戦後72年、多くの経営者が事業承継を考える時期だが、円満かつ円滑な承継は相続もかかわる。

こんにちは。
沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

事業承継は深刻な問題

今日は仕事でかかわりのある税理士法人タックスサポートイトカズの主催する「いちばん優しい事業承継セミナー」へ参加してきました。

講師は、一般社団法人事業承継協会代表理事、事業承継センター株式会社代表取締役 内藤博氏。
これまで数多くの事業承継を手掛けてきた方です。

関心が高い分野なのでしょう、80名くらいの方がご参加されてました。

いちばん優しい事業承継セミナー 資料

戦後72年が立とうとしている今、経営者の高齢化に伴い、事業承継が課題となっています。
特に中小零細企業のスムーズな事業承継のために、国も「中小企業経営承継円滑化法」を立法し、昨年の4月に施行されています。
その法令をもとに様々な施策を講じていて、税制の優遇措置などもあります。

日本の法人はほとんどが中小企業です。
その中小企業の継続は、日本経済に大きな影響を与えるのは相続に難くないでしょう。
しかし、円満かつ円滑に事業承継がなされる例は少ないようです。

特に沖縄では、高齢の経営者が目立ちます。
戦後の荒廃した沖縄を復興させ来た立役者も今では、引退の時期を迎えているのです。
そして、次の世代への事業承継は、家族経営であってもなかなかむつかしい状況にあるようです。

創業者と次の世代の想いや進む方向の違いは事業承継の大きな障壁ともなっているようです。
若い世代は苦労の多い経営者を避け、創業者も自分と同じような苦労をかけたくない反面、長く続けてきた事業なので、家族の誰かに引き継いでもらいたいという葛藤があるようです。

また、実際、後継者が見つかってもうまく事業承継するには、後継者の人材育成には時間がかかりとお金が必要となることがあるので、早めに計画をたてる必要があるようですね。

まずは、経営者は自分の引退時期をいつにするのかを決めて、それから逆算して後継者選び、育成、スムーズな事業承継を考えるべきだということです。

事業承継には相続もかかわってくる

事業承継は相続もかかわってくることもあります。
株式会社の経営者であれば、通常株主でもあることでしょう。
多くの株式は創業者が保有しているかもしれません。
その株式の次の世代への移転もとても大事です。

相続で、株式が分散しては会社の意思決定もままならなくなるかもしれません。
株価の評価もきちんとしていないと大変な相続税が課税されるかもしれません。

また、事業承継するかたが第三者、例えば会社の従業員である場合などは、株式の移転方法もしっかり考えておかないと事業承継したものの創業者一族の株式保有率によっては思うに任せられない経営ができずに苦しむこともあるかもしれません。

事業承継は、早めに計画して、行動に移さなくてはいけないのです。

事業承継には、株式の生前贈与や遺言書での相続人の指定など、しっかり準備すべきことがあると思います。

事業承継のことで気になる経営者の皆さん、すこし考えてみてくださいね。

今日のJAZZ

トランペッターClifford Brown(クリフォード・ブラウン)のアルバムStudy In Brownから「Cherokee」。
25歳の若さで交通事故で無くなっているので、活躍期間は短かったですが、とても素晴らしい演奏、アルバムを遺しています。
このアルバムは、ブラウンのパートナーでドラマーのマックス・ローチとのクインテットを編成していた時のものですが、熱く盛り上がる、いい演奏ばかりが詰まってます。

【セミナー情報】 当事務所主催

5月後半に企画中。決まり次第告知します。
JAZZと相続の話を絡めたセミナーを企画中ですので、お楽しみに!

【ジャジーのJAZZツアー開催中】
僕の通うJAZZクラブParker’s Mood Jazz Clubに行ってみたい人はお気軽にお電話ください。最高にカッコいい、至福の時間をご案内します♪
ジャジーのJAZZツアーの詳細はこちら

「Parker’s Mood Jazz Club」
那覇市久茂地3-9-11アーバンビル5F

【ラジオ番組パーソナリティ】
「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」
FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日 21:00から21:50
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市まで、
インターネット経由のサイマルラジオなら全国で視聴可能!
僕がラジオパーソナリティをしている理由はこちら
大好きなJAZZや遺言・相続のことを中心におしゃべりしてます^^
聴きたいJAZZがあったらリクエストください!
遺言・相続に関する疑問がありましたらお気軽にご質問ください!

【コンタクト】
〒900-0014 沖縄県那覇市松尾1丁目15番7号 2階
携帯電話 080-1087-7965
電  話 098-861-3953
FAX   098-862-8641
メール  お問合せフォーム


The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生の46歳。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。
トップへ戻る