生後2か月の僕はパスポートを持って沖縄にやってきた。あれから46年。何か変わったのか?

Pocket

こんにちは。
沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

45年前に沖縄が日本に復帰した日

今日5月15日は1972年に沖縄がアメリカの統治下から日本に復帰した日です。
毎年、この日になると新聞紙面、TVやラジオが復帰の日についての報道が多くなります。

5月15日琉球新報

それは悲願だった日本復帰だったんですから、当然だと思います。

僕が生まれたのは、1971年。
沖縄が復帰する前の年です。

僕は母親の故郷鹿児島で生まれました。
生後2か月半の僕はパスポートを持って、沖縄の地を踏みしめました。
いや、赤ちゃんだったので、母親の腕に抱かれていたはずでして、間接的に沖縄の大地を踏みしめたんだと思います。

パスポート表紙

パスポート見開きページ

鹿児島を出るときのパスポート出国スタンプ。 DEC.,11,1971(1971年12月11日)。

ただ、復帰後も一向に解決しない基地や経済格差の問題。

沖縄に基地があることで、沢山の事件が起きました。
米兵による少女暴行事件、沖縄国際大学へのヘリコプター墜落事件・・・
痛ましい事件が続きます。
そして、普天間基地の返還は、民主党(現在民進党)政権時代の当時の総理大臣が発言した「最低でも県外」がいまだに尾を引き進展がない。

率直に言えば、基地はないほうがいいに決まってます。
平和な島沖縄に基地は似合わない。
基地への経済依存度も5%前後とか。
アメリカ軍関係の施設が返還された所は北谷のハンビーや新都心などとても賑やかで、沖縄の経済をけん引しているところでもあります。
ですから基地はなくなっても沖縄は困らないのではないかと僕は思う。
もちろん、基地関係の労働者もいるけど、それはなくなった時にちゃんと雇用先を見つけてあげるとかでケアすればいいと思う。

北朝鮮は明言してます。
何かあれば日本を攻撃する。
そして、それはアメリカの基地のあるところである沖縄である可能性は高い。

北朝鮮の問題にかかわらず、アメリカの基地があるというのは標的になるということだと思う。

基地のある沖縄とない沖縄。
どっちが、楽しい沖縄か?

とても明白のような気がする。

簡単な問題ではないけど、理想はシンプルです。

政治的な話ではなく、僕は沖縄、日本そして世界が平和であってほしいと祈るだけです。
赤ちゃんのころのパスポートを見て思ったのはそんなところです。

Twitterで見るエクスマセミナーの様子

話は変わりますが、嬉しいことがあったので、触れておきたい。
今日は東京で師匠藤村正宏先生のエクスマセミナーin東京「楽しいか楽しくないか、それが問題だ」が開催されてます。

エクスマについては、藤村先生のブログをご覧くださいね。

僕は参加できずに沖縄ですが、遠くにいてもTwitterで様子がわかるので、楽しいのですね。
いつもエクスマセミナーの時はTwitterで様子を確認してます。
参加者の皆さんが要約してつぶやいてくれるので、勉強になります。

そしたら、エクスマのエヴァンジェリストコースで一緒に学んだ全国各地でリサイクルのお洋服を販売店を経営するジョーこと江口武志さんからこんな連絡が・・・

なんと藤村先生が、僕のことを紹介してくれてます。
とても嬉しい。
鳥肌が立ちました。
会場にいたら、泣いてたか・・・
僕は泣き虫ですから(笑)

それにTwitterでも何件か、つぶやきがありました。

エクスマの勉強仲間で、やはりエヴァンジェリストの姐さんこと山下小百合さん。
僕には興味ないみたいですが、相続には興味持ってくださって嬉しいです(笑)

まだ、お会いしたことがないけどマルメロさんこと海老沼由子さん。
ツイートをありがとうございます!
とても嬉しいです。

エクスマは、公演中の写真OK、SNSもOKですから拡散しまくります。
その情報や楽しさが爆発的に伝わります。
それを許している藤村先生の度量の広さと深さ。
だから、皆が興味をもって参加したいと思うのだろうね。
今更ながら、セミナー中の写真はダメとか、SNSは禁止とか、酒飲みながら参加したらダメとか言ってるのは内容は良くても伝わらないかもしれないですね。

遠くにいて、エクスマセミナーの様子がわかるので、楽しいです。

今日のJAZZ

トランペッターChet Baker(チェット・ベイカー)の《You Don’t Know What Love Is》。
トランペッターですが、歌います。
少し舌足らずなところがありますが、とても中世的な声で、最初は女性かと思いました。
トランペットの音色も歌声もとても切ない。
凄くムーディーですよ。

 

【セミナー情報】 当事務所主催 セミナー告知チラシはこちらをクリック。

「《相続とJAZZの夕べ》中学生でもわかるやさしい相続とJAZZのはなし ~幸せな相続の準備~ 説明会」

相続って難しい・・・と思っていませんか?確かに法令は難解な言葉が並んでいて、理解するのは大変です。ただ誰もが、経験することなので、基本的なことは知っておいたほうがいいのです。中学生でもわかるようにやさしく解説します。

=こんな方にお勧めの説明会です!=
☑家族に相続争いをさせたくない
☑円満かつ円滑な相続をしたい
☑相続争いの予防策を知りたい
☑遺言書の書き方を知りたい

さらに今回は、JAZZが好きで、毎日JAZZを聴いている僕がJAZZの楽しみ方をお伝えいたします。気楽に参加できる相続とJAZZの勉強会です。

説明会の終了後に、ご希望の方を僕のお気に入りのJAZZクラブParker’s Mood Jazz Clubへご案内します。JAZZはライブで聴くとさらに楽しいのです。この機会に魅惑のJAZZの関あを体験してください。

《日時》 平成29年5月31日(水) 18:45~20:30
《会場》 沖縄県教職員会館「八汐荘」 3階 小会議室 (那覇市松尾1-6-1) 駐車場有《定員》 12名
《参加費》2,000円(税込)
※お二人目からは1,000円(税込)。ご夫婦で参加でしたら3,000円です。
《申込方法》
・携帯電話 080-1087-7965
・電  話 098-861-3953
・FAX   098-862-8641
・メール  お問合せフォーム ※題名に5/31のセミナー申込とお書きください

 

【ジャジーのJAZZツアー開催中】
僕の通うJAZZクラブParker’s Mood Jazz Clubに行ってみたい人はお気軽にお電話ください。最高にカッコいい、至福の時間をご案内します♪
ジャジーのJAZZツアーの詳細はこちら

「Parker’s Mood Jazz Club」
那覇市久茂地3-9-11アーバンビル5F

【ラジオ番組パーソナリティ】
「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」
FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日 21:00から21:50
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市まで、
インターネット経由のサイマルラジオなら全国で視聴可能!
僕がラジオパーソナリティをしている理由はこちら
大好きなJAZZや遺言・相続のことを中心におしゃべりしてます^^
聴きたいJAZZがあったらリクエストください!
遺言・相続に関する疑問がありましたらお気軽にご質問ください!

【コンタクト】
〒900-0014 沖縄県那覇市松尾1丁目15番7号 2階
携帯電話 080-1087-7965
電  話 098-861-3953
FAX   098-862-8641
メール  お問合せフォーム

Pocket

The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生の46歳。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です