どんなに仲がいい夫婦でも共同遺言は作成できないその理由。

Pocket

今日の午後は遺言書原案の確認で那覇市内のお客様をお尋ねしました。
70代のご夫婦がそれぞれ公正証書遺言を作成したいとのことで、承っています。
最近ではご夫婦で遺言書を作成したいとのご意向も多いので、対応させていただいています。
相続はどちらか一方が準備しても足りないところはありますからね。
こんばんは!沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

共同遺言は禁止されている

ご夫婦で遺言書を作成するケースも増えていますが、それぞれが遺言書を作成するということです。
夫婦といえども共同で1通の遺言書を作成することは民法で禁止されています。

共同で遺言書を作成すると遺言者の意思が完全に反映されない可能性があるからです。

遺言書は遺言者の最終意思で、法的拘束力があるものですから遺言者の意思がちゃんと反映されないといけないですからね。

実際に過去に共同で書かれた遺言書があり、無効と判断されたのがほとんどです。
一部は、遺言書の有効性が認められたものもあるようですが、稀なケースですので、どんなに仲のいいご夫婦でも共同で遺言書を書くことはやめたほうがいいですね。

もちろんお互いの遺言内容をどのようにしているのか、ということを情報共有することは相続人のことを考えたときには平等性も確保できるので、大事なことではないかと思います。

今日はこんなところで、失礼します。

今日のJAZZ

ジャズには沢山のスタンダードがありますが今日紹介するピアニストのセロニアス・モンク作曲の《‘Round Midnight》もその一つ。
多くのミュージシャンが演奏してます。
モンクのカルテットによる《‘Round Midnight》を紹介します。

【相続セミナー・説明会情報】

誰でも取り組める終活と相続と遺言のはなし~幸せな相続の準備~説明会」

【開催概要】
◇開催年月日:平成31年4月25日(木)
◇時間:10:00~11:45
◇定員:先着12名
◇参加費:2,000円(税込)/名
※当日、会場にてお支払いください

【申込方法】
◇電 話098-861-3953
◇メールお問合せフォーム
題名に「4/25セミナー参加申込」と入力お願いします

【会 場】
沖縄県教職員共済会館「八汐荘」3階小会議室
那覇市松尾1-6-1
駐車場有(説明会参加者無料)

詳細はここをクリック

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市、カーラジオなら北は読谷村、沖縄市、南は豊見城市、与那原町まで聴けます。
スマホのアプリならFMレキオのサイトでアプリをダウンロードすると聴けますよ。
JAZZのリクエストや遺言・相続に関する相談はこちらへどうぞ!

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です