行政書士は自分自身が商品だと思ってるから、自分のことを知ってもらいたいと思います。

こんにちは。
沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

仕事の依頼をする人がどんな人か知っててもらいたいと思いませんか?

昨日、前々職の国際協力関係の仕事をしていた時の同僚が沖縄に出張で来ていたので、夕食をステーキハウスでご一緒したんです。

話に夢中になって、写真を撮るのを忘れてました。

石川県小松市出身の彼とは一緒の部署で働くことはなかったけど、なんだか気が合って、仲良くしてまして、沖縄出身のお嫁さんをもらったので、毎年2回くらいは沖縄で会ってます。

大学の職員ですが、実直に頑張ってる彼の姿を見ていると刺激を受けますね。

そんな彼と話していて「どのようにしてお客様が来られるんですか?」との質問がありました。

答えは「僕を必要とするお客様に、まずは僕のことを知ってもらうことが先決だと思って、自分のことを知ってもらうように発信しています」と答えました。

僕は遺言・相続専門の行政書士ですが、お客様の立場に立ってみれば、そんな大事なことを相談する人がどんな人なのかってとても気になると思うんです。

だからこそ、僕のことを知ってもらうことが先決だと思っているのです。

ベースには、「行政書士は自分自身が商品なんだから」という思いがあるからです。

友人からもらったお土産のチョコレート。

僕は情報発信を続けることができるのは楽しいから

では、僕のことを知ってもらうためにどんなことをしているかといいますと、いろんなことをしています。

ブログ、SNS(Facebook、Twitter)、ブラックボード、相続セミナー、ニュースレターやラジオ番組を使って、自分のことを発信してます。

自分を知ってもらうための発信ツール。

僕は一人で事務所を運営してるので、これだけのことをやるのはなかなか大変ですが、続けてます。
ブログは前職時代から3年半以上ほぼ毎日書いてます。
SNSも毎日何かしら投稿してます。
ブラックボードも1年間ほぼ毎日書いてる。
相続セミナーは昨年の4月から毎月必ず開催してます。
ニュースレターは昨年9月から毎月発行してましたが、先月から隔月で続けてます。
ラジオ番組もレギュラー放送は昨年9月から毎月2回、半年以上放送してます。

続けられている大きな理由は発信することが「楽しいから」だと思います。

自分の気づき、日常のこと、仕事のこと、プライベートなこと、子供の成長、飲み会、友達のことや遊びのことなどなど。
自分の専門分野のことを伝えつつも自分のことを知ってもらおうと思って情報発信してます。

僕のことを知ってもらって、この人なら任せられそうだ!と思ったら是非頼ってもらえたら嬉しいのです。

どうせ仕事を頼むなら、城間さんがいい!と思われるのが素直に嬉しいのです。

楽しみながら仕事できることを幸せに思います。
昔は、仕事は辛いもの。
給料の半分は我慢の対価だと思ってましたから。

でも、今は違います。
自分のやってることを楽しむことの大切さを凄く感じてます。
それを教えてくれたのが、エクスペリエンス・マーケティング(エクスマ)の創始者で師匠の藤村正宏先生。
エクスマとは「モノを売るな!体験を売れ!」という基本的な考え方のもと展開されるマーケティングの手法の一つで、最近はビジネスにおけるSNSの重要性や知ってる人から買うという「つながりの経済」にフォーカスされています。
また、ビジネスの選択の基準は「どっちが儲かるかではなく、どっちが楽しいか」という基本的な考え方を持つことが仕事を楽しくし、心豊かな人生を送れるということをお話されています。
僕はその考え方に共感し、学び、実践しているのです。
エクスマについては、藤村先生のブログをご覧くださいね。

エクスマセミナーin東京の一コマ。僕の参加してませんでしたが、師匠藤村正宏先生が事例として取り上げてくれました。嬉しすぎます。写真は友人のジョー提供。

僕の仕事をする姿は子供からは「極楽」と言われる

藤村先生に出会って、前の職場時代から毎日ブログを書いてます。
土日も家で書いてました。
2年ほど前のブログから見つけたパソコンに向かう僕の姿を見た次男坊との会話です。

