【Summertimeの聴き比べ6選】本格的な夏にジャズのスタンダード曲を聴き比べてみた。

Pocket

暑い本格的な夏が日本中を覆ってきていますね。
関東地方も梅雨が明けて暑い日が続いているようです。
沖縄県那覇市は相変わらず暑く、溶けそうというよりも、陽射しが痛いですね。
沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

自宅兼事務所の近所に咲いていたアカバナー(ハイビスカス)と夏空

暑い夏は熱いジャズを

僕は熱いのが苦手なので、この時期はあまり外を出歩きたくありません。
海は見るのは好きだけど、泳ぐのはあまり好きじゃないし、苦手。
この時期は暑さと湿気で本当にぐったりします。

だから、クーラーの効いた室内にいる時間や冷たいもの(ビールやアイスコーヒー)を飲む機会が増えます。

ジャズのアルバム『BILL EVANS SONGS ON TIME REMEMBERD』とアイスコーヒー

あまり、夏をエンジョイする感じではない。
でも、一つ楽しみといえば夏の暑さを感じつつ、熱いジャズを聴くことかな。

ジャズのスタンダードに《Summertime》という曲があります。
僕が思いつく夏の曲。
《Summertime》はジョージ・ガーシュウィンが1935年のオペラ「ポーギーとベス」のために作曲したアリアで、デュボーズ・ヘイワードが詞を付けています。
ジャズだけでなく、他のジャンルでも演奏され歌われる曲です。
ブルース調の子守唄で、歌詞の内容は悲しげな感じがします。

先週の火曜日から約1週間は様々なミュージシャンの《Summertime》を聴いていました。
ジャズのスタンダードだけあって沢山のミュージシャンが歌っており、演奏もしています。

ジャズの奥深さや楽しさは、同じ曲でもミュージシャンによって解釈が違い表現方法も違ってきて、新鮮であることも一つです。
様々な個性があるんだなということが良くわかる。

先週の前半は女性ジャズヴォーカリストの歌声を聴き、後半はヴォーカルの入らない演奏を聴いていました。
こういった聴き比べもいいですね。

ということで、月曜日恒例のブログで紹介したジャズのまとめ記事です。
ちなみにミュージシャンの名前の後の《》内は曲名、『』内はアルバム名です。

ノラ・ジョーンズ《Summertime》

ヴォーカルの入る曲を聴くとジャズを聴いている気になるのは僕だけでしょうか?
ジャズ初心者としては、歌声が聴こえてくるとジャズらしさを感じます。
ジャズのヴォーカリストといえば女性をイメージします。
沢山のヴォーカリストがいる。
現代のジャズシーンで活躍しているノラ・ジョーンズを紹介します。
おそらく多くの人が聴いたことのある名前ではないでしょうか。
僕もジャズを聴き始めてすぐにその存在を知りました。
落ち着いた歌声と表現力豊かで容姿端麗のノラ・ジョーンズはジャンルを超えた人気のミュージシャンです。
今日(7/23)はノラ・ジョーンズの《Summertime》を紹介しますが、曲自体はとても暗い。
夏の曲とは思えない(笑)
でも、ジャズのスタンダードとして多くのミュージシャンがカヴァーしています。

ビリー・ホリデイ≪Summertime≫

女性ヴォーカリストの歌声をお届けします。
今日(7/24)は女性ヴォーカリスト御三家の一人、レディ・デイことビリー・ホリデイの≪Summertime≫を紹介します。
彼女の人生は波乱万丈でした。
生涯にわたって苦しみの多い人生だったのではないかと思う。
だからなのか、その切ない歌声が人の心に沁みます。

エラ・フィッツジェラルド≪Summertime≫

一昨日(7/23)から女性ヴォーカリストの≪Summertime≫を紹介してますが、しばらく続けてみようと思います。
今日(7/25)は御三家の一人に数えられるエラ・フィッツジェラルドの≪Summertime≫を紹介します。
迫力あるエラの歌声には圧倒されるばかりですが、グラミー賞を13回受賞し、音楽に対する研究も怠らなかったエラの実績は商業的にも学術的にも評価されているようです。

サラ・ヴォーン《Summertime》

女性ジャズヴォーカリストの御三家の一人に数えられるサラ・ヴォーンの歌声を初めて聴いたのは確かスキャットの効いた独特のフレーズの歌で、曲も覚えていない。
知り合いのジャズヴォーカリストがサラをこよなく愛し、サラをイメージして歌っていると知って、サラの歌声を繰り返し聞いていたことがある。
透明感もある抒情的な歌声は聴いていて気持ちがいい。
ここ数日女性ヴォーカリストを紹介しているが、今日(7/26)はサラの《Summertime》を紹介します。

ジョン・コルトレーン《Summertime》

今週は女性ヴォーカリストの《Summertime》を紹介してきましたが、今日(7/27)は曲は一緒ですがサックス奏者のジョン・コルトレーンの演奏を紹介します。
コルトレーンの代表アルバム『My Favorite Things』に収録された《Summertime》です。
コルトレーンの音の多さが印象的な演奏で、ヴォーカルの入らない曲はこうも変わるのかといったくらい、ここ数日紹介してきた演奏とは違います。
ミュージシャンによって解釈が違うわけで、聴く側の印象も違う。
ジャズの奥深さを感じますね。

チェット・ベイカー《Summertime》

ここ数日はジャズのスタンダード《Summertime》を聴いていますが、今日(7/28)はチェットの《Summertime》を紹介します。
僕の好きなミュージシャンの一人トランペッター、チェット・ベイカーの演奏は物悲しく、情緒があります。
でも、思ったよりも明るめに演奏するチェットの《Summertime》に夏の暑さを感じます。

【相続セミナー・説明会情報】

中学生でもわかるやさしい相続と遺言のはなし~幸せな相続の準備~説明会

【開催概要】
◇開催年月日:令和元年7月30日(火)
◇時間:10:00~11:45
◇定員:先着12名
◇参加費:2,000円(税込)/名
※当日、会場にてお支払いください

【申込方法】
◇電 話098-861-3953
◇メールお問合せフォーム
題名に「7/30セミナー参加申込」と入力お願いします

【会 場】
沖縄県教職員共済会館「八汐荘」3階小会議室
那覇市松尾1-6-1
駐車場有(説明会参加者無料)

詳細はここをクリック。

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市、カーラジオなら北は読谷村、沖縄市、南は豊見城市、与那原町まで聴けます。
スマホのアプリならFMレキオのサイトでアプリをダウンロードすると日本全国、世界中で聴けますよ。
JAZZのリクエストや遺言・相続に関する相談はこちらへどうぞ!

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です