【G.W.明けに聴きたいジャズ6選】ゴールデン・ウィークが終わると思うと憂鬱だと思っている貴方へ贈るジャズ。

Pocket

買い込んだまま読み終えていないジャズと音楽の本

ゴールデンウィークの最終日。
いかがお過ごしでしょうか?
もう終わる?
やっと終わる?
僕はサラリーマン時代は前者。
今は後者です。
どっちにしろお疲れ様でした。
沖縄はそろそろ梅雨入りですかね。
うっとおしい季節がやってきます。
頑張ろう。
こんばんは!沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

ゴールデンウィーク明けの憂鬱を晴らすジャズ

こんなに休むと仕事に行きたくない方も出てくるようですね。
4月から仕事を始めたフレッシュマンもG.W.明けには出勤したくなくなったり、仕事に対するモチベーションの下がる5月病があるらしい。
ま、人間だからしょうがないですよね。

そんな時に気持ちを上げる手段と言うのは色々あると思います。
美味しいものを食べる。
お酒を飲む。
運動をする。
友人とおしゃべりする。
ゲームをする。
ドライブする。
綺麗な風景を見る。
などなど。
リフレッシュする方法は沢山あると思う。

僕の場合は、ジャズを聴く。
ジャズには癒しの効果もあると思うんですよね。

だから、気分を変えたい人にはお勧め。
ということで、G.W.明けに聴きたいジャズをまとめてみました。

明日からの仕事も頑張りましょうね!

ちなみにミュージシャン名の後の《》内は曲名、『』内はアルバム名です。

ホレス・シルヴァー《Peace》

令和の時代が平和であることを祈りたいと思います。
今日(4/30)はピアニスト、ホレス・シルヴァーの《Peace》を紹介しています。
新時代を迎えるにあたり、戦争のなかった平成、戦争のない令和をホレス・シルヴァーの《Peace》を聴きながら祈りたいと思います。

ベニー・グッドマン《SING, SING, SING》

新しい時代の幕開けですから楽しいジャズを紹介します。
ビッグバンドによるスゥイングジャズが隆盛を誇った時代に活躍したクラリネット奏者であり、バンド・リーダーとしても唯一無二の存在であったベニー・グッドマンの《SING, SING, SING》を紹介します。
日本でも映画「スゥイング・ガール」の中で演奏されていたので、知っている方も多いのではないでしょうか。
令和が平和で、安らぎの多い、明るい時代となることを願い《SING, SING, SING》からスタートしたいと思います。

アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ『Caravan』

人生はわからないものです。
ジャズマンの人生も面白い逸話がある人が多い。
ドラマーでバンド・リーダーとしても活躍したアート・ブレイキーはもともとはピアノを弾いていました。
しかし、ある日のことブレイキーが所属するクラブのボスがピアニスト(エロル・ガーナー)を連れてきて弾かせたところ、ブレイキーよりも上手かったとのことで、ボスはブレイキーに拳銃を突きつけて「お前はアッチにいってな」とドラムセットのほうに生かせたとのこと。
それから、アート・ブレイキーは猛練習の末、人気、実力を兼ね備えたドラマーとなり、ジャズメッセンジャーズのリーダーともなるのです。
ボスにドラムを叩けと、言われたときに素直に従っていなかったらアート・ブレイキーはジャズの巨人とはならなかったかもしれませんね。
人生って何が起こるかわかりませんね。
今日(5/2)はアート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズのアルバム『Caravan』を紹介します。
ハイテンポでカッコいい曲が多い。
メンバーも凄いですね。
トロンボーンのカーティス・フラー、サックスのウェイン・ショーターやトランペッターのフレディ・ハバードなども名を連ねています。

ブランフォード・マルサリス《Harlem Blues》

今日(5/3)は僕のお気に入りの曲を紹介します。
スパイク・リー監督の映画「モ・ベタ・ブルース」の挿入歌として使われたブランフォード・マルサリスの《Harlem Blues》。
ヴォーカルのシンダ・ウィリアムスの歌声が切ない。
何度聴いてもいいなぁ。

マイルス・デイヴィス《Blue in Green》

先日(5/1)のラジオ番組「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオ80.6Mhz)のお別れに流した好評でしたので、紹介しておきます。
トランペッター、マイルス・デイヴィスの世界中で1,000万枚以上売れて、未だに売れ続けているベストセラーアルバム『Kind of Blue』から《Blue in Green》です。
マイルスのクレジットがついてますが、ピアニストのビル・エヴァンスの作曲らしいですね。
グループを脱退していたエヴァンスもこのアルバム制作のために参加しています。
ジャズを聴くなら、このアルバム、そしてこの曲《Blue in Green》から聴いてみるのもいいんじゃないかな。

デクスター・ゴードン『Our Man In Paris』

アメリカのジャズメンはヨーロッパに渡って活動する人も多かったようで、サックス奏者デクスター・ゴードンもその一人。
ゴードンは1960年代初頭から1976年の間は、ヨーロッパで活動していました。
その時にピアニストのバド・パウエルやドラマーのケニー・クラークらと録音したアルバム『Our Man In Paris』は評価の高い一枚です。
ゴードンが自由にノビノビと演奏しているのが良くわかります。
骨太なゴードンの歌声を楽しんでください。

【相続セミナー・説明会情報】

争わなくてすむ相続を遺言書で実現する ~幸せな相続の準備~ 説明会」

【開催概要】
◇開催年月日:令和元年5月29日(水)
◇時間:10:00~11:45
◇定員:先着12名
◇参加費:2,000円(税込)/名
※当日、会場にてお支払いください

【申込方法】
◇電 話098-861-3953
◇メールお問合せフォーム
題名に「5/29セミナー参加申込」と入力お願いします

【会 場】
沖縄県教職員共済会館「八汐荘」3階小会議室
那覇市松尾1-6-1
駐車場有(説明会参加者無料)

詳細はここをクリック

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市、カーラジオなら北は読谷村、沖縄市、南は豊見城市、与那原町まで聴けます。
スマホのアプリならFMレキオのサイトでアプリをダウンロードすると全国、世界中で聴けますよ。
JAZZのリクエストや遺言・相続に関する相談はこちらへどうぞ!

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です