次男坊「今日はボウリングに行きたい!」
私「OK。仕事、ブログを書き終わったら行こう。」
次男坊「ブログは仕事なの?音楽を聴いて、コーヒー飲んで、極楽そうじゃん。仕事じゃないでしょ!」
私「あはは!極楽そう?いいね♪いやいやブログを書くのは仕事だよ。情報発信は大切な仕事なの。楽しいけどね。」
次男坊「でも、音楽聴いて、コーヒー飲みながら好きなことして、仕事していいの?仕事をそんな風にしていいの?」
私「いいんです~!^^ 仕事は楽しくするのが一番。君も大人になったら、わかると思うけど、仕事は楽しく出来るようにしだほうがいいよ。」
次男坊「ふーん。そんなもんなのかな~」

僕の仕事をしている本当にちょっとした一面ですが、「極楽」そうに見てもらって嬉しかったですよ(笑)

子供達には、仕事は辛いことではなくて、楽しいことなんだとわかって欲しいから。

もちろん、楽しいだけではないけど、子供達が早く社会に出て働きたい!お父さんのように仕事を楽しみたい!と思ってもらえるなら嬉しいですね。

これからも僕のことを知ってもらえるように発信を続けます。

今日のJAZZ

ピアニストChick Corea(チック・コリア) Akoustic Bandの《Someday My Prince Will Come》。
この曲はディズニー映画「白雪姫」の主題歌としても知られていますが、多くのジャズメンがカバーしてます。
チック・コリアの演奏は力強く、熱い演奏です。
情熱的で、少しウザイくらいの王子様がやってきそうですね(笑)

【セミナー情報】 当事務所主催 セミナー告知チラシはこちらをクリック。

「《相続とJAZZの夕べ》中学生でもわかるやさしい相続とJAZZのはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会」

相続って難しい・・・と思っていませんか?確かに法令は難解な言葉が並んでいて、理解するのは大変です。ただ誰もが、経験することなので、基本的なことは知っておいたほうがいいのです。中学生でもわかるようにやさしく解説します。

=こんな方にお勧めの説明会です!=
☑家族に相続争いをさせたくない
☑円満かつ円滑な相続をしたい
☑相続争いの予防策を知りたい
☑遺言書の書き方を知りたい

さらに今回は、JAZZが好きで、毎日JAZZを聴いている僕がJAZZの楽しみ方をお伝えいたします。気楽に参加できる相続とJAZZの勉強会です。

説明会の終了後に、ご希望の方を僕のお気に入りのJAZZクラブParker’s Mood Jazz Clubへご案内します。JAZZはライブで聴くとさらに楽しいのです。この機会に魅惑のJAZZの関あを体験してください。

《日時》 平成29年5月31日(水) 18:45~20:30
《会場》 沖縄県教職員会館「八汐荘」 3階 小会議室 (那覇市松尾1-6-1) 駐車場有《定員》 12名
《参加費》2,000円(税込)
※お二人目からは1,000円(税込)。ご夫婦で参加でしたら3,000円です。
《申込方法》
・携帯電話 080-1087-7965
・電  話 098-861-3953
・FAX   098-862-8641
・メール  お問合せフォーム ※題名に5/31のセミナー申込とお書きください

【ジャジーのJAZZツアー開催中】
僕の通うJAZZクラブParker’s Mood Jazz Clubに行ってみたい人はお気軽にお電話ください。最高にカッコいい、至福の時間をご案内します♪
ジャジーのJAZZツアーの詳細はこちら

「Parker’s Mood Jazz Club」
那覇市久茂地3-9-11アーバンビル5F

【ラジオ番組パーソナリティ】
「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」
FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日 21:00から21:50
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市まで、
インターネット経由のサイマルラジオなら全国で視聴可能!
僕がラジオパーソナリティをしている理由はこちら
大好きなJAZZや遺言・相続のことを中心におしゃべりしてます^^
聴きたいJAZZがあったらリクエストください!
遺言・相続に関する疑問がありましたらお気軽にご質問ください!

【コンタクト】
〒900-0014 沖縄県那覇市松尾1丁目15番7号 2階
携帯電話 080-1087-7965
電  話 098-861-3953
FAX   098-862-8641
メール  お問合せフォーム


The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生の46歳。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。
トップへ戻る