契約書を作成するだけで課税される印紙税。馬鹿にならないです。

こんにちは。
沖縄県那覇市の遺言・相続専門JAZZ好きの行政書士ジャジーこと城間恒浩です!

契約書は内容によって課税文書となる

最近、各種契約書の作成依頼が増えてますが、契約書にはその内容や記載されている金額によっては収入印紙を張り付けることとなっています。

課税文書となるかどうかは、国税庁のHPで説明(課税文書について)されてますが、要は契約書の名称や形式にかかわらず、国が定める課税文書と判断されるようなお互いの約束事が証明されている書類(契約書)で金額が記載されてれば印紙を貼りなさい、ということです。

契約書面を作るだけで、税金を払わないといけないなんて、なんだかな~という気はしますが、国の根幹を支える税制度ですからしょうがないですね。

だからと言って、すべての契約書が課税文書になるのではないので、国税庁のHP(課税文書について)を確認してくださいね。

ちなみに、今作成している口約束で貸し借りしていた金銭を証明する債務承認弁済契約書の債権額は約1,500万円と約400万円の2件。

それぞれ、20,000万円と2,000円の印紙が必要になります。
その上、契約書が2通ですから・・・
20,000円×2通=40,000円
2,000円×2通=4,000円
合計44,000円

ま、負担はどちらがするかは置いといても結構大きな額ですね。

契約書を作成する場合には、印紙税にも気をつけましょうね。

今日のJAZZ

ベーシストScott LaFaro(スコット・ラファロ)の「The Legendary Scott LaFaro FULL ALBUM 1978」。
スコット・ラファロといえば、ピアニストのビル・エヴァンスの盟友です。
二人のセッションは多くの方を魅了しましたが、ラファロが交通事故で早死にします。
エヴァンスは相当のショックを受けたと聞いています。
このアルバムは、そのエヴァンスと組む前1957年の収録のようです。
ラファロの優しいベースの音をお楽しみくださいね。

【セミナー情報】 当事務所主催 セミナー告知チラシはこちらをクリック。

「中学生でもわかるやさしい遺言書とエンディングノートの書き方 ~幸せな相続の準備~ 説明会」

誰も相続で家族が争うことを望んではいないはずです。でも、準備が不十分なことから大なり小なり相続争いが発生しています。相続を争いにしないために遺言書を書く方も増加しています。しかし、法的要件をクリアしていますか?遺言書は一つでも法的要件を欠くと無効になります。
また、遺言書とエンディングノートを混同していませんか?違うものです。

《日時》 平成29年4月26日(水) 午前9:45~11:45
《会場》 沖縄県教職員会館「八汐荘」 3階 小会議室 (那覇市松尾1-6-1) 駐車場有《定員》 12名
《参加費》2,000円(税込)
※お二人目からは1,000円(税込)。ご夫婦で参加でしたら3,000円です。
《申込方法》
・携帯電話 080-1087-7965
・電  話 098-861-3953
・FAX   098-862-8641
・メール  お問合せフォーム ※題名に4/26のセミナー申込とお書きください

【ジャジーのJAZZツアー開催中】
僕の通うJAZZクラブParker’s Mood Jazz Clubに行ってみたい人はお気軽にお電話ください。最高にカッコいい、至福の時間をご案内します♪
ジャジーのJAZZツアーの詳細はこちら

「Parker’s Mood Jazz Club」
那覇市久茂地3-9-11アーバンビル5F

【ラジオ番組パーソナリティ】
「ジャジーのJAZZタイム×幸せな相続相談」
FMレキオ(FM80.6MHz)
毎月第1および第3水曜日 21:00から21:50
ご家庭のラジオなら那覇市と浦添市まで、
インターネット経由のサイマルラジオなら全国で視聴可能!
僕がラジオパーソナリティをしている理由はこちら
大好きなJAZZや遺言・相続のことを中心におしゃべりしてます^^
聴きたいJAZZがあったらリクエストください!
遺言・相続に関する疑問がありましたらお気軽にご質問ください!

【コンタクト】
〒900-0014 沖縄県那覇市松尾1丁目15番7号 2階
携帯電話 080-1087-7965
電  話 098-861-3953
FAX   098-862-8641
メール  お問合せフォーム


The following two tabs change content below.
城間 恒浩

城間 恒浩

代表者行政書士ジャジー総合法務事務所
沖縄県那覇市松尾の遺言・相続関係専門のJAZZ好きの行政書士。1971年9月12日生の46歳。 エクスマ塾67期。エクスマ・エヴァンジェリスト15期。 JAZZが大好き。好きな場所は、沖縄とニューヨーク! 国際協力関係の仕事に約11年間従事後、社会保険労務士の事務所で約10年勤務! 父親と祖母を同じ年に亡くし、2度の相続を経験。 その時に感じたのが、「気軽に相続や遺言に関する相談先があったらいいのになぁ~」 そんなことから、身近な街の法律家、遺言・相続専門の行政書士として活動中。 行政書士は遺産分割協議書の作成や遺言書作成のご相談を受けることができます。 経験したことと、専門知識を活かして、ご相談にのりますよ! 平成28年9月よりラジオ番組パーソナリティーとしても活躍中。お気軽に「ジャジー」と声をかけてくださいね。
トップへ戻る