マイホームを建てたら考えたほうがいい相続のこと。大事な家族が住むところを失うこともある。

Pocket

最近、沖縄では木造住宅の建設も多くなっているようですね。
木造住宅のイメージはシロアリに食われる、火事が心配、耐震は大丈夫か?、デザインが古臭くないか?などなどネガティブなことが多かったようですが、最近の木造住宅はあらゆる心配事に対策が練られて、丈夫な住宅が創れるようになっているようです。

今回、友人からの紹介で、一級建築士事務所ハルモデザイン(豊見城市豊見城)が主催する「木造住宅構造見学会」の一環で開催される『理想のすまいづくりセミナー』で、相続の話をさせてもらうことになりました。
家づくりを考えている方には木造住宅を知るチャンスでもあるのではないでしょうか。
良かったら足を運んでみてください。
木造住宅構造見学会は、4月28日(土)と29日(日)に開催されます。
会場は建築中の建物(浦添市大平314-2)。
『理想のすまいづくりセミナー』は29日(日)に開催されます。
11:00「マイホームを建てたら考える3つの相続対策とは?」
13:30「沖縄で快適に過ごす為の住宅性能とは?」
14:30「70万のほじょきんのチャンス!これからの住まいZEHとは?」
詳しくは一級建築士事務所ハルモデザインのHPをご覧ください!

木造住宅構造見学会

住宅を購入または建てたら相続のことも考えたほうがいい

沖縄の相続の特徴として、不動産(土地や建物)の割合が高いことがあります。
相続財産における不動産の割合が全国平均では約44%なのに対して、沖縄は約70%となっています。
不動産はあるけど、現金預貯金は少ないというのが沖縄の相続の特徴のようです。

不動産は分割しにくい財産です。
土地、家や収益物件は、相続で一つの不動産を複数の相続人で分けることはとても難しいことです。

また、人が住んでいる家だとすると相続人全員で分けるとなると様々な支障が出てくるでしょう。
例えば、子供のいないご夫婦の夫が亡くなり、相続人は妻と夫の兄弟姉妹だとすると妻が4分の3、兄弟姉妹が4分の1を相続する権利があります。

夫の兄弟姉妹が未亡人である妻のことを考えてくれて亡くなった夫の全ての財産を妻が相続することに同意してくれるのであれば、残された妻も生活の心配はないかもしれません。

配偶者と第三順位の兄弟姉妹が相続人となるケース。

しかし、兄弟姉妹が自分たちの権利を主張してきたらどうでしょうか?
法律は兄弟姉妹にも相続する権利を認めていますから、遺産分割協議で兄弟姉妹が相続する権利を主張してきたら法定通りに分割しなくてはならないこともあると思います。

そうなると現金預貯金だけでは兄弟姉妹の相続分を補えないので、土地や家を売却してお金に換えて分割しなくてはならないこともあるかもしれません。

相続の準備がされていないと・・・

実際に僕も過去にそういったご相談をうけました。
亡くなった夫の兄弟姉妹が強硬に法律通りの財産分与を迫ってきていて、大変な思いをされた方がいました。
家や土地を売ってお金に換えて分けろ!とまで言ってきてたようです。

倫理的にはどうかと思いますが、法的には兄弟姉妹には権利がありますから、自分の権利を主張することは問題ないですよね。

僕が相談を受けた件は、夫と長年暮らしてきた思い出の多い家であり、売却することはできないとのことでなけなしの現金預貯金を夫の兄弟姉妹に分割することで同意してもらいましたが、後味の悪い相続となりました。

主な財産が土地や家だけだという人は、残される家族が困らないようにしっかりと準備をしてほしいのです。

先にあげた例ですと、兄弟姉妹には相続する最低限度の権利である遺留分がありませんので、夫が遺言書を書いていたら問題のなかったことです。

家を建てたのならしっかりと相続の対策もしてもらいたいのです。

今日のJAZZ

サックス奏者のトレーンことジョン・コルトレーンはソプラノ・サックスも演奏しますが、マイルス・デイヴィスにソプラノ・サックスをプレゼントされてからのめりこんだそうです。
トレーンの名演と言えば《My Favorite Things》ですが、トレーンの素晴らしいソプラノ・サックスが聴けます。

 

【相続セミナー・説明会情報】

遺言書が相続争いを回避する ~幸せな相続の準備~ セミナー」

【開催概要】
◇開催年月日:平成30年4月26日(木)
◇時間:午前10:00 ~ 11:45
◇定員:先着12名
◇参加費:2,000円(税込)/名
※当日、会場にてお支払いください

【申込方法】
◇電 話098-861-3953
◇メールお問合せフォーム
題名に「4/26セミナー参加申込」と入力お願いします

【会 場】
沖縄県教職員共済会館「八汐荘」3階小会議室
那覇市松尾1-6-1
駐車場有(説明会参加者無料)

詳細はここをクリック!

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00から21:50
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市、カーラジオなら北は読谷村、沖縄市、南は豊見城市、与那原町まで聴けます。
スマホのアプリならAndroidはGoogle Playで「FMレキオ」、iPhoneはApp Storeで「Tunein Radio」で聴けます。
JAZZのリクエストや遺言・相続に関する相談はこちらへどうぞ!

【コンタクト】

〒900-0014 沖縄県那覇市松尾1丁目15番7号 2階
電話098-861-3953
FAX098-862-8641
メールお問合せフォーム

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生の46歳。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です