【眠りに着くジャズ6選】寝る前にジャズを聴けば良く眠れる?

Pocket

今日の午後、用事もあり那覇市久茂地のパレット久茂地へ出かけたら「首里城再建を願ってチャリティーライブ」が開催されており沖縄民謡のライブがありました。
沖縄県内外、外国人の方を含め多くの方が集まり首里城再建のための募金も行われていました。
沢山の方が沖縄に寄り添い、応援してくれています。
首里城の再建は必ずや叶うと信じ、僕もできることをしていきたいと思います。
沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

首里城の再建を願ってチャリティーライブ

眠りに着くジャズ

僕がジャズを聴き始めたのは仕事が忙しく心身ともに疲れ果てていた頃に眠る前にジャズを聴き始めたことがきっかけでした。

今も寝つきが悪いときはジャズを聴いたりしてます。
眠りに着くならゆったりしたバラードがいいかもしれませんね。

僕はジャズを聴いていると気持ちよくて眠くなることもしばしばです。
ジャズクラブでお酒を飲みながら聴いていてもふわふわして眠たくなることもありますからね。

ジャズにはいいバラードが沢山ありますし、寝る前に聴くといいジャズもあるのではないかな。

今日は早めに寝ようと思ってベッドに横になり、ジャズを聴いてましたが、ブログを書いていなかったことを思い出し、飛び起きました。
眠たいです。
ですから、今日は短めです(笑)

ジントニックとJAZZ

ということで月曜日恒例の過去6日間にブログで紹介したジャズのまとめ記事です。
振り返ってもいい曲を聴いてます。
眠る前に聞くと心地よいジャズも何曲か入ってますね。

ちなみにミュージシャンの名前の後の《》内は曲名、『』内はアルバム名です。

ケニー・ドーハム《Alone Together》

ちょっと落ち着いたジャズを聴きたいと思っていたらトランぺッター、ケニー・ドーハムの《Alone Together》が見つかった。
哀愁漂う音色は胸を苦しくさせるほど。
落ち着きたいと思ったけど、なんだか寂しい気分にもなった。
夜中にお酒を飲みながら聴いていると人恋しくなる演奏です。

ビル・エヴァンス《Waltz for Debby》

ちょっと前に相続相談を受けたときに姪っ子に財産を遺したいという男性がいました。
姪っ子がとても気にかけてくださるようです。
姪っ子を可愛がっていたジャズマンと言えば、ピアニストのビル・エヴァンスです。
エヴァンスの代表作《Waltz for Debby》は姪のデヴィーに贈った曲で、エヴァンスはデヴィーの前でよく弾いてくれたそうです。
とても綺麗な曲です。
講釈は不要でしょう。
聴けば良さがわかる。
僕には講釈などできる知識や感性にも乏しいのですが・・・

ジョン・コルトレーン《Blue World》

沖縄は一日ブルーな気分に包まれていたように思います。
僕はブルーでした。
そんな気分でいるとき、なんとなくタイトルだけで思いついたのが、サックス奏者ジョン・コルトレーンの《Blue World》です。
今年9月27日発表されたアルバム『Blue World』に収録されているタイトル曲ですが、55年前1964年に映画音楽として録音された未発表音源の一つです。
全体的に骨太な演奏ですが、なんだか寂しさも感じるように思います。
今の気分に合ってるかな。

リー・モーガン《The Sidewinder》

これから終活のイベントで50分程相続のお話をする予定です。
こんな時を少し気持ちを盛り上げるためにアップテンポのジャズを聴きたくなる。
僕のラジオ番組ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談(FMレキオFM80.6MHz)でもオープニングに流しているトランぺッター、リー・モーガンの《The Sidewinder》が乗りが良くていい。
いい話ができるかな。

ジョン・コルトレーン《Giant Steps》

ジャズジャイアントの一人サックス奏者トレーンことジョン・コルトレーンの《Giant Steps》を紹介します。
マイルスに見出され20世紀ジャズ・ミュージシャンの巨人の一人となりました。
Giant Steps》も名実ともにトレーンを象徴する一曲ではないっでしょうか。

エラ・フィッツジェラルド《All of My Life》

たまにはヴォーカルの入る曲を聴こうと思ってYoutubeを検索してたら、女性ヴォーカリスト御三家の一人エラ・フィッツジェラルドの《All of My Life》が見つかりました。
甘い歌声がなんだか可愛らしい。

相続セミナー・説明会情報

自主開催セミナー

「円満かつ円滑な相続を実現する遺言書~幸せな相続の準備~説明会」(仮題)

【開催概要】
◇開催年月日:令和元年11月28日(木)
◇時間:10:00~11:45
◇定員:先着12名
◇参加費:2,000円(税込)/名
※当日、会場にてお支払いください

【申込方法】
◇電 話098-861-3953
◇メールお問合せフォーム
題名に「11/28セミナー参加申込」と入力お願いします。
本文にはご参加者人数、お名前と連絡先(電話番号)のご記載をお願いします。

【会 場】
沖縄県教職員共済会館「八汐荘」3階小会議室
那覇市松尾1-6-1
駐車場有(説明会参加者無料)

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオFM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市、カーラジオなら北は読谷村、沖縄市、南は豊見城市、与那原町まで聴けます。
スマホのアプリならFMレキオのサイトでアプリをダウンロードすると日本全国、世界中で聴けますよ。
JAZZのリクエストや遺言・相続に関する相談はこちらへどうぞ!

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です