葬儀会社の19歳のスタッフが言いました。「葬儀はその方の最後と新しいスタートのお見送りです。」

こんにちは。
沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

葬儀場「サンレー豊崎紫雲閣」にて相続相談会

サンレー豊崎紫雲閣

今日は、葬儀場や結婚式場などの観光葬祭事業を展開するサンレーグループの葬儀場「サンレー豊崎紫雲閣」にて、相続相談会の相談員として出動してきました。

葬儀場での相談会は、初めてなんですが、サンレー豊崎紫雲閣が企画する館内見学会の催しの一つとして、相続相談コーナーを設けているのです。

他にも、葬儀の事前相談、豪華賞品が当たる抽選会、沖縄の伝統的なお茶ぶくぶく茶の体験コーナー、占いコーナー、パファーマーによるマジックなどの披露、野菜・お花の即売コーナーなど家族連れで楽しめる内容となってまして、朝10時から夕方4時までたくさんの方が来場されてました。

お子さん連れが多くて、子供たちも楽しんでいたのが印象的でしたね。

僕もパフォーマー・チャーリーのお手伝いをしたので、ご褒美に風船の天使の衣装をいただきまして、この格好で皆さんの前でダンスを披露しました。

これで、紫雲閣のスタッフの皆さんに僕の顔を覚えてもらったみたいで、最高の宣伝の機会でしたよ(笑)

僕も同業の行政書士と相続相談の相談員を担当しまして、合計3組のご相談をうけました。

葬儀と相続って、リンクしてますからね。
関心のある方は、どちらも早めの準備が大切であることがわかっていますね。

僕の67歳で亡くなった父親も自分で葬儀屋さんと打ち合わせをし、遺言書を書き、自分の最後の日が来る準備をしてました。

語弊があるかもしれませんが、葬儀の準備を父親が自分で準備してたので、僕たち家族は、見送ることに集中できて、慌ただしい法事がスムーズに進み、助かったことを覚えています。

葬儀も相続も準備が大事だと、強く思うのです。

サンレーの葬儀場紫雲閣は沖縄県内に8か所あるようです。
各葬儀場で、年間を通じて館内見学会を催しているようですので、気になる方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

ちなみに、今回お邪魔したサンレー豊崎紫雲閣は、豊見城市豊崎のアウトレットモールあしびなーの近くにあります。

サンレー豊崎紫雲閣 大ホール紫雲閣

棺桶の入館体験

そこで体験したのが、棺桶の入館体験でした。

棺桶 入館体験

僕は身長が181cmあるんですが、一般的な棺桶では長さが足りなかったです。
足が曲がってますよね。
それと、亡くなった後は背が伸びるみたいなので、更に棺桶の長さが足りなくなる可能性があります。
僕は、オーダーメイドしなくては、ならないかも・・・
背が高いのも考え物ですね。

それと、横幅も思ったより狭かったです。
入っている間は、肩をすぼめている感覚でした。

今回、入館を体験してみて思ったのは、棺桶は狭いもんだな・・・ということと、あの世に行くときにはおそらく、見送ってくれる人はいるのだろうけど、一人で旅立たないといけないのだなという孤独感でした。
次に棺桶に入るときには、意識がない時でしょうが、今回、入館体験をして、その狭さや暗さを体験してみて、人に必ず訪れる死というものはやはり寂しいもんだな、と思ったのです。
でも、だからと言って悲観することばかりではないですよ。

棺桶の下には最後の寝床として、畳が敷いてありました。
日本人として、畳の上でこの世の最後を迎えるのかと思うと、安心しましたよ。

入館体験。できればピースして笑顔で最期を迎えるような人生を送りたいと思ってます。

葬儀屋は人の最後と新しい人生を見送るのが役目

棺桶の入館体験コーナーのスタッフさんと少しお話しすることができたんですが、そこの女性スタッフさんが、19歳でまだお若いのに、この世界でどうしても働きたいと熱望してサンレーに入社されたそうなんです。

なぜ、葬儀屋をそんなにも熱望したんですか?と尋ねたら彼女はこう答えたんです。

「人は生まれた瞬間に死に向かって、生きていきます。そして、亡くなる。これは生まれた時から決まっていることです。
でも、私が思うには人の死は、新たな生命のスタートであるのではないかと思います。
その人の魂の新しい始まりだと思っています。
葬儀は、最後のお見送りとして、しっかり行います。
そして、その方の新たな人生のスタートだと思い、お見送りしています。
そんな仕事に就きたかったんです。」

びっくりしました。
19歳の女性がここまで考えて、この世界を熱望し、お仕事をされているのですからね。

すごく感動しました。
僕もちょうど自分の仕事のこと、もう一度しっかり考えないといけない時期に来てましたから、すごくいい出会いができましたよ。

沖縄の若者は凄いですね。
僕も頑張ります。

棺桶 入館体験 スタッフ。

今日のJAZZ

ヴォーカリストElla Fitzgerald(エラ・フィッツジェラルド)の歌う「Misty」。
しっとりとした歌声で聴かせてくれます。
かっこいいですね。
この曲は、エロル・ガーナーの作曲として知られていますが、この曲をモチーフにした映画「恐怖のメロディ」をご存知ですか?
そして、監督はなんとあのクリント・イーストウッド。
イーストウッドの初監督作品なんですって。
実は僕はまだ映画を観たことがありません。
今度、観たいと思います。

【セミナー情報】 当事務所主催

5月後半に企画中。決まり次第告知します。
JAZZと相続の話を絡めたセミナーを企画中ですので、お楽しみに!

【ジャジーのJAZZツアー開催中】
僕の通うJAZZクラブParker’s Mood Jazz Clubに行ってみたい人はお気軽にお電話ください。最高にカッコいい、至福の時間をご案内します♪
ジャジーのJAZZツアーの詳細はこちら

「Parker’s Mood Jazz Club」
那覇市久茂地3-9-11アーバンビル5F

【ラジオ番組パーソナリティ】
「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」
FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日 21:00から21:50
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市まで、
インターネット経由のサイマルラジオなら全国で視聴可能!
僕がラジオパーソナリティをしている理由はこちら
大好きなJAZZや遺言・相続のことを中心におしゃべりしてます^^
聴きたいJAZZがあったらリクエストください!
遺言・相続に関する疑問がありましたらお気軽にご質問ください!

【コンタクト】
〒900-0014 沖縄県那覇市松尾1丁目15番7号 2階
携帯電話 080-1087-7965
電  話 098-861-3953
FAX   098-862-8641
メール  お問合せフォーム


The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生の46歳。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。
トップへ戻る