「JAZZ」は「JASS」と表記されてる時代もあった。それから変わり続けるJAZZの100年。

Pocket

こんにちは。
沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

JAZZはJASSだった!

とあるJAZZの本を読んでいたらこんな表記が出てきました。

「JASS」

何かと思ったら、JAZZは当初「JASS」と表記されていたそうなのです。

JAZZの商業用の初のレコードは、1917年のオリジナル・ディキシーランド・ジャズ・バンドの《Dixie Jass Band One Step》が収録されていますが、標記が「Jass」となっているのがわかります。

ふむ。知らなかった(笑)

また、ちょうどJAZZの初のレコーディングから100年なんですね。

これを機会に、初期のJAZZ(JASS)を何曲か聞きましたが、楽しいですね。

賑やかな曲が多い。

JAZZは西洋音楽とアフリカ音楽の組み合わせで発展した曲であり、多くの音楽的要素が組み合わさってできてます。

JAZZは、ニューオリンズで白人、クレオールや黒人が交流するための音楽としてお祭りやお葬式の行進曲を演奏するマーチングバンドを編製したことら始まったとされていますので、多くのメンバーで構成され、楽しく、賑やかな音楽だったようです。

今年2月のエクスマ・セミナーでの一枚。マンゴーとアテモヤを栽培する漢那農園のムーネーの写真。カッコいい~。でも、トランペットは吹けません!(笑)

100年たっても色あせない、変化し続けるJAZZ

100年以上の歴史がるJAZZですが、今も発展し続けています。

それは、JAZZの精神が大きく関係していると思います。

JAZZは「ありきたりを嫌う」音楽です。
だからこそ、ずっと変わり続けてきました。

スイング、ビ・バップ、クール・ジャズ、ウエスト・コースト・ジャズ、ハード・バップ、ファンキー・ジャズ、モード・ジャズ、ソウル・ジャズ、フリー・ジャズ、ジャズ・ロックやフュージョンなど様々な変化を遂げてきました。

即興演奏(インプロヴィゼーション)で流れを大事にし、アドリブで個性を発揮するJAZZは100年経っても色あせず、変わり続けています。

今の時代にも通じますよね。

変わり続ける世の中を敏感に察知し、インプロヴィゼーションの精神で、アドリブを発揮し人生を生きるんですね。

そして、それは会社経営も一緒なのかもしれません。、

まさに、僕の名刺にも刻まれている「人生はJAZZだ!経営もJAZZだ!」に通じますね。

 

今日は、JAZZの本を読んでいて目について「JASS」からJAZZのことをちょっと考えてみました。

 

 

しかし、インターネットって素晴らしい。

今日のネタはほぼグーグール先生に聞きました(笑)

 

ということで、今日もJAZZY(ジャジー)な一日をお過ごしください!

 

今日のJAZZ

とても古いJAZZで、JAZZ発祥の地アメリカ・ルイジアナ州ニューオリンズで生まれ育ちそこで活躍したクラリネット奏者George Lewis(ジョージ・ルイス)と同じくニューオリンズ生まれのギターとバンジョー奏者Laurence Marrero(ローレンンス・マレロ)の《The World Is Waiting For The Sunrise》。
ニューオリンズのJAZZらしいとても賑やかな演奏です。
これこそ初期のJAZZなんでしょうね。
その時代に、そこで聴いてみたかった。

 

【セミナー・説明会情報】 セミナー告知チラシはこちら

「遺言書は相続争いを予防する ~幸せな相続の準備~ 説明会」

「自分の死後、家族が相続で争わないかと考えると夜も眠れませんでしたが、話を聞いて安心しました。遺言書を書きます。ありがとうございました。」
当事務所主催の説明会にご参加いただき、遺言書を書きあげた方の感想です。
僕が遺言書作成のお手伝いをしてきた方は、自分の死を意識しているにも関わらずに一様に笑顔で「ありがとう」とおっしゃられます。
モヤモヤしていた気持ちの整理がつくからではないかと思っています。

相続争いは誰にでも起こる可能性があります。
しかし、相続争いの原因を知り、準備さえすれば、ご自身もご家族も安心し、人生の最後の瞬間まで幸せでいられると思います。
何も心配しなくていいのですよ。まずは、相続の事を知ってください。

【こんなことでお困りではないですか?】
一つでも当てはまるようでしたら、是非、説明会へお越しください。
☑そもそも相続のことが、まったくわからなくて心配
☑相続が争いとならないか心配
☑相続争いの予防策について知りたい

《日時》 平成29年7月26日(水) 午前10:00~11:45
《会場》 沖縄県教職員共済会館「八汐荘」 3階小会議室(那覇市松尾1-6-1)駐車場有
《定員》 12名
《参加費》2,000円(税込)
《申込方法》
・電  話 098-861-3953
・FAX   098-862-8641
・メール  お問合せフォーム  ※題名に「7/26セミナー参加申込」と入力お願いします

【ジャジーのJAZZツアー開催中】
僕の通うJAZZクラブParker’s Mood Jazz Club」 に行ってみたい人はお気軽にお電話ください。最高にカッコいい、至福の時間をご案内します♪
ジャジーのJAZZツアーの詳細はこちら

「Parker’s Mood Jazz Club」
那覇市久茂地3-9-11アーバンビル5F

【ラジオ番組パーソナリティ】
「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」
FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日 21:00から21:50
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市まで、
インターネット経由のサイマルラジオなら全国で視聴可能!
僕がラジオパーソナリティをしている理由はこちら
大好きなJAZZや遺言・相続のことを中心におしゃべりしてます。
聴きたいJAZZがあったらリクエストください!
遺言・相続に関する疑問がありましたらお気軽にご質問ください!

【コンタクト】
〒900-0014 沖縄県那覇市松尾1丁目15番7号 2階
携帯電話 080-1087-7965
電  話 098-861-3953
FAX   098-862-8641
メール  お問合せフォーム

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です