知ってますか?養子縁組をしたら配偶者が「離婚したの?」と聞かれる理由。

こんにちは。沖縄県那覇市のJAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!
相撲界では、第72代横綱・稀勢の里(田子ノ浦部屋)が誕生しましたね。
中学を卒業して15歳で角界に入り、新入幕まではトントン拍子で出世した稀勢の里でしたが、大関になってから綱取りを5度も失敗していたそうです。
普通なら腐ってあきらめそうですが、稀勢の里は頑張りました。努力の人です。
「天才は生まれつき。もうなれない。努力です。努力して天才に勝つんです。」
とは稀勢の里が中学の卒業文集に書いた言葉。
素晴らしい、横綱が誕生しましたね。
来場所以降の活躍が楽しみです。

実は僕は相撲が好きで、小学校のころから相撲中継も観てます。
そのころ好きだった力士は、昨年若くして亡くなった「ウルフ 千代の富士」。強くてかっこよかった。
小学校の頃は「紙相撲」にも夢中でした。
思わず、子供のころに遊んだ紙相撲を引っ張り出して、遊んじゃいました。

紙相撲の横綱同士の取り組み。

紙相撲の横綱同士の取り組み。

見慣れな名前の年賀状

お正月に小学校・中学校の同級生から年賀状が届いてました。
最初は、「これ誰だ?」と思ったんです。

何故かというと「姓」が変わっていたから。
年賀状を読んでみると・・・

昨年の3月末に○○(沖縄によくある名前)になりました。
沖縄で良くありがちなトートーメー(祭祀)の継承によるものです。
子供たちはすでに馴染んでいるようですが、大人がなかなか大変です。
今年もよろしくお願いします。
〇〇 〇〇(旧姓 △△)

そうなんでうす、沖縄では良くありがちな仏壇、お墓や本家の血筋を絶やさないための養子縁組をしたようなんです。

僕も子供のころから、友人に「姓」が変わる人がいました。
仲には、親の離婚や再婚といった理由もありますが、今回のような祭祀主宰者継承に備えての養子縁組もありました。

例えば、本家の長男に子供がいなとか、男の子がいない場合に、他の兄弟の子供で次男や三男を養子に迎えることで、祭祀主宰者の継承を行うのです。

友人は、その養子縁組をしたんです。

配偶者も姓が変わる

養子縁組をすると、本人だけでなく、家族全員が「姓」がかわります。
友人の子供は、新しい姓にもなじんでいるようですが、子供の友達の親たちはもしかしたら、「あの子の親は離婚したんだはずね~。なんでかね?。」と勝手に心配されているかもしれません。

友人の年賀状にある通り、大人は大変でしょうね。
「姓」が変われば、職場に申し出て、健康保険証の氏名変更、銀行口座の名義変更、公共サービスの氏名変更、携帯電話の契約変更、SNSの登録情報変更や場合によっては不動産の登記情報の変更など様々な手続きが出てきます。

そして、大変なのは配偶者の方ではないでしょうか。
自分の夫(または妻)の家庭の事情で、「姓」を変えないといけないのですからね。

最近の職場では、「旧姓使用」が認められているところも多いので、仕事上は問題ないかもしれませんが、プライベートでは大変かもしれないですね。

例えば、結婚する前の「姓」は「佐藤」、結婚して「城間」、養子縁組して「仲大盛」とかになったら、配偶者の方はいろいろ勘ぐられるでしょうね。
「離婚して再婚したの?」とかね。

いづれにせよ、養子縁組は一族のために大事なことですが、大人の手続きは大変。
ましてや配偶者は「なんでよ~」となるかもしれませんので、配偶者にはしっかり配慮しましょうね。

今日のJAZZ

バンドリーダーとして活躍したクラリネット奏者Benny Goodman(ベニー・グッドマン)の 「Sing Sing Sing」。
新横綱が誕生したので、ノリのいいスイングの曲で、祝ってます。

【セミナー情報】 セミナーのチラシは(ここ)をクリック

「2時間でわかるやさしい遺言書の書き方 ~幸せな相続の準備~ 説明会」
相続は準備さえすれば、皆が幸せになります。相続が円満かつ円滑に済むように準備をするためには、「遺言書」を書くことです。相続専門の行政書士が、法的に有効な「遺言書」の書き方について、わかりやすく説明します。
《日時》平成29年1月28日(土) 14:30~16:30
《会場》
沖縄県教職員会館「八汐荘」 (那覇市松尾1-6-1) 駐車場有
《定員》先着10名
《申込方法》
・携帯電話 080-1087-7965
・電  話 098-861-3953
・FAX   098-862-8641
・メール  お問合せフォーム ※題名に1/28のセミナー申込とお書きください
《参加費》2,000円(税込)
※お二人目からは1,000円(税込)ご夫婦で参加でしたら3,000円です。
《参加特典》①30分個別無料相談 ②遺言書無料チェックサービス(法定要件など)

【ジャジーのJAZZツアー開催中】
僕の通うJAZZクラブParker’s Mood Jazz Clubに行ってみたい人はお気軽にお電話ください。最高にカッコいい、至福の時間をご案内します♪
ジャジーのJAZZツアーの詳細はこちら

「Parker's Mood Jazz Club」 那覇市久茂地3-9-11アーバンビル5F

「Parker’s Mood Jazz Club」
那覇市久茂地3-9-11アーバンビル5F

【ラジオ番組パーソナリティ】
「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」
FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日 21:00から21:50
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市まで、
インターネット経由のサイマルラジオなら全国で視聴可能!
僕がラジオパーソナリティをしている理由はこちら
大好きなJAZZや遺言・相続のことを中心におしゃべりしてます^^
聴きたいJAZZがあったらリクエストください!
遺言・相続に関する疑問がありましたらお気軽にご質問ください!

【コンタクト】
〒900-0014 沖縄県那覇市松尾1丁目15番7号 2階
携帯電話 080-1087-7965
電  話 098-861-3953
FAX   098-862-8641
メール  お問合せフォーム


The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生の46歳。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。
トップへ戻る