突然のご家族との別れは辛いけれども3か月以内に決めないといけない事があります。

Pocket

お世話になっている方の奥様がお亡くなりになったという連絡があり、お通夜に行ってまいりました。
奥様とも面識があり、いつも何かと気にかけて下さり、応援してくださる方でした。
本当に残念です。
ご家族のお話によると1か月ほど前から入院していて、体調もだいぶ良くなりそろそろ退院もできるかもとの話が出ている中、昨晩容態が急変し、帰らぬ人となってしまったようです。
午前中までは、電話でお話ししたり、お持ちが食べたいから買ってきてと家族に頼んだりと、普通にお話しされていたそうです。
ご家族も突然のことで、事態が呑み込めないでいらっしゃいました。
僕のお世話になっている旦那様も、いつもクールなのに奥様の死を受け入れられない姿に、僕も胸が痛かった。
人は生まれて、必ず死がやってきますが、それはいつなのかわからない、それは皆分かっているけど大事な方の突然の死は受け入れがたい事だと思います。
心からご冥福をお祈りいたします。
こんばんは。沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

相続は被相続人の死亡と同時に始まります

家族の誰かが亡くなると相続は開始します。
亡くなったと同時に開始します。

お通夜、葬儀、告別式、納骨、ご供養、初七日、四十九日などお忙しいと思いますし、何よりも大事なご家族を亡くして気持ちの整理がつかない、寂しい、悲しいといった感情が溢れてくると思います。
しかし、相続は待ったなしで始まってしまいます。

相続の開始。被相続人の死亡と同時になじまります。

相続が開始したら3か月以内に選択しなければいけない事

相続においては、亡くなった方の手続きを進めるうえで、期限というものがいくつかあります。

まずとても大事なのが、3か月という期限です。
3か月以内にしなければならないのは、相続のするかしないか決める事なのですが、単純承認、相続放棄と限定承認の3つの方法があります。

単純承認は、相続があったことを知ってから3か月が経過するか、相続財産を処分(使ったり、売却したり)すると何の手続きもなしに単純承認となります。
ですから、相続することを決めたのであれば、何もしなくても単純承認されるのです。

相続放棄は、借金が多い場合や相続財産の全容がよくわからず借金が多いかもしれないといったときに、選択されます。
3か月以内に決めなくてはならない手続きの中では、これが一番重要なことかもしれません。
相続で大きな借金を背負うことは皆さん避けたいことだと思います。
ですから、もしも亡くなった方に借金があるようなことがあれば、相続放棄を選択することも大事だと思います。
相続放棄を選択するなら3か月以内に家庭裁判所で申述しなくてはなりませんので、気を付けてください。

限定承認は、プラスの財産の範囲内で、マイナスの財産を相続するとても難しい方法で、あまり使われていないようですが、どうしても残したい財産があるのであれば、選択するのも一つの手でしょう。
しかし、一般の方が限定承認の手続きをするのは困難を極めると思いますので、弁護士に相談することをお勧めします。

ご家族を亡くして、大変な時だとは思いますが、まずは3か月以内に重要な選択を行けませんので、お気を付けください。

 

今日のJAZZ

サックス奏者ソニー・ロリンズは音楽に真摯に向き合ったジャズマンの一人だったと思います。
1950年代末、ロリンズは人気絶頂にあるときに表舞台から姿を消します。
自分の演奏を見つめ直すために、日々練習に明け暮れていたといいます。
復帰するのは1961年11月ですが、復帰後最初に発表したアルバムが『The Bridge』(橋)です。
休んでいる間に、ニューヨークのマンハッタンとブルックリンを結ぶウィリアムズバーグ橋で練習を続けていたことからこの名前にしたそうです。
ニューヨークではウィリアムズバーグ橋をソニー・ロリンズ橋に改名する運動があるとかで、実現してほしいなと思う次第です。

【相続セミナー・説明会情報】

「終活と相続と遺言のやさしいはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会」

【開催概要】
◇開催年月日:平成30年9月26日(水)
◇時間:10:00~11:45
◇定員:先着12名
◇参加費:2,000円(税込)/名
※当日、会場にてお支払いください

【申込方法】
◇電 話098-861-3953
◇メールお問合せフォーム
題名に「9/26セミナー参加申込」と入力お願いします

【会 場】
沖縄県教職員共済会館「八汐荘」3階小会議室
那覇市松尾1-6-1
駐車場有(説明会参加者無料)

詳細はここをクリック

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市、カーラジオなら北は読谷村、沖縄市、南は豊見城市、与那原町まで聴けます。
スマホのアプリならAndroidはGoogle Playで「FMレキオ」、iPhoneはApp Storeで「Tunein Radio」で聴けます。
JAZZのリクエストや遺言・相続に関する相談はこちらへどうぞ!

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です