自分の好きなことに熱中してたらその道を極めることができて、自信にもつながるんだろうな。

こんにちは。
沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

30年来の友人

昨晩は、那覇高校陸上部時代の親友たちとの飲み会でした。
久しぶりにあつまりましたが、元気そうでなによりでした。

高校の時に陸上部で、きつい練習に明け暮れたメンバーなので気心が知れてます。
昔話やら、仕事の話、家庭の話、子育ての話や健康の話などいろいろ盛り上がります。

お酒も入って熱い激論を交わすことも。
ま、友達だから言えることもあるんですよね。

30年も付き合ってれば、それも青春時代を過ごした仲間ですから信頼やお互い思いやる気持ちでいっぱいです。

写真左の比嘉良仁は当時の高校200Mの3位。 真ん中の後神村純史郎は100M、200Mのチャンピオン。僕は高跳び5位。

今の自分があるのは陸上競技をしていたことが大きな影響を受けています

今の自分があるのは、これまでの人生で経験したこと全てがあるからだと思ってますが、高校時代に陸上競技をしていたことは、本当に大きなポーションを占めていますね。
これを経験していなかったら、僕はどんな人生を歩んでいたのだろうか、というくらいです。

というのも、僕は小学校の時に頸椎損傷という大きなけがをして、手や足に少しですが障害が残っています。
普通の人よりは不便な生活です。
でも、スポーツが好きで、小学校の時は野球をしていました。
しかし、手を使う野球では年を重ねるごとに友達との差を感じていて、野球は断念。

中学時代は勉強に励み、高校時代から手は関係ないだろうと陸上競技に励みました。

沢山の仲間と本当にきつい練習に耐えました。
途中2か月ほど休んだこともあったけど、でも、楽しかったから続けられたんでしょうね。

現在の後神村純史郎。中学3年生の時に100Mを11秒00で走る超人でしたが、今は普通のおじさんです(笑)

那覇高校陸上部の3年生最後のインターハイでは、チームメイトの後神村純史郎が100M、200Mのチャンピオンとなり、400Mもチームメートの赤嶺敏広がまさかの優勝。
僕が第一走を務めた400Mリレーは準決勝で県高校記録(42″5)をたたき出しましたが、決勝ではアンカーの吉岡淳一が抜かれて残念ながら2位。
そして、陸上競技で一番盛り上がる1600Mリレーは僕が第2走で出場し、県高校記録(3’25″7)で優勝。
女子もリレーで6位入賞するなど、那覇高校の陸上部は、スポーツ科もなく推薦で人を集めたのではない中で、すごい強さを見せつけました。
3年間で凄い成長をみせたチームだったと思ってます。

その時の経験が、小学生の時にケガをして自分に自信のなかった僕に大きな勇気を与えてくれたんです。
個人的には、走り高跳びで185cmをジャンプして沖縄県でも5位にランクされたこともあります。

何かを一生懸命にやれば報われるということを確信した高校時代でした。

そして、好きなことならどんなにきつくても続けられし、あきらめることはないのかもな、とも今更ながら思っています。

何かしら熱中して、極めることって人生において、とても大切なことだと思っています。
僕は、陸上競技を通じてそれを感じました。

これからも行政書士やJAZZに熱中したいなと思うのです。
そして、25年後くらいに同じようにブログで、自分でやってきたことを思い返してみようと思います。

那覇高校陸上部集合写真。1989年インターハイ県予選。前列左から5番目の帽子を被っているのが僕。吉岡の脚が邪魔(笑)

今日のJAZZ

ピアニストBill Evans(ビル・エヴァンス)のアルバム『Sunday at the Village Vanguard』。
エヴァンスのピアノトリオ(ピアノ、ベースとドラム)のとても素晴らしいインタープレイが聴けます。
リバーサイド4部作と言われるうちの一つですが、ベーシストのスコット・ラファロの早すぎる死により、音源が少ないのが、悔やまれます。

【セミナー・説明会情報】 告知チラシはこちらをクリック

「一番わかりやすい相続の基本と遺言書の書き方 ~幸せな相続の準備~ 説明会」(仮題)

相続って難しい・・・と思っていませんか?確かに法令は難解な言葉が並んでいて、理解するのは大変です。ただ誰もが、経験することなので、基本的なことは知っておいたほうがいいのですね。
また、遺言書を書きたいけど、どういうふうに書けばいいのだろうか?と考えている方に遺言書の外せない法的要件とポイントを具体例を上げて解説します。
遺言書は法的要件を一つでも欠くと無効になりますから。
遺言書の記載例もいくつか差し上げます。

=こんな方にお勧めの説明会です!=
☑家族に相続争いをさせたくない
☑円満かつ円滑な相続をしたい
☑相続争いの予防策を知りたい
☑遺言書の書き方を知りたい

《日時》 平成29年6月30日(金) 午前9:30~11:30
《会場》 沖縄県教職員会館「八汐荘」 3階 小会議室 (那覇市松尾1-6-1) 駐車場有《定員》 12名
《参加費》2,000円(税込)
※お二人目からは1,000円(税込)。ご夫婦で参加でしたら3,000円です。
《申込方法》
・携帯電話 080-1087-7965
・電  話 098-861-3953
・FAX   098-862-8641
・メール  お問合せフォーム ※題名に6/30のセミナー申込とお書きください

【ジャジーのJAZZツアー開催中】
僕の通うJAZZクラブParker’s Mood Jazz Clubに行ってみたい人はお気軽にお電話ください。最高にカッコいい、至福の時間をご案内します♪
ジャジーのJAZZツアーの詳細はこちら

「Parker’s Mood Jazz Club」
那覇市久茂地3-9-11アーバンビル5F

【ラジオ番組パーソナリティ】
「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」
FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日 21:00から21:50
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市まで、
インターネット経由のサイマルラジオなら全国で視聴可能!
僕がラジオパーソナリティをしている理由はこちら
大好きなJAZZや遺言・相続のことを中心におしゃべりしてます^^
聴きたいJAZZがあったらリクエストください!
遺言・相続に関する疑問がありましたらお気軽にご質問ください!

【コンタクト】
〒900-0014 沖縄県那覇市松尾1丁目15番7号 2階
携帯電話 080-1087-7965
電  話 098-861-3953
FAX   098-862-8641
メール  お問合せフォーム


The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生の46歳。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。
トップへ戻る