相続に限らず葬儀やお墓のことも自分で準備する時代です。

Pocket

こんにちは。
沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

葬儀やお墓の準備はご自身でというのが増えている

僕の仕事は遺言・相続関係の仕事ですが、人生の終盤を迎えるにあたっていろいろとご相談を受ける事があります。

葬儀の事、お墓の事や仏壇の事などもご相談を承ることも多い。

 

人が亡くなると様々な準備をしないといけないですよね。
相続手続きに限らず、役所での手続き、公共料金の解約・変更などすべきことが多々あります。
遺されたご家族も様々なことを考え、実行しなくてはならないので、案外大変な手続きです。

そんな中で、家族には迷惑をかけたくないと考える人がいて、ご自身で、葬儀の事、お墓の事、仏壇の事なども準備する人が増加しています。
葬儀社では葬儀の事前相談にご本人が出向き相談していて決めているケースもありますし、墓地管理会社ではお墓の生前購入や永代供養の手続きなどのご相談も増えているそうです。

ご相談される皆さんや準備される方は、とてもスッキリするらしいのです。
準備したことで、安心するのでしょうね。

僕の父も自分の葬儀の事は亡くなる2年程前にほとんど決めていました。
ですから、僕ら家族は葬儀社との打ち合わせは最小限に住んで、父とのお別れに集中できたのです。

また、お墓や仏壇の問題もありますね。
どこのお墓に入りたいのか、それともお墓を購入するのか、お墓や仏壇は誰に見てもらいたいのかなどなど色々決めないといけないですよね。

この辺も決めておくと、供養もスムーズに進むだろうと考えている方は増加していて、集合墓地のあるメモリアルパークなどではお墓の土地の分譲が始まると瞬く間に売れてしまうそうです。

葬儀やお墓のことを生前には決められなかったけど、希望を「エンディングノート」に書いておくこともいいのではないでしょうか。

 

 

城間家の墓

「葬儀なんて適当にやってくれ」が一番困る

最近も病床にある親御さんの相続の件で、お話ししている中で、葬儀屋、お墓、仏壇の準備の事も話題に上がりました。

その方は「自分の葬儀は適当にやってくれたらいい」とおっしゃるのですが、それが家族にとっては一番困るのですよね。

どなたかが亡くなって、葬儀をします。
そうすると親戚の中からこんな声が出ます。

「なんで、こんなに質素なの?」
「なんで、こんなに大げさにやってるの?」
「なんで、友達には知らせないの?」
「なんで、こんなに広く知らせるの?」
「なんで、こんなお花にしたの?」
「なんで、こんな引き出物なの?」

しかし、全て故人が決めていた事だったらどうでしょうか?

家族は説明できますよね。
「故人が望んだことで、故人の意思を最大限尊重しています。」

だから、適当にやってくれと言われたら、どんな形でやればいいのかが明確でないから、家族もいろいろ考えるわけです。
家族間で意見が合わなかったり、親戚から色々と言われたりすることがあるのです。

最後の故人とのお別れですから、そんなことで家族に気を使わせたくない、家族にちゃんと見送ってもらいたいな、と思う人がいるようなのです。

相続でも故人の意思が大事です

相続においても同じことが言えます。

遺言書のある相続とそうでない相続とでは、手続きも全く違ってきますし、ご家族の負担も大きく違います。

いくら家族とはいえ、お金のことで話し合うのは、大変なんです。
相続は、大なり小なり問題を引き起こし、場合によっては争いに発展することもあります。

ですから、故人の最終意思である遺言書を書いて、財産の分与方法をしっかり指定し、なぜこんな遺言書を書いたかを「付言事項」で遺してほしいのです。

 

葬儀、お墓や相続の準備は、あまりにも直前になると準備するのに大変だと思います。
心の整理がつかないことがあるかもしれないからです。

ですから、心も体も元気なうちに準備をしてもらいたいと思うのです。

今日のJAZZ

雪の降らない沖縄には縁のないことかもしれませんが、雪深いクリスマスを迎えるところもあるでしょう。
そんな心境を歌ったクリスマスソングです。
「ザ・ヴォイス」と呼ばれたフランク・シナトラの《Let it snow》。
沖縄県民はホワイトクリスマスに憧れる人も多いですが、雪が多いのも大変みたいですよね。

【相続セミナー・説明会情報】 詳細はこちらをクリック

相続のモヤモヤをスッキリ解消 ~幸せな相続の準備~ 説明会

相続は、モヤモヤするものです。
しかし、考えているだけでは、何も解決しません。
相続の事を知り、何をすべきか考えれば、あなたの大事なご家族が面倒なことには巻き込まれなくてすみます。
相続は大なり小なり問題や争いを引き起こしますが、その原因と予防策を知れば、何の心配もありません。
沖縄特有の相続事情を踏まえた事例満載の相続セミナーで、モヤモヤをスッキリ解消してください。
あなたの相続への不安が解消し、心配事が一つなくなるはずです。

【開催概要】

開催年月日: 平成29年12月22日(金)
時間:午前10:00 ~ 11:45  定員:先着12名
参加費:2,000円(税込)/名  ※当日、会場にてお支払いください

【申込方法】
◇電 話 098-861-3953
◇FAX  098-862-8641
◇メール お問合せフォーム
※題名に「12/22セミナー参加申込」と入力お願いします

お名前と参加人数をお伝えください。
座席を確保して、当日、お待ちしております。

【会 場】
沖縄県教職員共済会館「八汐荘」 3階 小会議室
那覇市松尾1-6-1 駐車場有(セミナー参加者無料)

【ジャジーのJAZZツアー開催中】

僕の通うJAZZクラブParker’s Mood Jazz Club」 に行ってみたい人はお気軽にお電話ください。最高にカッコいい、至福の時間をご案内します♪
ジャジーのJAZZツアーの詳細はこちら

「Parker’s Mood Jazz Club」
那覇市久茂地3-9-11アーバンビル5F

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00から21:50
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市まであたりまで聴けるかな。
カーラジオなら北は読谷村、沖縄市まで、南は豊見城市、与那原町まで聴けるはず。
全国的にはスマホのアプリでも聴けますよ。
AndroidのアプリはGoogle Playで「FMレキオ」をダウンロード。
iPhoneのアプリはApp Storeで「Tunein Radio」をダウンロード。
僕がラジオパーソナリティをしている理由はこちら
大好きなJAZZや遺言・相続のことを中心におしゃべりしてます。
聴きたいJAZZがあったらリクエストください!
遺言・相続に関する疑問がありましたらお気軽にご質問ください!

ラジオ番組「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオ80.6Mhz)収録風景。

【連絡先】

〒900-0014 沖縄県那覇市松尾1丁目15番7号 2階
携帯電話 080-1087-7965
電  話 098-861-3953
FAX   098-862-8641
メール  お問合せフォーム

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生の46歳。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です