そして僕は途方に暮れる・・・相続手続きで何から手を付けたらいいかわからないあなたへ。

Pocket

沖縄県那覇市の空 左から2番目の建物は沖縄県庁

相続手続き・・・何から手を付けたらいいかわからない

先日の僕の相続セミナーにご参加された方は、7月の初めにお父様を亡くされ相続手続きが必要だけど「何から手を付けたらいいのかわからない」とお話しされていました。

肉親を亡くし心身ともに疲れ切っているところだったのかもしれません。
大きな体されているお客様でしたが、声は小さかった。

誰かがお亡くなりになると様々な手続きが発生します。
死亡届、火葬許可、葬儀、ご供養、水道・ガス・電気などの様々な契約関係の変更そして財産の相続手続き。

人は生きている中で様々な権利義務関係が発生していますから、その方が亡くなれば手続きを一つずつ進めていかなくてはいけません。

ご家族が混乱してしまうのは致し方ないと思います。

特に相続の手続きはどうしたらいいのか、わからないという方も多い。

途方に暮れてしまいますよね。
何から手を付けたらいいのだろうか?

そんな時には専門家に相談してください。

現状を整理し、今何をすべきかを一緒に考え、解決策をご提案できます。
一人で悩んで、ストレスをためるのはいけません。

また、わからない者同士が意見を交換し合っても場合によっては事態を複雑にするだけかもしれませんから、専門家の意見を聞くといいかと思います。

相続における手続きは3か月と10か月が重要

相続については、やるべきことが沢山出てきます。

まずは、遺言書の有無を確認してください。
遺言書があるのとないのとでは手続きが違ってきます。
公正証書遺言以外は家庭裁判所の検認も必要です。

遺言書があれば執行、なければ相続人全員での遺産分割協議の開始です。

遺言書を執行するにも遺産分割協議をするにも相続人と相続財産の調査も必要です。

そして大事なのが、もしも相続財産がマイナス(負債)が多いため相続放棄をしたいと考えるなら3か月以内に手続きをとらなくてはなりません。
期間の伸長の手続きも可能ですが、3か月以内に手続きをとらなくてはいけません。
この手続きを怠ると相続でマイナスの財産を引き継ぐことになります。

故人の負債を背負う、その覚悟があればいいのですが、そうでなければ必ず手続きをしてください。

次に厳守しなければならないのが、10か月以内に行う相続税の申告と納付です。
相続税が課税される割合は全国平均で8%前後、沖縄では約6%くらいですから、全ての相続で税金が発生するわけではありませんが、相続税が発生するのであれば、10か月以内に申告と納付を行わなくてはなりません。

相続税は現金納付が原則ですので、現金の準備なども出てくるでしょう。

相続の手続きは思いのほか時間を要します。
特に遺言書がない場合の遺産分割協議は大変な作業です。

もしも、相続手続きが進まなくて、困っているようなら、お近くの専門家に相談してみてください。
解決策が見つかるはずです。

今日のJAZZ

人生の転換期というのは誰にしもあるのではないでしょうか。
ジャズの帝王と呼ばれたマイルス・デイヴィスが帝王の道を駆け上がっていくきっかけとなったのが、1955年に亡くなったサックス奏者チャーリー・パーカーの追悼コンサートがニューポート・ジャズ・フェスティバルで行われました。
その時にマイルスは、セロニアス・モンクが作曲した《’Round Midnight》をオールスタ―バンドで演奏し、観衆に大絶賛を受け、大手レコード会社コロムビア・レコードの目にもとまり、プレステッジからコロムビアに移籍します。
1955年にはマイルスは初めてレギュラーバンドを編製し、コロムビア移籍第一号のアルバム『Round About Midnight』を1956年に発表します。
ミュートの効いた情緒的でありながら熱のあるマイルスと、ジョン・コルトレーン、レッド・ガーランド、ポール・チェンバースとフィリー・ジョー・ジョーンズのそうそうたるメンバーが脇を固める演奏の数々は人気を博し、マイルスの存在を一挙に世に知らしめることになりました。
マイルスはいつでも「いい音楽」を求めて演奏をし、手を抜かなかった。
一つ一つの演奏に集中し、いい演奏をしているからこそ大手のコロムビアの目に留まり、その後の不動の地位を確立していくのでしょう。
何事も集中し、目の前のことに力を注ぎ、いい仕事をすること。
そうすれば見ていてくれる人はいます。
これはビジネスにも繋がりますね。

【相続セミナー・説明会情報】

「終活と相続と遺言のやさしいはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会」

【開催概要】
◇開催年月日:平成30年9月26日(水)
◇時間:10:00~11:45
◇定員:先着12名
◇参加費:2,000円(税込)/名
※当日、会場にてお支払いください

【申込方法】
◇電 話098-861-3953
◇メールお問合せフォーム
題名に「9/26セミナー参加申込」と入力お願いします

【会 場】
沖縄県教職員共済会館「八汐荘」3階小会議室
那覇市松尾1-6-1
駐車場有(説明会参加者無料)

詳細はここをクリック

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00~21:50放送中。
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市、カーラジオなら北は読谷村、沖縄市、南は豊見城市、与那原町まで聴けます。
スマホのアプリならAndroidはGoogle Playで「FMレキオ」、iPhoneはApp Storeで「Tunein Radio」で聴けます。
JAZZのリクエストや遺言・相続に関する相談はこちらへどうぞ!

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です