知ってますか?相続信託という相続対策のスキーム。

Pocket

今日の沖縄は暖かですが、咳と鼻水が止まりません。
沖縄県那覇市の相続専門のJAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です。

年末を迎えて、慌ただしくなってきました。
仕事も山積み。
初めての確定申告の準備もしなきゃ。
気が焦るばかりですが、落ち着いて行動します。
落ち着いて・・・

相続対策も色々な形があります

僕は相続が争い(争続)とならないように、遺言書を書くことをお勧めしています。
遺言書を書くということは、自分の財産を洗い出し、自分の亡き後の相続人となる人を確認し、自分の財産を誰にどのくらいの割合で遺せばいいのかを考えるので、自分の人生の棚卸になると考えています。

もちろん、遺言書があれば家族の無益な争いをかなりの確率で防止することができると思います。

そんな中で、いろいろな相続相談を受けるのですが、遺言書を書くだけでは、対策が不十分かな?といったケースもあります。

収益不動産を対象とした相続信託

例えば、相続財産の中に賃貸のアパートやマンションが含まれていて、複数の家族に相続してもらいたいと考えているときには、遺言書で持分の割合を指定するということがあります。しかし、そのあとの相続のことを考えると一つの不動産に複数の所有者が発生することがあり、場合によっては、あまり相続してもありがたくない可能性も出てきます。

例を挙げてみると、相続人3名に3階建ての賃貸マンションを相続させたとします。
相続人が1フロアーずつ相続したとしましょう。
3世帯が入っていたとします。
1世帯の賃料がひと月10万円なら、相続人は10万円×3世帯で30万円の収益物件を相続できます。

相続財産としてはいいですね。
でも、次の相続があったとします。
先の相続人3名にそれぞれ3名の相続人がいたとすると・・・

その賃貸マンションの所有者は、9名に増えます。
そうなると、賃料収入もひとりづつ減りますし、所有者が増えるので、管理も大変になります。

そんなと時に有効となるのが「相続信託」です。
簡単に言うと、信託契約で、収益不動産である賃貸マンションの所有者(委任者)が、その不動産を個人または法人(受託者)に委託し、受託者は信託財産から得られる賃料を委任者が指定する者(受益者)に配分する制度です。
収益不動産は委託された時点で、受託者に所有権は移り、そこから得られる収益が受益者に配分される形になります。
詳しく書くと訳が分からなくると思うので、とりあえずは概要だけ書いときますね。

そして、この相続信託は遺言書と違って、その相続財産の1回目の相続だけでなく、2回目以降の相続のことも考慮できるのです。

先にあげた例ですと、2回目の相続で、所有者が9名になる場合があることを記しましたが、所有者が増えると厄介な管理上の問題などを防止することができ、さらに9名のうちの限られた人に受益者としてあらかじめ指定することも可能なのです。

相続対策には、いろいろなケースがありますが、収益物件をお持ちの方は一考してもいいのかな~と思いますよ。

僕は現在このような案件を2件扱ってまして、受託者となる法人の定款作成でお手伝いさせていただいてます。
行政書士は、法人の設立に必要な定款作成もできるので、相続に絡んだ仕事として受けさせてもらっています。

会社設立のかかる参考図書。

会社設立のかかる参考図書。

今日のJAZZ

今日の夜9:00からは僕がパーソナリティーをしているラジオ番組「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」(FMレキオ80.6MHz)の放送日なんですけど、クリスマス直前ということで、クリスマスJAZZを流しています。

ラジオでも流した曲でJAZZのクリスマスアルバム「YULE STRUTTIN’ A BLUE NOTE CHRISTMAS」に収録されているトランペッターのChet Baker(チェット・ベイカー)の「Winter Wonderland」を聴いています。

チェット・ベイカーのトランペットは色っぽい音色と評されますが、クリスマスの曲もいいですよ。

JAZZアルバム「YULE STRUTTIN' A BLUE NOTE CHRISTMAS」

JAZZアルバム「YULE STRUTTIN’ A BLUE NOTE CHRISTMAS」。

 

【ジャジーのJAZZツアー開催中】
僕の通うJAZZクラブに行ってみたい人はお気軽にお電話ください。
最高にカッコいい、至福の時間をご案内します♪
ジャジーのJAZZツアーの詳細はこちら

「Parker's Mood Jazz Club」 那覇市久茂地3-9-11アーバンビル5F

「Parker’s Mood Jazz Club」
那覇市久茂地3-9-11アーバンビル5F

【ラジオ番組パーソナリティ】

「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」
毎月第1および第3水曜日 21:00から21:50
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市、
カーラジオなら南は糸満市から北は読谷村あたりまで、
インターネット経由のサイマルラジオなら全国で視聴可能!
僕がラジオパーソナリティをしている理由はこちら
大好きなJAZZや遺言・相続のことを中心におしゃべりしてます^^
聴きたいJAZZがあったらリクエストください!

遺言・相続に関する疑問がありましたらお気軽にご質問ください!

【コンタクト】
〒900-0014 沖縄県那覇市松尾1丁目15番7号 2階
携帯電話 080-1087-7965
電  話 098-861-3953
FAX   098-862-8641
メール  お問合せフォーム

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です