【心落ち着くジャズ6選】名プレイヤーたちの代表作を聴いてみる。

Pocket

新しい一週間が始まりました。
個人的にはスケジュールが詰まってます。
水曜日には相続セミナーもあるので、気合を入れてやっていきたいと思います。
こんにちは!沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

いいジャズが溢れている

買い込んだまま読み終えていないジャズと音楽の本

仕事をしながら、食事をしながら、読書をしながら、運転しながら、考え事をしながら、ゆっくりなにもしない時。
様々な場面でジャズを聴いてますし、街中でも沢山のジャズが流れてきます。

それだけで落ち着きます。
もちろん、ジャズ以外のジャンルも聴きますが、ジャズが落ち着きます。

また、ジャズは歴史もあるので、いい演奏、アルバムが沢山ある。
そして、ジャズを聴ける環境がいい。
一昔前は、テープ、レコードやCDがないと聴けなかったけど、今ではデジタルの音源が溢れていて、YoutubeやAmazonミュージックなどでほとんどのジャズが聴けます。

ジャズメンの自叙伝などを読んでいて、このジャズ聴いてみたいな、と思ってYoutubeを開けばほぼ聴くことができます。
本当にいい時代ですね。

そして、そんな環境だからこそいいジャズ、音楽と出会えます。

ということで、月曜日は過去6日間に紹介したジャズのまとめ記事です。
いいジャズを聴いてました。
ちなみにミュージシャンの名前の後の《》内は曲名、『』内はアルバム名です。

ハンク・モブレー『Dippin』

ジャズではサックスの音色が好きで、サックス奏者の演奏を聴くことが多い。
また、サックスは種類が多いことからミュージシャンも多く、いい演奏やアルバムが沢山あります。
サックス奏者が多いのはジャズの特徴かもしれませんね。
サックスの音色は人の声に最も近いとか。
だから”歌声”と比喩される。
今日(5/21)はハンク・モブレーの代表的な作品『Dippin』を紹介します。
モブレーの控えめながらも印象的な”歌声”が楽しめると思います。
トランペッターのリー・モーガンも参加しており、1曲目《The Dip》はロック調でノリノリです。

フレディ・ハバード『Ready for Freddie』

Youtubeのお勧めを聴くことも多い。
そのほうが偏らずに済むかなと思っている。
その代わり1950年代から60年代位で、名前は聞いたことのあるミュージシャンのアルバムや演奏をチョイスする。
ジャズ初心者にとっては、こんな聴き方もいいんじゃないかな。
今日(5/22)はトランペッター、フレディ・ハバードのアルバム『Ready for Freddie』が目についたので、聴いてみる。
トロンボーン、サックス、ピアノ、ベースやドラムスの入るセクステットはとても聴きやすい。
いかにもストレートアヘッドなジャズな感じでいい。
いいジャズに会えました。

ウェス・モンゴメリー『The Wes Montgomery Trio』

慌ただしい時には落ち着きたい。
落ち着きたいときにはジャズが聴きたい。
落ち着くジャズといえばなんだろう?と自問自答しながらジャズを探すのです。
今日(5/23)はギタリスト、ウェス・モンゴメリーのアルバム『The Wes Montgomery Trio』を聴いてみた。
ギター、オルガンとドラムスのトリオによる落ち着く音楽が多々収録されています。
特に一曲目の《’Round Midnight》はいいですね。

ケニー・ドーハム『The Flamboyan, Queens, NY, 1963』

音楽を聴くのにはいい時代です。
僕の事務所にはAmazon・Echoがあるので「アレクサ、明るいジャズをかけて」と言えば、ランダムで流してくれますし、Youtubeでも沢山のジャズが聴けます。
Amazonは年間4,000円ほど支払っていますが、これだけの音楽が聴けるのですからただ同然ですね。
今日(5/24)はYoutubeを開いたらトランペッター、ケニー・ドーハムは1963年にニューヨークのクイーンズ地区にあったジャズ・クラブ「フランボヤン」に出演した際のアルバム『The Flamboyan, Queens, NY, 1963』が出てきたので、聴いてます。
サックス奏者ジョー・ヘンダーソンにフューチャーしているアルバムですが、二人のホーンとリズムセクションの織り成すライブはとても楽しい。
1963年のニューヨークの演奏が聴けるんだから、凄いですよね。
しばらく目をつぶって浸ってました。

ビル・エヴァンス『Eloquence』

ジャズの面白さは未発表音源が後々アルバムとなり出てきて、話題となること。
また、先に発表されたアルバムに収録された別テイクの演奏が収録された作品が出てきたりする。
ピアニスト、ビル・エヴァンスの死後に発表されたアルバム『Eloquence』もその一つ。
前半4曲はベーシストのエディ・ゴメスとのデュオ。
エレクトリック・ピアノも同時に弾いていて興味深い。
ライブ音源も入っている。
後半4曲はエヴァンスのソロ。
エヴァンスが「Eloquence(雄弁)」に語っている。

フランク・シナトラ《Fly Me To The Moon》

観劇した「きみのそばにらじお」の一つのラジオ番組名が「Fly Me To The Moon」でした。
ジャズのスタンダードでもある曲名と同じです。
ロマンチックな曲でよね。
今日(5/26)はザ・ヴォイスことフランク・シナトラの《Fly Me To The Moon》を紹介します。
男の色気漂う歌声がよりロマンチックにしてます。

【相続セミナー・説明会情報】

争わなくてすむ相続を遺言書で実現する ~幸せな相続の準備~ 説明会」

【開催概要】
◇開催年月日:令和元年5月29日(水)
◇時間:10:00~11:45
◇定員:先着12名
◇参加費:2,000円(税込)/名
※当日、会場にてお支払いください

【申込方法】
◇電 話098-861-3953
◇メールお問合せフォーム
題名に「5/29セミナー参加申込」と入力お願いします

【会 場】
沖縄県教職員共済会館「八汐荘」3階小会議室
那覇市松尾1-6-1
駐車場有(説明会参加者無料)

詳細はここをクリック

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市、カーラジオなら北は読谷村、沖縄市、南は豊見城市、与那原町まで聴けます。
スマホのアプリならFMレキオのサイトでアプリをダウンロードすると日本全国、世界中で聴けますよ。
JAZZのリクエストや遺言・相続に関する相談はこちらへどうぞ!

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です