続財産を共有としたまま放置するのは、危険なのだと思うのです。
このような面倒な状況にならないためにも、是非、遺言書を書いて欲しいですし、相続が始まったら、出来る限り早く遺産の分割を確定したほうがいいですね。

築40年近くになる我が家

不動産の生前贈与

最近では、自分が元気なうちに土地や建物などの不動産を子や孫に贈与して、有効活用してほしいと考える方も増えていまして、僕も何件か贈与契約書の作成のお手伝いをさせてもらっています。

遺言書を書くのではなく、自分の元気なうちにスッキリしたいと考えるのなら贈与も一つの手ですね。

贈与は税金が高くなることもありますが、「相続時精算課税制度」を使えば2500万円までは贈与時には非課税となり、相続が開始したら相続税とあわせて計算して清算可能です。
要件を満たすのなら活用してもいいのではないかと思います。

ただし、不動産は、相続と贈与では他に不動産取得税の課税の違い、所有権移転登記の際の登録免許税の料率の違いがあったりしますので、不動産の贈与をお考えの方は、専門家に相談してみてください。

お近くの行政書士が近くになってくれると思います。

今日のJAZZ

ジャズの帝王と呼ばれたトランペッターのマイルス・デイヴィスは1940年代から1991年に亡くなるまで常に「いい音楽」を求めていた。
様々な音楽にヒントを得て新しい演奏を求めており、また自分の求める演奏に必要なプレイヤーも求めていた。
レギュラーバンドを持つようになったのは、1950年代半ばころからだが、バンドメンバーも変わりながらいい音楽を作り上げていたが、マイルスが「偉大なバンド」と呼んだバンドがある。
トランペットのマイルス、サックス奏者のウェイン・ショーター、ピアニストのハービー・ハンコック、ベーシストのロン・カーターそしてドラマーのトニー・ウイリアムスと結成した第二期クインテットだ。
1964年から60年代終わりころまで同メンバーで活動したが、この時期にスタジオ録音された4部作は評価が高い。
今日はその4部作の中から1966年収録の『Miles Smiles』を紹介します。
マイルスの笑顔が印象的なジャケットは、この時期のメンバーから多くのことを学んだとも述懐しています。
マイルスにとって、このメンバーでの活動は笑顔で語れる思い出の一つなんだろうと思う。

【相続セミナー・説明会情報】

「終活と相続と遺言のやさしいはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会」

【開催概要】
◇開催年月日:平成30年9月26日(水)
◇時間:10:00~11:45
◇定員:先着12名
◇参加費:2,000円(税込)/名
※当日、会場にてお支払いください

【申込方法】
◇電 話098-861-3953
◇メールお問合せフォーム
題名に「9/26セミナー参加申込」と入力お願いします

【会 場】
沖縄県教職員共済会館「八汐荘」3階小会議室
那覇市松尾1-6-1
駐車場有(説明会参加者無料)

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市、カーラジオなら北は読谷村、沖縄市、南は豊見城市、与那原町まで聴けます。
スマホのアプリならAndroidはGoogle Playで「FMレキオ」、iPhoneはApp Storeで「Tunein Radio」で聴けます。
JAZZのリクエストや遺言・相続に関する相談はこちらへどうぞ!

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です