【仕事がはかどるジャズ6選出】音楽は気持ちよく仕事をするにもいいですね。

Pocket

天気はいいですが、冷え込んでいる沖縄県那覇市です。
寒いと鼻が詰まるので、ちょっと息苦しく、動くのが辛くなります。
でも、寒いのは嫌いではない。
僕にとっては、いい季節かな。
沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

仕事のはかどる音楽

僕はジャズが好きなので、事務所や車中ではジャズを中心に聴いてます。
事務所で聴いてたら仕事がはかどるような気がしますし、運転してるとドライブが楽しい。

もちろん、ジャズ以外も聴きます。
ジャズ以外にもいい音楽はあるから。
だからと言って、音楽に詳しいわけでもなく、音感にも優れているわけではないですよ。

トランぺッターで帝王と呼ばれたマイルス・デイヴィスは「音楽をジャンル分けするのは意味がない。いい音楽があるだけだろ。」と言っています。

本当にそうですよね。
僕が言うまでもなく世の中には沢山の音楽があって、一応ジャンル分けされているけど、ジャンルの枠を超えて好かれる音楽はあります。

マイルスの代表作『カインド・オブ・ブルー』は1959年に制作されましたが、これまでに1,000万枚以上売れており、今も売れ続けているそうです。
ジャズ・ファンでなくとも聴いたことのあるアルバムで、多くの人が購入している1枚ではないでしょうか。
いい音楽はジャンルを超えて好まれることを証明する1枚ですね。
カインド・オブ・ブルー』も仕事のはかどるジャズの一つだと思います。

マイルスデイビス自叙伝Ⅰ&アルバム『Kind of Blue』

マイルスデイビス自叙伝Ⅰ&アルバム『Kind of Blue』

 

僕がジャズを聴く機会は仕事をしている時が多いのですが、ブログでもお勧めのジャズを紹介していますので、毎日必ず聴いていますね。

仕事ははかどるに越したことがないので、僕にはジャズは必須です。
皆さんも仕事が捗る音楽があると思いますが、ジャズもいいですよ。

ということで月曜日恒例の過去6日間にブログで紹介したジャズのまとめ記事です。
振り返ってみても、いい選曲してますね。
気持ちよく仕事ができるジャズをチョイスしてますね。
ちなみに《》内は曲名、『』内はアルバム名です。

グレン・ミラー《In The Mood》

昨年のクリスマス・イブの琉球新報の金口木舌にビッグバンドを率いた名リーダーでトロンボーン奏者グレン・ミラーの記事が出ていたのを思い出しました。
グレン・ミラーのサウンドは独特で「キラー・ディラー」と呼ばれることもあるといいます。
「キラー・ディラー・サウンド」とは、とあるサイトで開設されていましたが、1930年代のジャズを表す言葉の一つのようで、ダンスホールなどの各セットの最後に演奏されるようなノリのいい、人を熱狂させる曲のことを言うようです。
グレン・ミラーのサウンドもその範疇に入ってくることもあるかもしれませんね。
1930年代から40年代にかけてのビッグバンドで演奏される曲の数々はスウィング・ジャズとも呼ばれていますが、ノリのいいダンスミュージックがオーケストラで調和のとれた演奏が好まれた時期もあったようで、グレン・ミラーもビッグ・バンドを率いた一人でした。
グレン・ミラーのバンドからは沢山のヒット曲が出ていますが、僕もジャズを好んで聴く前から知っていた《In The Mood》を紹介します。
楽しくなる演奏ですね。

ビル・エヴァンス《My Foolish Heart》

先週(1/30)、トランぺッター、チェット・ベイカーの最後の数日を描いた映画「マイ・フーリッシュ・ハート」を観て、ブログでも何度か紹介していますが、映画タイトルになっている《My Foolish Heart》(マイ・フーリッシュ・ハート)はジャズのスタンダードでもあります。
《My Foolish Heart》は元々「ライ麦畑でつかまえて」の作者であるジェローム・デイヴィット・サリンジャーの「コネチカットのひょこひょこおじさん」が映画化されたときに主題歌として使われていたようです。
僕が初めて《My Foolish Heart》を聴いたのはピアニスト、ビル・エヴァンスのトリオによる《My Foolish Heart》でした。
とても綺麗で、美しい曲だと思ったんです。
今も好きで良く聴いています。

ハンク・モブレー《Remember》

とあるSNSグループの投稿で見かけたのがサックス奏者ハンク・モブレーのことでした。
Youtubeで探してきているのがモブレーの《Remember》です。
ゆうゆうとサックスを奏でるモブレーと錚々たるメンバーによるリズム・セクションとのセッションは気持ちがいい。
ウィントン・ケリー(ピアノ)、ポール・チェンバース(ベース)とアート・ブレイキー(ドラムス)のメンバーです。

レッド・ガーランド《Red In Bluesville》

事務所で仕事をしながらYoutubeでジャズを聴いてます。
ピアニスト、レッド・ガーランドの《Red In Bluesville》を聴いてますが、軽快な演奏で、気持ちがいい。
仕事がはかどりそうな感じです。

チェット・ベイカー《Time On My Hands》

事務所でブログを書きながら聴いているのはトランぺッター、チェット・ベイカーの《Time On My Hands》です。
しっとりしたスタンダード曲のバラードは落ち着きますね。
リズムセクションはビル・エヴァンス(ピアノ)、ポール・チェンバース(ベース)とフィリー・ジョー・ジョーンズ(ドラムス)です。

ハンク・モブレー《Soul Station》

日曜日(2/9)の午前中、自宅のリビングでジャズを聴きながらブログを書いてます。
BGMはサックス奏者ハンク・モブレーの《Soul Station》です。
イントロのウィントン・ケリーのピアノの音色がとてもよくて、ブルージーな演奏です。
ジャズらしさを感じる演奏ですね。

相続セミナー・説明会情報

自主開催セミナー

より良い人生を送るための終活と相続 ~幸せな相続の準備~ 説明会

【開催概要】
◇開催年月日:令和2年2月27日(木)
◇時間:10:00~11:45
◇定員:先着12名
◇参加費:2,000円(税込)/名
※当日、会場にてお支払いください

【申込方法】
◇電 話098-861-3953
◇メールお問合せフォーム
題名に「2/27セミナー参加申込」と入力お願いします。
本文にはご参加者人数、お名前と連絡先(電話番号)のご記載をお願いします。

【会 場】
沖縄県教職員共済会館「八汐荘」3階小会議室
那覇市松尾1-6-1
駐車場有(説明会参加者無料)

詳細はここをクリックしてください。

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市、カーラジオなら北は読谷村、沖縄市、南は豊見城市、与那原町まで聴けます。
スマホのアプリならFMレキオのサイトでアプリをダウンロードすると日本全国、世界中で聴けますよ。
JAZZのリクエストや遺言・相続に関する相談はこちらへどうぞ!

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク。 国際協力関係の仕事に約11年間、社会保険労務士の事務所で約10年勤務後、平成27年10月より現職。 2010年に父親と祖母を同じ年に亡くし2度の相続を経験。 その時に感じたのが「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ」ということ。 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として、自分の経験や学んだ知識で相続でお困りの方のご相談にのっています。 行政書士は遺産分割協議書や遺言書作成などの相続関係のお手伝いもできるのです。 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください