女性に贈るバラの花。相当な高級品であるバラは贈与税の対象になるか?

Pocket

今日は私ことながら妻と結婚して丸22年がたち、23年目に突入しました。
いわゆる結婚記念22周年です。
お祝いの時には妻が好きなバラの花を贈ります。
喜ばれるからです。
多くの女性がバラの花は好きですよね。
僕もバラの花が好きです。
特に赤のバラは情熱的で、いいですよね。

バラの花束

バラを贈るようになった理由

僕は妻との記念日には、赤いバラを送りますが、妻以外の女性の送別会、お別れ会、誕生日、何かしらのお祝いや激励の意味でも贈ったりします。

女性に花を贈るようになったのは、大学を卒業して、最初の職場で仕事を始めたころ3つ上の女性の新入職員の指導係りの先輩がいて、仕事、酒の飲み方、飲み屋や女性の心理について、いろいろ教えてもらいました。

その先輩があるとき、飲み会の席で僕に言ったんです。

「城間君ね、この間、私の嫌いなキザでナルシストの上司からお花をもらったのよ。
いつもその上司のことをキモイと思っていたけど、お花をもらうと嬉しいんだよね。
お花には罪がないからね。女性はお花をもらうと嬉しいのよ。」

僕は思いました。
女性は花が好きなんだ!何かの折には花を贈ろう!

その教えは正しかったです。
いつも女性に花を贈ると喜んでもらえます。

先輩に教えてもらった僕は、当時、職場のあった東京都新宿での同期の仲間との飲み会の帰りに、車で移動販売していた花屋さんで、同期の男性陣でバラの花を買い同期の女性に一本づつバラの花を渡したら、とても喜んでくれてました。

食べ物や小物などは、趣味や好き嫌いがありますが、お花は外れがない。
お花屋さんに相談したらいいです。

例えば、女性の友人に花を贈りたいと思った時に、花屋に行って、お花屋さんに伝えます。
「35歳くらいで、仕事をバリバリするのですが、とても愛嬌があって、可愛いタイプの女性に合った花束を3,000円くらいで作ってください!」

そしたら、素晴らしい花束ができますから。

バラの花を贈ると贈与税がかかる?

ちなみに、贈り物をするのも贈与の一つです。
年間110万円までの贈り物については、贈与税は課税されません。
社会通念上相当と思われるような、お香典、贈答品、贈り物、祝い品などは贈与税の対象から外れますが、社会通念上相当でないと思われるようなものだと贈与税の対象になります。

例えば110万円を超えるような100万本の世界に一組しかないような希少なバラの花束などを贈ると贈与税が課税されるかもしれないですね。
そんなバラがあるのかわかりませんが(笑)

また、もうすぐホワイトデーですが、社会通念上相当と認められないような高級品の時計、宝石や車などをお返しにしたりすれば、これも110万円を超えれば贈与税になる可能性があるので、お気をつけください。

そして「社会通念上相当」というのは、難しい判断ですので、それは専門家にご確認ください。

今日のJAZZ

ジャズには生かしたタイトルの曲も多々ありますが、この曲もタイトルがいい。
Days of Wine and Roses》(酒とバラの日々)。
今日はサックス奏者デクスター・ゴードンの演奏です。
バラに囲まれて酒浸りの日々を送ろうか・・・(笑)

【相続セミナー・説明会情報】

「中学生でもわかる争わなくてすむ相続 ~幸せな相続の準備~ 説明会」

【開催概要】
◇開催年月日:平成30年3月28日(水)
◇時間:午前10:00 ~ 11:45
◇定員:先着12名
◇参加費:2,000円(税込)/名
※同一グループお二人目から1,000円
※当日、会場にてお支払いください

【申込方法】
◇電 話098-861-3953
◇メールお問合せフォーム
題名に「3/28セミナー参加申込」と入力お願いします

【会 場】
沖縄県教職員共済会館「八汐荘」3階小会議室
那覇市松尾1-6-1
駐車場有(説明会参加者無料)

【詳 細】
説明会の詳細はここをクリック。

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日21:00から21:50
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市、カーラジオなら北は読谷村、沖縄市まで、南は豊見城市、与那原町まで聴けます。
スマホのアプリならAndroidはGoogle Playで「FMレキオ」、iPhoneはApp Storeで「Tunein Radio」で聴けます。
JAZZのリクエストや遺言・相続に関する相談はこちらへどうぞ!

【コンタクト】

〒900-0014 沖縄県那覇市松尾1丁目15番7号 2階
電話098-861-3953
FAX098-862-8641
メールお問合せフォーム

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生の46歳。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です