人には天寿があります。準備しないとね。

Pocket

こんにちは。
沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

今日は朝早い飛行機で、東京へやってきました。
当たり前ですが空の上は快晴でした。
明日の夜、沖縄に帰ります。

雲海

人の致死率100%

沖縄の新聞には「お悔やみ欄」があって、毎日のように訃報が掲載されています。
人のつながりが強い沖縄なので、新聞で友人や知人の名前を見つけることもありますし、お世話になった方へ広く、故人の死を伝える役割を担っています。

琉球新報 お悔やみ欄

昨年のことですが、同じ日に、母の知り合いが、何名か亡くなったようです。
新聞のお悔やみ欄で知ったことです。

また、知り合いの息子さんで、僕よりも若い方が突然亡くなったとの連絡があったようです。

本当に、人間には何が起こるわからないですね。

毎日を悔いなく楽しく生きていきたいと思ってます。

不安にさせるつもりはないのですが、人の死というのは、誰にでも等しくやってきます。

それは、この世の中で絶対といわれる唯一のことではないでしょうか。

母親の知り合いの息子さんは、僕よりも早く逝きました。

また、これから母親が向かう告別式は、101歳の天寿を全うした方です。

寿命に違いはあれ死はやってくるわけです。

終活

最近は、「終活」(人生の終わりのための活動)という言葉も飛び交ってます。

人が天寿を全うするに当たり、しっかり準備をしようと言うことです。

主に、仕事を引退して、老後を考えることになる65歳以降の方などは「終活」を意識されるようですね。

率直に言って、「終活」と言う言葉には少し、寂しい響きがあるかもしれません。

でも、考えようによっては、老後を充実して過ごすための大切な活動となることがわかるでしょう。

自分の人生を振り返り、自分の老後のことをプランニングし、そのために今やるべきを考え行動するわけですから、あらためて人生の張り合いを見つけられるのかもしれないですね。

また、最近は「終活」を始めるのは若い世代、僕たち40代にも広がりをみせているようですね。

人生を逆算した時に、今なにをすべきか、どうしたら老後を豊かに楽しく過ごせるのかという意識が働いているようです。

人の死は予測できない中でやってくることもあり、人生の終盤をプランニングできる人は幸せなのかもしれません。

遺言書を書くのも終活の一つ

終活の一つとして、相続のことを考えることもあります。

あなたの遺産のことで、遺されたご家族が争わないように、遺言書を書くことも大事なことなんですね。

母親が新聞のお悔やみ欄を見て、思ったのは概ねそんなことです。

 

 

今日のJAZZ

サックス奏者Sonny Rollins(ソニー・ロリンズ)の名盤『Saxophone Colossus』。
飛行機の中で、このアルバムの≪Strode Mode≫が流れてました。
それで聴きたくなったそれだけです。
ロリンズの生き方が好きです。
即興演奏を追求し続けているジャズマンです。

 

【セミナー・説明会情報】 セミナー告知チラシはこちら

「遺言書は相続争いを予防する ~幸せな相続の準備~ 説明会」

「自分の死後、家族が相続で争わないかと考えると夜も眠れませんでしたが、話を聞いて安心しました。遺言書を書きます。ありがとうございました。」
当事務所主催の説明会にご参加いただき、遺言書を書きあげた方の感想です。
僕が遺言書作成のお手伝いをしてきた方は、自分の死を意識しているにも関わらずに一様に笑顔で「ありがとう」とおっしゃられます。
モヤモヤしていた気持ちの整理がつくからではないかと思っています。

相続争いは誰にでも起こる可能性があります。
しかし、相続争いの原因を知り、準備さえすれば、ご自身もご家族も安心し、人生の最後の瞬間まで幸せでいられると思います。
何も心配しなくていいのですよ。まずは、相続の事を知ってください。

【こんなことでお困りではないですか?】
一つでも当てはまるようでしたら、是非、説明会へお越しください。
☑そもそも相続のことが、まったくわからなくて心配
☑相続が争いとならないか心配
☑相続争いの予防策について知りたい

《日時》 平成29年7月26日(水) 午前10:00~11:45
《会場》 沖縄県教職員共済会館「八汐荘」 3階小会議室(那覇市松尾1-6-1)駐車場有
《定員》 12名
《参加費》2,000円(税込)
《申込方法》
・電  話 098-861-3953
・FAX   098-862-8641
・メール  お問合せフォーム  ※題名に「7/26セミナー参加申込」と入力お願いします

 

【ジャジーのJAZZツアー開催中】
僕の通うJAZZクラブParker’s Mood Jazz Club」 に行ってみたい人はお気軽にお電話ください。最高にカッコいい、至福の時間をご案内します♪
ジャジーのJAZZツアーの詳細はこちら

「Parker’s Mood Jazz Club」
那覇市久茂地3-9-11アーバンビル5F

【ラジオ番組パーソナリティ】
「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」
FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日 21:00から21:50
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市まで、
インターネット経由のサイマルラジオなら全国で視聴可能!
僕がラジオパーソナリティをしている理由はこちら
大好きなJAZZや遺言・相続のことを中心におしゃべりしてます。
聴きたいJAZZがあったらリクエストください!
遺言・相続に関する疑問がありましたらお気軽にご質問ください!

【コンタクト】
〒900-0014 沖縄県那覇市松尾1丁目15番7号 2階
携帯電話 080-1087-7965
電  話 098-861-3953
FAX   098-862-8641
メール  お問合せフォーム

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生の46歳。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です