当事務所にご依頼の多い秘密証書遺言のメリットとデメリット。

Pocket

次男坊の中学の入学式当日に自宅兼事務所前でパチリ

昨日は次男坊の中学の入学式でした。
大きめの制服でダブダブ。
中学3年間ではこの制服がぴったりまたは小さくなるんだろうな。
自分で目標設定して第一志望の中学に入学。
本当に良く頑張りましたが、これからも大変そうです。
勉強だけでなく、部活や友達との友情を深められるように楽しんでもらいたいです。
こんにちは!沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

秘密証書遺言のメリットとデメリット

相続セミナー資料「遺言書の方式について」

遺言書にはいくつか種類があります。

大きく分けると普通方式と特別方式。
細かく分けると以下の通りです。

1.普通方式
(1)自筆証書遺言・・・全て自らが書いて作成する。
(2)公正証書遺言・・・公証人に作成してもらう方式。証人2名が立ち会う。
(3)秘密証書遺言・・・代筆可能。ワープロもOK。公証人、証人2名立会いのもと封緘。

2.特別方式 ※めったにないものです
(1)隔絶地遺言・・・伝染病などで隔離している方が書く。
(2)危急時遺言・・・病気や飛行機事故などで死が迫っているときに書く。

 

その中でも今日は僕の事務所へのご依頼も多い秘密証書遺言のメリットとデメリットを説明します。

まずは、メリットですが以下の3点ほどあげられます。

(メリット)

1.遺言の内容を誰にも知られたくない場合に秘密にできる。
自筆証書遺言でも可能ではありますので、大きなメリットにはならないかもしれません。

2.自書ではなくワープロで作成してもよい。
遺言書を何度も書き直すことがあるのであれば、ワープロの方が便利かもしれません。
また、字を書くのに不慣れな方には向いていると言えるでしょう。
ただし、署名と捺印、封筒に封入して遺言書に捺印した同じ印での封印が必要です。

3.代筆も可能
秘密証書遺言の要件には自書がありません。
ですから第三者が代筆することも可能です。

 

次にデメリットですが2つあります。

(デメリット)

1.相続が開始した時に家庭裁判所での開封と検認が必要。
自筆証書遺言と同じで、家庭裁判所での開封と検認手続きが必要になります。
ただし、自筆証書遺言は2020年(令和2年)7月に開始される法務局での保管制度を利用すれば家庭裁判所での検認は不要となる予定です。
秘密証書遺言の家庭裁判所での開封と検認手続きが必要なのは変わりませんので、ご注意ください。

2.公証人の手数料が必要。
1件あたり定額で11,000円です。

 

僕のお客様は高齢者の方が多く、長文になる遺言書の作成は不得手な方もいます。
遺言書の作成は案外忍耐力と集中力が必要になるので、ご高齢の方には大変な作業になるのです。

秘密証書遺言は全国でも約150件程度しか作成されないものではありますが、専門家がかかわることで法的な要件はクリアできます。
自分で字を書くのが苦手であったり、公証人役場で公正証書遺言にすると高額になってしまうと思われるときには、秘密証書遺言の選択も一つかもしれません。

今日は秘密証書遺言についての解説でした。

当事務所では秘密証書遺言の作成のお手伝いもさせていただいていますので、お気軽にご相談ください。

 

今日のJAZZ

トランペッターのマイルス・デイヴィスの音楽の発展は誰もが認めるところで、いつの時代にもマイルスが先を走っていました。
クインテットのレギュラーバンドで活動を続けていたマイルスはアルトサックス奏者キャノンボール・アダレイをバンドメンバーに迎えセクステットで活動します。
そのメンバーでの最初のアルバムタイトルにもなったのが《Milestones》。
マイルスの作曲でも知られるこの曲は後のモード・ジャズの先駆けとなります。
とてもこ気味いい曲で楽しくなります。いわゆる「スウィング」したくなる曲の一つですね。
余談ですが、マイルスのバンドのメンバーにキャノンボール・アダレイは教職にあったのですがニューヨーク旅行中にとあるクラブで飛び入り演奏したところ大評判となり、教職を辞してニューヨークでプロのミュージシャンとして活動するようになりマイルスのバンドに加わったのです。
人生何があるかわかりませんが、チャンスを掴む人は運があり、行動するんでしょうね。

【相続セミナー・説明会情報】

誰でも取り組める終活と相続と遺言のはなし~幸せな相続の準備~説明会」

【開催概要】
◇開催年月日:平成31年4月25日(木)
◇時間:10:00~11:45
◇定員:先着12名
◇参加費:2,000円(税込)/名
※当日、会場にてお支払いください

【申込方法】
◇電 話098-861-3953
◇メールお問合せフォーム
題名に「4/25セミナー参加申込」と入力お願いします

【会 場】
沖縄県教職員共済会館「八汐荘」3階小会議室
那覇市松尾1-6-1
駐車場有(説明会参加者無料)

詳細はここをクリック

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市、カーラジオなら北は読谷村、沖縄市、南は豊見城市、与那原町まで聴けます。
スマホのアプリならFMレキオのサイトでアプリをダウンロードすると聴けますよ。
JAZZのリクエストや遺言・相続に関する相談はこちらへどうぞ!

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です