わざわざ借金を背負うような相続をしなくてもいいと思いますよ。でも、相続放棄には期限があるからね。

Pocket

こんにちは。
沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

いよいよ明日は、当事務所主催のセミナー《相続とJAZZの夕べ》中学生でもわかるやさしい相続とJAZZのはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会の開催です。
初めての試みとして、JAZZのお話もさせてもらうのですが、ほぼ満席となっております。
嬉しい限りです。
開催は明日の夕方(18:45から)です。
もう少しだけ、席があります。
気になる方は、お問い合わせくださいね。

相続放棄とは

相続において、借金などのマイナスの財産が多い場合には、相続を放棄することを選択することがあると思います。
相続で、わざわざ借金を背負う必要もないので、放棄するほうが得策ということもあります。
しかし、僕が相談を受けたケースでは、マイナスの財産が大きくてもプラスの財産を残したほうがいいケースもあったので、単純に判断せずにマイナスの財産があるときには、速やかに専門家に相談してください。

相続放棄をすると、相続放棄した人は最初から相続人でなかったとみなされます。
根拠条文は民法の第939条です。

第939条相続の放棄をした者は、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなす

ということなので、相続放棄をした者以外の相続人が相続することになります。
場合によっては、相続人の順位によって変わっていくのです。

例えば、父親の相続で借金が多かったので、いつでも相続人になる配偶者である妻と相続順位第一位の子供が相続放棄をすると、第二順位の親に移ります。
親も借金は背負いたくなければ、放棄すると第三順位の父親の兄弟姉妹に相続権が移ります。
そこで、第三順位の相続人である兄弟姉妹が放棄すると借金は棒引きされることになりますね。
もちろん、プラスの財産も手放さないといけないですけどね。

相続放棄をする期限

このような例の相続放棄の手続きは、家庭裁判所で順番に行わなければなりません。
そして、相続放棄の期間の考え方は「相続を知った時から3か月以内」にすることになっていますので、上の例では最初の妻と子供は、父親が亡くなって相続が開始した時から3か月以内です。
第二順位以降の親や兄弟姉妹は、前の順位の相続人の相続放棄を家庭裁判所を認めた時から3か月内となります。

ちなみに、家出をして父親の亡くなったことを知らなかった子供の相続放棄の期間は、あくまでも父親が亡くなったことを知った時から3か月以内となりますので、知りようがないときは、知った時からということです。

「相続放棄をするのが3か月以内とは知らなかった」というのは通用しませんので、相続が開始したら速やかに亡くなった方の財産状況を調べてくださいね。
なお、3か月以内に相続放棄するべきかどうか判断がつきかねるときには、家庭裁判所へ申し出することで、その期間の伸長もできますので、ご確認ください。

相続放棄をした場合には代襲相続はありません

また、相続においては、「代襲相続」という考え方があります。
代襲相続とは、第二順位の直系卑属(子や孫など)と第三順位の兄弟姉妹に認められている制度です。
例えば、父親が亡くなった時に、長男は父親が亡くなる以前に亡くなっていて、その長男に子があるときは、その長男の子が相続人となることを代襲相続と言います。
直系卑属の場合には、どんどん代襲相続がされますので、ひ孫や玄孫が相続人となることもあるのです。
再代襲とか再々代襲と言います。

さらに第三順位の兄弟姉妹が相続人の場合で、兄弟姉妹が先に亡くなっていて、その兄弟姉妹に子があるとき、つまりは甥や姪がいるときには、甥や姪が代襲相続することもあります。
ただし、第三順位の代襲相続は甥や姪で打ち切りです。

その他にも、代襲相続の原因として、被相続人(故人)に対する不良行為のある者の「相続人の排除」や被相続人を殺害したような「相続欠格」があります。

代襲相続の説明が長くなりましたが、相続放棄をした場合には、代襲相続は発生しません。
なぜかといいますと、条文にもある通り「最初から相続人でなかったとみなす」からです。
最初から相続人でなかったものには、その下の者も相続人となる余地はいないのです。

ちょっと、難しい内容となりましたが、ご不明な点がありましたらご相談くださいね。
当事務所の無料相談メールもご活用ください。

今日のJAZZ

サックス奏者John Coltrane(ジョン・コルトレーン)の代表的なアルバム『My Favorite Things』。
アルバムのタイトル曲になっている《My Favorite Things》は13分を超えるとても長い演奏ですが、聴きあきない。
これでもか、と音色を奏でるトレーンの演奏を楽しめますよ。

 

【セミナー情報】 当事務所主催 セミナー告知チラシはこちらをクリック。

「《相続とJAZZの夕べ》中学生でもわかるやさしい相続とJAZZのはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会」

相続って難しい・・・と思っていませんか?確かに法令は難解な言葉が並んでいて、理解するのは大変です。ただ誰もが、経験することなので、基本的なことは知っておいたほうがいいのです。中学生でもわかるようにやさしく解説します。

=こんな方にお勧めの説明会です!=
☑家族に相続争いをさせたくない
☑円満かつ円滑な相続をしたい
☑相続争いの予防策を知りたい
☑遺言書の書き方を知りたい

さらに今回は、JAZZが好きで、毎日JAZZを聴いている僕がJAZZの楽しみ方をお伝えいたします。気楽に参加できる相続とJAZZの勉強会です。

説明会の終了後に、ご希望の方を僕のお気に入りのJAZZクラブParker’s Mood Jazz Clubへご案内します。JAZZはライブで聴くとさらに楽しいのです。この機会に魅惑のJAZZの関あを体験してください。

《日時》 平成29年5月31日(水) 18:45~20:30
《会場》 沖縄県教職員会館「八汐荘」 3階 小会議室 (那覇市松尾1-6-1) 駐車場有《定員》 12名
《参加費》2,000円(税込)
※お二人目からは1,000円(税込)。ご夫婦で参加でしたら3,000円です。
《申込方法》
・携帯電話 080-1087-7965
・電  話 098-861-3953
・FAX   098-862-8641
・メール  お問合せフォーム ※題名に5/31のセミナー申込とお書きください

 

【ジャジーのJAZZツアー開催中】
僕の通うJAZZクラブParker’s Mood Jazz Clubに行ってみたい人はお気軽にお電話ください。最高にカッコいい、至福の時間をご案内します♪
ジャジーのJAZZツアーの詳細はこちら

「Parker’s Mood Jazz Club」
那覇市久茂地3-9-11アーバンビル5F

【ラジオ番組パーソナリティ】
「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」
FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日 21:00から21:50
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市まで、
インターネット経由のサイマルラジオなら全国で視聴可能!
僕がラジオパーソナリティをしている理由はこちら
大好きなJAZZや遺言・相続のことを中心におしゃべりしてます^^
聴きたいJAZZがあったらリクエストください!
遺言・相続に関する疑問がありましたらお気軽にご質問ください!

【コンタクト】
〒900-0014 沖縄県那覇市松尾1丁目15番7号 2階
携帯電話 080-1087-7965
電  話 098-861-3953
FAX   098-862-8641
メール  お問合せフォーム

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生の46歳。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です