初心者向けのジャジーお勧めのJAZZ!!(H30/4/23~4/29)

Pocket

ゴールデンウィークの前半が終了しましたが、好天が続いている沖縄は行楽地がにぎわっているようですね。
僕らも今日は陽気に釣られてドライブに出かけて、八重瀬町のサザンリンクスリゾートの裏にある玻名城ビーチへ出かけてきました。
やっぱり沖縄の海は気持ちいいですね。
こんにちは!沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

海で遊ぶ次男坊

一週間を振り返るJAZZ

僕はJAZZが好きなので、毎日のブログでほぼ「今日のJAZZ」と題して、お気に入りのJAZZを紹介しています。
今日は先週火曜日から紹介したJAZZを振り返ってみます。

JAZZ初心者の僕は聴きやすくてわかりやすいJAZZを聴いてますますので、JAZZを聴いてみたいけど何を聴いたらいいかな?という方のお役に立てるかもしれません。

JAZZ好きの行政書士ジャジーが紹介するJAZZをお楽しみください!
こうして振り返ってみるとマイルス・デイヴィスの曲やアルバムをけっこうチョイスしてるのがわかりますね。

マイルスの自叙伝を読んでいるからだと思います。

マイルス・デイビス 自叙伝Ⅰ(宝島社文庫)

ちなみに紹介している曲は《曲名》、アルバムは『アルバム名』で紹介してます。

レッド・ガーランド『A Garland of Red

聴きやすいジャズというのはあると思います。
僕は1950年代なかばから1960年代のジャスのスタイルの一つであるハード・バップ時代のジャズがとても聴きやすくていいかな。
その時代に収録された演奏は心地よいです。
今日紹介するのは1956年に収録されたピアニストのレッド・ガーランド率いるトリオの『A Garland of Red』。
レッド・ガーランドの軽やかな演奏が楽しめる、雨の日に聴きたい一枚です。

バド・パウエル《Over The Rainbow

ジャズメンって個性的だと思います。
ジャズが「ありきたりを嫌う」音楽だから、個性的な人が演奏するのかもしれない。
人柄も個性的だし、演奏方法も個性的なジャズメンは多い。
僕がJAZZクラブに通い始めたころに、女性ピアニストに質問しました。
「好きなピアニストは誰ですか?」
「天才、バド・パウエルです!」と即答があったのを覚えてます。
今日はたまたまYoutubeで見つけたバド・パウエルの《Over The Rainbow》を紹介します。
とても個性的な演奏が聴けますよ。

マイルス・デイヴィス《Walkin’

マイルス・デイヴィスの黄金のクインテットの演奏を聴くのが楽しくてYoutubeで目についたら聴いてます。
今日は1965年12月23日のライブで収録されたライブアルバム『The Complete Live at the Plugged Nickel 1965』に収録された《Walkin’》です。
マイルスの死後の1995年にコロンビアから発売されたCDですが、レーベルはいろんな音源を大事に保管してたんですね。

チェット・ベイカー《But Not For Me

今日(4/16)もセミナー会場ではオープニングと休憩中にジャズを流してましたが、久しぶりに聞いたのがトランペッターのチェット・ベイカーの《But Not For Me》(バット・ナット・フォー・ミー)です。
チェットは歌も歌うのですが、その歌声は中性的で多くのファンがいたと聞きます。
僕も初めてこの曲を聴いたときには女性が歌っていると思い込んでました。
チェットの歌声は中性的で情緒的ですね。

マイルス・デイヴィス『In A Silent Way

マイルス・デイヴィスは常に自分の求める音楽を見つめていました。
年がたつにつれ音楽への考え方も変わるため、新しいことに挑戦し続けてきました。
1960年代後半にはエレクトリックな演奏にシフトしていきますが、そこでも沢山の実験的な演奏を繰り返します。
そんな中でマイルス曰く最高のメンバーと作り出したアルバム『In A Silent Way』は試行錯誤の末に、マイルスの求める音楽が結実した一枚でした。
僕はアコースティック楽器のジャズが好きですが、どんな意見があろうがマイルスの自分が愛する音楽を追求する姿には学ばないといけないと思うことが多々あります。

マイルス・デイヴィス『Kind of Blue

超一流の人間になると何でそんな思考になるのだろうか?と思うことがあります。
帝王と呼ばれたトランペッターのマイルス・デイヴィスのモード・ジャズの傑作アルバム『Kind of Blue』(カインド・オブ・ブルー)は世界中で1,000万枚以上売れた大ヒット作ですが、マイルスはこのアルバムでの演奏を失敗だったと言っています。
1,000万枚も売れたアルバムが失敗作です。
マイルス曰く「自分のイメージした演奏とは違う」そうです。
マイルスからすると売れることよりも自分の求める演奏ができたかどうかが、大事だったんですね。
結果オーライだけで、満足してはいけないですね。

ミシェル・ペトロチアーニ《Looking Up

今日(4/29)のセミナー会場で流していたフランスのジャズピアニストでミシェル・ペトロチアーニの《Looking Up》を紹介します。
ミシェルは障害があるにもかかわらずとてもアグレッシブで、創造的な演奏をします。
まずは聴いてもらったほうがいいと思う。
心躍る演奏です。

【相続セミナー・説明会情報】

遺言書が相続争いを回避する ~幸せな相続の準備~ セミナー」

【開催概要】
◇開催年月日:平成30年5月29日(火)
◇時間:午前10:00 ~ 11:45
◇定員:先着12名
◇参加費:2,000円(税込)/名
※当日、会場にてお支払いください

【申込方法】
◇電 話098-861-3953
◇メールお問合せフォーム
題名に「5/29セミナー参加申込」と入力お願いします

【会 場】
沖縄県教職員共済会館「八汐荘」3階小会議室
那覇市松尾1-6-1
駐車場有(説明会参加者無料)

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00から21:50
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市、カーラジオなら北は読谷村、沖縄市、南は豊見城市、与那原町まで聴けます。
スマホのアプリならAndroidはGoogle Playで「FMレキオ」、iPhoneはApp Storeで「Tunein Radio」で聴けます。
JAZZのリクエストや遺言・相続に関する相談はこちらへどうぞ!

【コンタクト】

〒900-0014 沖縄県那覇市松尾1丁目15番7号 2階
電話098-861-3953
FAX098-862-8641
メールお問合せフォーム

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生の46歳。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です